掲示板お問い合わせランダムジャンプ

◆◇ スポンサー  ◆◇

ブログ用 倉乃
倉乃のホームページはこちらhttp://park7.wakwak.com/~kurano/index.html


ブログ用
おおらのホームページはこちらへ http://nakaobi.jp/

真田随想録、絶版の(上)は、こちらの別館にて御覧下さい。
http://shinshu.fm/MHz/66.32/

2019年12月03日
◆小諸市、台風19号による「農業被害」で今後、復旧工事が必要な箇所は、農道や水路など農業用施設95件、田や畑など農地が178件!<小諸市議会12月定例会・一般質問>2019  長野県 小諸市
 小諸市議会12月定例会は2日に1日目の一般質問を行い、6議員が質問した。
 台風の災害関連は複数議員が質問。
 清水喜久男議員は農業被害の状況と支援内容を確認し、支援に関するきめ細かい周知などを求めた。





 市側の答弁によると、台風19号による農業被害で今後復旧工事が必要な箇所は、農道や水路など農業用施設95件、田や畑など農地が178件。
 加えてリンゴ落下やビニールハウス損壊、農業用機材の流出などが発生した。 
 農地に関しては、小諸市土地改良事業等分担金徴収条例に基づき一定の災害規模の場合、事業費の10%の受益者負担で復旧工事を実施していたが、今回の災害については国の高い補助率や有利な起債対象となる見込みから、受益者負担は事業費の5%とした。
 千曲川など河川沿いの被害が甚大な箇所は上限額を定めるなど受益者負担の軽減を図る。
 なお、台風19号による市内での農業被害はなかった。


 ◆楚山伸二議員は災害時の避難所について質問。
  19号接近時について、市内全域に避難勧告が放送された10月12日、午後4時20分は雨も風も強く、防災無線はよく聞き取れない状況だったと指摘。
 「空振りでもいいから避難所開設は早いにこしたことはない」という市民の声を取り上げた。
 また「小学校体育館に避難所を開設してほしい」という市民の意見も多く届いたとし、検証を求めた。
 小諸市は、気象庁による土砂災害警戒情報発表後の大雨特別警報を受け、市内全域に避難勧告を発令。
 公設避難所を市民交流施設ステラホールや芦原中体育館、総合体育館の3カ所、各区で49施設を開設し96人が避難した。
 小学校には避難所を開設しなかったという。
 市は、各区への避難所開設の情報の伝え方やタイミングについて、市内68区長へ調査票を配布し、アンケート調査を実施している。
 調査内容は、避難情報の伝達、避難所の運営や解説、区における備え、今後の防災力向上などで、提出期限は今月13日。
 市としても避難関係の意見を早急にとりまとめ、検証を行う方針。
 
 このほかの質問は
 ▽髙橋充宏議員が生産年齢世代がもつ力、地域づくりにおける子育ての重要性、人口減少対策
 ▽小林一彦議員が、気象観測体制の現状、観測体制の強化
 ▽髙橋公議員が、高齢運転者の交通安全支援、「坂のまち」を利用したシティプロモーション
 ▽丸山正昭議員が、小諸市消防団、自然エネルギーの活用─など。
 


[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 18:41 | ●こもろニュース | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
https://shinshu.fm/MHz/22.56/a12591/0000592100.trackback

この記事の固定URL
https://shinshu.fm/MHz/22.56/archives/0000592100.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 7 x 7 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら