掲示板お問い合わせランダムジャンプ

浅間山 10月9日 (小諸市飯綱山より)
P1310195
 このブログでは、生き物たちや、自然、歴史など紹介していますが、、専門家ではなく、未熟な愛好家に過ぎません。
狭い地域のことで、日記的な意味合いもあり、同じ内容を何度も繰り返して、マンネリ化していて新鮮味に欠けています。
書いていることは、一応は調べて、掲載していますが、六十の手習い・・・
もう70過ぎていますが、年寄のにわか勉強の結果に過ぎません。間違いがあるかと思います。誤りに気がつきましたら、ご指摘いただけると嬉しく、おおいに感謝です。その内容を記事に反映させたいと思います。
ご意見、ご感想などをコメントをいただけると嬉しく思います。


営利目的や記事に関係のないコメント、英文のコメントは、予告なく独断で削除させていただきます。

2019年10月11日
むしり   佐久市臼田のご当地グルメ
P1310138
おいしゅうございました!!!

知る人ぞ知る・・・
そういっていいような絶品でした。

湯原神社の式三番を見ての帰り道に若鶏むしり専門店の「瀬川」という店で「むしり」をテイクアウトして、夕食に頂きました。


P1310077
裏通りのわかりにくい所にある「ここがそうかな?」という感じの店です。

ここの「むしり」は焼き上げるのに1時間くらいかかり、1時間以上前に予約が必要です。
あちこちで美味しいよという話は聞いていたのですが、車のない我が家は、ここは臼田駅から往復で30分近くかかるのと、小海線の時刻の関係でなかなかタイミングが撮れませんでした。
今回は式三番が終って、次の小海線迄2時間近くあります。湯原神社から臼田駅は5キロ弱歩いて行けば丁度いいかなと予約を入れました。

電話番号と場所はあらかじめ調べておきました。

P1310083
「むしり」とは変わった名前ですが、若鶏をじっくり「むし焼き」にしたものです。
瀬川の先代のご主人が開発、「むし焼きの状態で、手で豪快にむしって食べること」からの命名だそうです。
当時、臼田では地元の農家がブロイラーを飼い始めたことをきっかけに商品化して、店を開業したそうです。昭和30年代からと言いますから、60年位の歴史があるようです。

P1310128
前は店でも食べられたそうですが、今月からテイクアウト専門となり価格も税込み980円から1080に値上げとなるそうです。この碑はまだ980円でした。

P1310130
「むしり」の調味料は塩・胡椒だけ・・・
若鶏の半身を、・若鶏の半身を塩・胡椒に漬け込んで下味を付けたオーブンで一時間近くゆっくりと蒸し焼きにしているそうです。要するにローストチキンなのですが、丸焼きではなく、色々なスパイスは加えていないのが違いますが・・・
こんなシンプルに料理のどこがいいのかとか思われそうですが、パリパリとした皮の鶏のなかの柔らかいジューシーの旨さ・・・
シンプルですが、塩と胡椒の奥深い・・・

なんて書いても、食べてみないと伝わりませんね。
それに食べるものは人それぞれですが、鳥半身、年寄二人で食べるのは大変かなと思ったのですが、美味しくこの日のうちに食べてしまいました。

瀬川の系列の近くのレストラン「ビッグベン」や、臼田町内の「鳥忠食堂」や「みよしや」でも「むしり」を食べられるそうですが、半身でなくモモの部分などのようです。

「今日、ケ○○○○○○にしない?」よりあっさりしていて、年寄むきかも・・・
近くの方は一度試してみてもいいかなと・・・

[ 投稿者:オコジョ at 08:26 | 佐久市 | コメント(2) ]

この記事へのコメント
こんばんは
むしりだー!!
美味しいですよね。
いつもこの時期は、ぞっこんさく市で買うのですが、今年は演奏会と重なってしまったので、諦めたんですよ。
お二人なら1つで十分でしたでしょう。
我が家は3人で2個です。
名前通り、夫が盛大にむしって、みんなパクパク食べるのが楽しみ。
あー、食べたくなった。
投稿者: 万見仙千代 at 2019-10-11 21:33:00
万見仙千代さんへ
こんばんは
万見さんのところでも何度も登場しいてましたね。
臼田は墓参りや、コンサートでよく行くのですが、なかなか時間がうまくあわなくて・・・
我が家も私がむしりました。
こういう素朴なものに本当の美味しさがあるようですね。
また、食べられるといいですね。

投稿者: オコジョ at 2019-10-11 21:46:00

この記事の固定URL
https://shinshu.fm/MHz/90.97/archives/0000585383.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 1 x 2 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら