掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

top space

2009年07月17日
利権を取り上げられた自民の姿?
利権を取り上げられた自民の姿?

自民党って全く国民不在の政党だね。群がる先は利権と言うのははっきりしていて、利権が怪しくなると、動き方がばらばら。大人の常識すら感じさせない。

馬鹿太郎は「総会とかの場が設定されれば出て行く。逃げる気は無い」と言う。これおかしいでしょう。お前がリーダー役なんだからお前が召集するんじゃないの。受身になっていること自他が既に逃げているじゃないか。

わざわざ会期を延長して忙しい筈なのに都議選の応援に走り回って、その費用は全部税金でしょう、それで太郎が行くと落選では、自分自身で不明の弁解が必要でしょう。

太郎は完全に逃げ回っている。

この危機的状況を老人たちは蓋をして済ませようとする。まな板の上の鯉なら立派だけど、太郎は逃げ回るだけで、リーダーとしての覚悟を共有する腹も無いらしい。国民の不幸。敵前逃亡。戦犯に相当だね。普通なら一致団結をハイレベルで確認するべきなのに、甘い汁がないとそれぞれの巣穴に帰る。密のテーブルは共有できても、種族はもともとばらばらだからそのうち争いを始めるね。



自民党内の紛争はこのように起きる。単なるガス抜きにしたい集会に集まった人から緊急動議が出される。いまからこの場を両院議員総会にしようではないかとの提案。一旦諦めたと油断していた麻生擁護派は選挙区から戻っていない。怯える老人たちを尻目に執行部の退陣がその場で決まってしまう?。



執行部退陣劇の失敗ケース。この場合は深刻。反麻生の怨念が自民の内外日本中にうごめくことになる。悪の巣窟の霞ヶ関を代表する麻生とそれと戦う日本中の市民。

自民の改革派は最初に小さな政党を作ってその後民主に合流していく動き。

麻生を倒して新生自民を立ち上げる動き。

利権大好きの公明党は早くも舵取りを変え始めている。

民主が踏み絵を踏まされることになるが、間違えると元も子もないことになる。

[ 投稿者:ナナ at 12:02 | 時間旅行 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
https://shinshu.fm/MHz/01.12/a07419/0000289489.trackback

この記事の固定URL
https://shinshu.fm/MHz/01.12/archives/0000289489.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 1 x 1 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら