掲示板お問い合わせランダムジャンプ

浅間山 10月9日 (小諸市飯綱山より)
P1310195
 このブログでは、生き物たちや、自然、歴史など紹介していますが、、専門家ではなく、未熟な愛好家に過ぎません。
狭い地域のことで、日記的な意味合いもあり、同じ内容を何度も繰り返して、マンネリ化していて新鮮味に欠けています。
書いていることは、一応は調べて、掲載していますが、六十の手習い・・・
もう70過ぎていますが、年寄のにわか勉強の結果に過ぎません。間違いがあるかと思います。誤りに気がつきましたら、ご指摘いただけると嬉しく、おおいに感謝です。その内容を記事に反映させたいと思います。
ご意見、ご感想などをコメントをいただけると嬉しく思います。


営利目的や記事に関係のないコメント、英文のコメントは、予告なく独断で削除させていただきます。

2019年10月16日
台風の後で3 千曲川の吊り橋 大杭橋が損壊・・・
0
台風で閉じ込められて、運動不足で昨日はサイクリング・・・
小諸大橋から見下ろす千曲川は一変していました。

でも初め遠くを見て、台風が来る前に稲刈りが終っていて良かったなと・・・


1
しかし、千曲川を俯瞰すると・・・

小諸大橋の川上には古い吊り橋の大杭橋が千曲川にかかっています。
その橋が、今回の台風19号により、左岸側が流され、無くなっていました。

ワイヤーが残っていますので、橋そのものを支える張力は維持されていますので、これ以上壊れることは当面はないと思いますが・・・

1 (2)
今年6月の大杭橋・・・

右側の下はコンクリートの土台となって通常は水が流れていません。ここ、2本の補助的な橋脚が2本見えますね。これで橋を支えていました。
私の想像ですが、台風による増水で川幅いっぱいに水が流れ、補助的な橋脚に流れてきた流木が引っ掛かり、次々に流れてきたものが蓄積して、その重みと水圧に耐えかねて橋脚が流され、その上の橋も落ちてしまったようです。
とともに流れてしまったようです。

2
こちらも6月の撮影・・・

この橋は以前、JR東日本の「大人の休日倶楽部」のCMで、赤い傘で橋の上で、吉永小百合さんが、たたずんだ吊り橋でした。その時にはまだ軽自動車位なら渡れて、農作業を現在は通行できなくなっていましたが、その後、人専用となり、現在では通行禁止となり、橋としての機能は失われていました。
とはいえ、その姿を変えてしまったのは残念です。

4.jpg
吉永小百合さんが渡ったと同じ姿の橋・・・

8
6月はこんな姿でした。

昔は小諸の千曲川の橋はほとんどが吊り橋でした。
ここは、現在、古い形の千曲川で、唯一、残っていた橋でしたが、今後どうなるかなと・・・

7
大杭橋の下は、台風19号による増水で、運ばれた土砂で広い河原となっていました。

7 (2)
6月の撮影・・・
河原になってしまったところは一面の緑でした。

6
6月にこの辺りを歩いたのですが、その時は石がごろごろごろしていて、歩きにくかったのですが・・・
もっとも今歩くと潜るのかもしれませんが・・・

この辺りに橋の残骸はどこにも見当たりません。

21
3日たって、水はかなり減っているようですが・・・
この濁った流れ・・・
川はどのくらいの土砂を運んだのか・・・・

想像もつきません。


昨日の千曲川戻橋・・・
3日後というのに、凄い水量でした。
濁り酒 濁れる飲みて
草枕 しばし慰む
今日は、朝、妻の自転車のパンクを発見、修理してやれやれと・・・
そしてパソコンで印刷がする必要になったのですが、プリンターが反応しない。接続かと弄り回しても治らない。結局ドライバーを再インストールして何とか治りました。
二度あることは三度あるとなりませんように・・・
・・・
側林の中の小諸の千曲川は藤村が「千曲川 いざよふ波の 岸近き 宿にのぼりつ・・・」と歌ったように、川より遥か上で大きな被害を免れたようです。
23
こちらは下流・・・

