掲示板お問い合わせランダムジャンプ

◆◇ スポンサー  ◆◇

ブログ用 倉乃
倉乃のホームページはこちらhttp://park7.wakwak.com/~kurano/index.html


ブログ用
おおらのホームページはこちらへ http://nakaobi.jp/

真田随想録、絶版の(上)は、こちらの別館にて御覧下さい。
http://shinshu.fm/MHz/66.32/

2019年10月21日
◆東御市が国内初の「高地トレーニング用屋内長水路プール」の「竣工式」を行う!湯の丸高原に完成! 湯の丸高原スポーツ交流施設の包括的愛称を「GMOアスリーツパーク湯の丸」と発表! 長野県 東御市
東御市湯の丸プール完成 2019 (8)
【高地トレーニング用屋内長水路プール】

東御市湯の丸プール完成 2019 (0)
   【高地トレーニング用屋内長水路プールの竣工式】

東御市湯の丸プール完成 2019 (3)
   【GMOアスリーツパーク湯の丸屋内プール】

東御市湯の丸プール完成 2019 (6)

東御市湯の丸プール完成 2019 (2)


 東御市は20日、同市湯の丸高原に完成した国内初の高地トレーニング用屋内長水路プールの「竣工式」を同施設内で行った。
また、ネーミングライツで決定した、市湯の丸高原スポーツ交流施設の包括的愛称を「GMOアスリーツパーク湯の丸」と発表した。


東御市湯の丸プール完成 2019 (1)
東御市湯の丸プール完成 2019 (4)
東御市湯の丸プール完成 2019 (5)



 市は、湯の丸高原の標高約1750m周辺地点に、高地トレーニング環境を整えており、この特設プール(屋内運動施設)は、その中核施設となる。
 
 プールのサイズは50m8レーン、水深は2m。建物は鉄骨造地上1階建てで、建築面積は3035㎡余(内アリーナ1800㎡)。
 付帯施設として更衣室、トレーニングやミーティング室などを設けている。

 プールの指定管理者は㈱オーエンス。
 建築設計は㈱アプル総合計画事務所、造成設計は㈱タイヨーエンジニヤ、施工は㈱黒澤組。
 工期は平成30年3月28日から令和元年10月20日、工事費は11億7656万円。

 竣工式には、日本水泳連盟の青木剛会長や内閣官房東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進本部の平田竹男事務局長、地元の衆参議員や県議、周辺市長ら80人が出席。

 青木会長は「来年の東京五輪・パラリンピックに向け、このプールを使って強化を推進し、国民の期待に答える成果をあげ、同時にこのプールの価値を高めたい」。
 
 花岡利夫市長は「多くの人に活用してもらい満足してもらえるよう、指定管理者とともに、充実した施設運営に努めていきたい」とあいさつ。また、プールの完成により湯の丸全体としてのスポーツ事業は今後、ハードからソフトへ転換していくこととなるとし「国内における高地トレーニングの拠点とすべく、官民一体となり推し進めていく」と話した。

 竣工式後には、一般見学、地元中高生やオリンピック・パラリンピック出場経験がある選手による泳ぎ初め、水泳教室リレー大会などを行った。その後はさっそく、県スイミングクラブ協会の合宿練習が入った。

◇  ◇

 このネーミングライツ・パートナーは東京に本社を置くGMOインターネット㈱。
 湯の丸の高地トレーニング関連施設の包括呼称「東御市湯の丸高原スポーツ交流施設」の愛称は「GMOアスリーツパーク湯の丸」となり、屋内運動施設(特設プール)や全天候型400mトラックなどエリア内5施設にもGMOアスリーツパーク湯の丸の名を冠した愛称がついている。

[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 17:05 | ●とうみニュース ]

この記事の固定URL
https://shinshu.fm/MHz/22.56/archives/0000586687.html

※記事・コメントなどの削除要請はこちら