掲示板お問い合わせランダムジャンプ


2017年12月11日
AO入試合格者第1回研修会開催
平成29年12月9日(土)13:00~15:00の日程で、AO入試合格者の第1回研修会が開催されました。

AO合格者研修会

この研修会は、既に入学が内定しているAO入試合格者に向け行われ、12月と1月の2回開催されます。
第1回目の研修会には、両学科で入学が内定した13名全員が参加し、入学後の学習習慣についての話や、授業形式での実践練習が行われました。

研修会を担当した中村先生より、ドイツの心理学者ヘルマン・エビングハウスが発表した「エビングハウスの忘却曲線」について具体的な例を挙げ、学習習慣の重要性と共に、効率的な学習法について説明がありました。

そのあと、高等学校の数学で習った「二次関数のグラフを書く」というテーマで実践授業が行われ、頂点のx座標の求め方として、教科書の「平方完成」の方法で、実践ドリルに取り組みました。

1枚目のドリルは「頂点のx座標を求める」こと。初め、研修生の中には平方完成の変形に苦労しなかなか進まない生徒もいました。そこで「x座標を求める」ことだけに目的を絞らせたところ、制限時間20分で大部分の受講生が19問の問題を完成させることができました。

1枚目のドリルが終了したところで、「微分法」によるx座標の求め方を解説し、2枚目のドリル「頂点の座標を求める」に取り組んだ結果、制限時間20分で全員が19問の問題を完成させることができました。

ドリルをやる前に聞いた「二次関数のグラフが書けるか」という質問に「書ける」と答えたのは13人中わずか2名。しかし、段階を追っていけばグラフは書けるようになることがわかると、「書けない」と答えた研修生も迷うことなく手を動かすことができました。

ここまでで、120分の研修会のうち100分が過ぎ、ひとまず実践授業は終了。3枚目のドリル「二次関数のグラフを書く」は次回の第2回研修会までの宿題となりました。

今回の研修会では医療系の学習をするには「復習の重要性」はもちろんのこと、授業に臨むにあたり最も重要なのは「予習」であることをお話ししました。今までの勉強法を見直し、入学までの約4か月で、学習習慣をつけてくれることを期待しています。

[ 投稿者:NPC at 09:58 | 学校 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/99.05/a00227/0000543620.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/99.05/archives/0000543620.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 5 x 2 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら