掲示板お問い合わせランダムジャンプ

浅間山 11月29日 (小諸市新町より)
P1370451
 このブログでは、生き物たちや、自然、歴史など紹介していますが、、専門家ではなく、未熟な愛好家に過ぎません。
狭い地域のことで、日記的な意味合いもあり、同じ内容を何度も繰り返して、マンネリ化していて新鮮味に欠けています。
書いていることは、一応は調べて、掲載していますが、六十の手習い・・・
もう70過ぎていますが、年寄のにわか勉強の結果に過ぎません。間違いがあるかと思います。誤りに気がつきましたら、ご指摘いただけると嬉しく、おおいに感謝です。その内容を記事に反映させたいと思います。
ご意見、ご感想などをコメントをいただけると嬉しく思います。


営利目的や記事に関係のないコメント、英文のコメントは、予告なく独断で削除させていただきます。

2019年02月20日
久しぶりに虚子の道1 長勝寺 笠石の碑 沢の家
1
この日の浅間山・・・

フラッと家を出た健康のための散歩・・・



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:59 | 小諸 文学 | コメント(0) ]

2017年03月04日
新町散歩 新町(小諸)歴史的遺産散策ウォーキング5 孤高の俳句の巨匠 臼田亜浪と手代塚城跡
P2040783
今日の午後の浅間山を一枚・・・
噴煙を高く上げていました。

 底つ火に 我が魂通ふ 霧の中    臼田亜浪

小諸市新町出身の「浅間山の印象」と題する連作の中の句です。
単純に解釈するなら、霧の中浅間山に登って火口の中のマグマを見て、自分の魂はここにあり・・・
そんな単純なものではないでしょうね。ただ、故郷の山、浅間山に寄せる思いが伝わるようです。・

わたしの弟は、小諸生まれですが。今は神奈川県に住んでいます。

10歳の時に信州を離れて東京に・・・
信州の記憶はそう多いと言えないのですが、浅間山は故郷の山であり、時々見たくなり、見ると元気になるといっています。

故郷の山はそういう力を持つようです。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 09:08 | 小諸 文学 | コメント(2) ]

2014年10月15日
離山 浅間山麓の瘤1 南登山道
1
コンサートというと、その前にどこかを歩く・・・
いつの間にかそういうことが多くなりました。
年金生活者で暇はいくらでもありますが。自動車とは無縁の無免許夫婦、そんな夫婦、車が無いと生きていけないと思っているこちらの人々から見ると、良く生きていけるね。これはオーバーですが・・・

でも、交通機関を使う時はなるべく活用して、ついでを楽しむことにしています。
物価高、消費税は上り、少ない年金は増えるどころか減っていきますし・・・
でも、なんとか暮らしていけますから、ぼやくのはこのくらいにしましょう。
本題に入れなくなりそうですので・・・

前置きが長くなりましたが、今回登る離山(1256m)・・・
中軽井沢駅からで、駅近くからの里山です。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 07:38 | 小諸 文学 | コメント(0) ]

2013年01月14日
冬の虚子の散歩道2
21
昨日に続いて、寒そうな風景です。

蛇堀川に入る流れが大きな氷筍となっています。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:オコジョ at 09:25 | 小諸 文学 | コメント(6) ]