ここを軽々と流れていってしまったようです。

25
左端に移っているのが小諸の駅あたり・・・

小諸あたりの千曲川は浅間山と御牧ヶ原に挟まれた渓谷となっていて小諸の町は川より高い河岸段丘の上で家屋などへの被害はほとんどないようですが、千曲川の岸辺では川の流れは自然の爪痕を大きく残したようです。
千曲川は小諸より上流では佐久穂町で一カ所氾濫していますが、支流の氾濫の方が目立ちます。
支流の谷川の氾濫で一名行方不明の方があり、片貝川では田畑とコスモホールというコンサートホールに浸水して当分使えないとか・・・
また湯川も何か所かで田や畑が冠水しているそうです。そうした水が本流に集まって下流の大惨事になったようです。
まだまだ被害が出てきそうで心配しています。小


27
小諸大橋から左岸の河岸段丘の道・・・
久保という集落・・・

29
山の中という感じですね。
千曲川から直線で150m、垂直距離80m・・・

千曲川真岸辺はこんなところです。

31
野の仏に御挨拶…

35
諏訪神社・・・

今日は、朝、妻の自転車のパンクを発見、修理してやれやれと・・・
そしてパソコンで印刷がする必要になったのですが、プリンターが反応しない。接続かと弄り回しても治らない。結局ドライバーを再インストールして何とか治りました。

33
社殿は池の向こう・・・

昨日は千曲川が気になって池の向こうの社にお参りしなかったので、罰が当たったかな。
二度あることは三度あるとなりませんように・・・

37
裏山は秋の気配・・・

[ 投稿者:オコジョ at 14:48 | 小諸 風景 自然 | コメント(4) ]

この記事へのコメント
こんにちは
台風の影響がすごいですね。
悲しくなりますね。
以前の写真をたくさん撮ってらしてよかったです。
自然の風景はいつも同じではありませんが、これを克服してまたすてきな風景が見れますように。
早い復興をお祈り致します。

土、日で信州にお邪魔します。
今年は3度目です。感謝☆
投稿者: アメジスト at 2019-10-17 16:22:59
アメジストさんへ
こんばんは
八ヶ岳や奥秩父といった高い山の大雨が、みんな千曲川を流れ下ったようです。
この橋も使われなくなっていつかは朽ちるのだろうと思っていましたが。良く、行くところなので、こうして一部でも失われると、寂しいですね。
でも全部でなくて良かったなと・・・
そう思うことにします。

素敵な信州の旅になるといいですね。
旅の紀行楽しみにしています。
投稿者: オコジョ at 2019-10-17 21:47:04
千曲川
こんにちは。
今回オコジョさんが撮られたお写真、6月のものに比べると赤茶けた泥流で川幅も広いですね。
いかに雨量が多かったことと推測できます。
橋まで落ちて。。
吉永小百合さんのCMにも使われた場所なのですね。
1日も早い復旧を望みたいですし、緑ある長閑な景色に戻ってほしいですね。
投稿者: ハーモニー at 2019-10-21 12:58:36
ハーモニーさんへ
こんばんは
台風19号の時はこの川幅いっぱいに水が流れたようです。
この吊橋は真ん中が吊橋で流された岸側は普通の橋を接ぎ合わせた形なのですが、普通の橋は橋桁があり、そこに流れてきたものに壊されたようです。残念なことでした。
JR東日本なので、そちらでは放映されていないと思いますが、吉永小百合さんが各地でロケしているCMです。もう十数年前からですが、今で持つ付言います。
台風から人々が早く立ち直ってほしいと願っています。
台風が2つ・・・
一つは台風でなくなりましたが、大人しくしていてほしいと・・・
投稿者: オコジョ at 2019-10-21 20:36:22

この記事の固定URL
https://shinshu.fm/MHz/90.97/archives/0000585864.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 4 x 8 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら