掲示板お問い合わせランダムジャンプ

浅間山 10月9日 (小諸市飯綱山より)
P1310195
 このブログでは、生き物たちや、自然、歴史など紹介していますが、、専門家ではなく、未熟な愛好家に過ぎません。
狭い地域のことで、日記的な意味合いもあり、同じ内容を何度も繰り返して、マンネリ化していて新鮮味に欠けています。
書いていることは、一応は調べて、掲載していますが、六十の手習い・・・
もう70過ぎていますが、年寄のにわか勉強の結果に過ぎません。間違いがあるかと思います。誤りに気がつきましたら、ご指摘いただけると嬉しく、おおいに感謝です。その内容を記事に反映させたいと思います。
ご意見、ご感想などをコメントをいただけると嬉しく思います。


営利目的や記事に関係のないコメント、英文のコメントは、予告なく独断で削除させていただきます。

2019年10月14日
台風の後で1 虚子の散歩道
1
昨日の我が家の近くからの浅間山・・・

昨日、台風が去って、午後になって良い天気になったので、散歩に出ました。
一昨日は、家から出ませんでしたので、運動不足ですので・・・


3
我が家の近くの道祖神・・・

無事を感謝して手を合わせて・・・

5
こちらの道祖神にも・・・

右は自然石の道祖神のようです。こうした石の中にも神はいらっしゃるようです。

6
この柿の実は落ちていませんでした。
熟していないから、落ちにくいのでしょうか・・・

7
北国街道小諸宿与良町・・・

白壁の目立つ家は150年前に建てられた小諸宿の塩野入家の建物です塩野入家は江戸時代からの松屋という漆器屋を営み、戦後家具問屋を行なっていた古い商家でした。
今は、交流館の休息所になっていて、自由に休息できるようになっています。

交流館は開館中・・・
いつも通りの町でした。

8
この道は、戦争で疎開した高濱虚子が愛した散歩道・・・
小諸では「虚子の散歩道」と呼んでいます。

小諸は坂の町・・・

大雨の痕跡は道にはありませんでした。

9
大日堂があります。

10 (1) 10 (2)
中には、大日如来と閻魔様・・・

一番右が石造りの「大日如来坐像」です。

大日如来像は金剛界と胎蔵界の二種類の姿があります。指の形(印相)が違います。このように忍者のような形は智拳印といい、金剛界の大日如来だそうです。金剛界は大日如来の知恵の世界で、胎蔵界は理性の世界だそうです。

大日如来は優しそうで、閻魔様は怖そうでした。

21ヤマトシジミ
小さなヤマトシジミも台風が去って安心しているかも・・・

大日道で「虚子の散歩道」は二つに別れます。

ひとつは虚子の句碑を巡るコースと、もうひとつは虚子が愛した散歩道の沢の家コースです。両方一度に回ることもできますが、今回は沢の家コースの散策だけとしました。

11
沢の家コースというように沢沿いの道になります。

この川は蛇堀川といって、浅間山から流れ下ってきた道です。

12
沢の家への道は、嵐が散らしたこの葉がちりばめられていました。

13
普段は嫌いな住んだ水が流れているのですが・・・

ただ、平安時代の浅間山の大噴火のときは、このあたりまで火砕流が下って来たとか・・・
そんなに災害が二度とないことを祈りたいのですが、自然はどんなことが起きるか判らないと肝に銘じておくべきかもしれません。

15
今日は水量が多く、濁った荒々しさがありました。当然といえば当然ですが・・・

16
流れの脇の一段高い所の草がなぎ倒されていました・。
昨日はこの上を猛烈な勢いで濁流が流れたようです。

18
沢の家のあった場所・・・

ここに虚子の疎開当時には当時水車小屋がありました。

その様子を虚子はこう書いています。

その馬頭観世音のところから更に岐れた径を行くと、小さな流れに出る。その流れに沿うて一軒の水車小屋がある。その水車小屋に住んでをる人とはいつからか知合ひになつてその縁に腰をかけて話をする。そこの主人は炬燵の座布団を改めて頻りに「お當りなんして」とすすめてくれる。(高濱虚子『小諸雑記』より)


20
虚子の愛した沢の家と水車は昭和40年代になくなりました。

今はただ青草の茂るのみです。

[ 投稿者:オコジョ at 11:21 | 小諸 風景 自然 | コメント(2) ]

この記事へのコメント
こんばんは
佐久も台風の被害があったようですが、オコジョさんのところはご無事でしたか?!
昨日から旅行中でして、気になってのぞいてみました。
インフラなどが正常ならよろしいですね。
とりあえず台風お見舞いまで
投稿者: われもこう at 2019-10-14 19:31:37
われもこうさんへ
ありがとうございます。
我が家は川から離れていますので、雨が降り続き、風が強かった程度でしたが、千曲川などの河川はあちこちで被害があったようで、心を痛めています。
生活は交通機関が問題ですが、とりあえず出かけなければいいので何とかなります。食料品がやや少ない程度ですが、これも被災者の方から較べれば贅沢過ぎるというそうです。
旅行、どちらでしょうか、楽しんできてください。
投稿者: オコジョ at 2019-10-15 08:36:32

この記事の固定URL
https://shinshu.fm/MHz/90.97/archives/0000585651.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 1 x 2 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら