掲示板お問い合わせランダムジャンプ


2017年08月15日
長野県専門学校野球選手権大会 決勝進出!
 8月15日(火)、長野市東和田の長野県営球場にて開催されている「第27回長野県専門学校野球選手権大会」で本校野球部が、大原スポーツ公務員専門学校松本校と対戦し、3-2で辛勝しました。

IMG_0990blog



 試合は、大原学園の攻撃で始まり、本校が2回に1点を先制したものの3回に同点に追いつかれ、さらに6回に1点を勝ち越しするも、7回に追いつかれと、手に汗を握る攻防が続きました。

IMG_0820blog

 ここまでの展開では特別延長に進む予感で、もしもそこまで進むと本校は下位打線、大原学園が上位打線になり圧倒的な不利な状況に。そして終盤の8回の裏、本校の打順は1番からと、この回のチャンスを逃せば厳しい状況に!この回の先頭打者3年の大久保がファーボールを選び、先頭打者が出塁すると2番2年でキャプテンの有賀(陵)が送りバントでランナーを2塁へ進めました。
 試合前に、キャプテンは「もしも試合の展開で確実に1点を取らなければならない時に自分に打者が回った時は、2番の仕事をきっちり果たす。そのために自分はバントを徹底的に練習した。」というの言葉通り、ファーストストライクできっちりとバントを決め練習の成果を発揮してくれました!
 さらに、3番の内野ゴロの間にランナーが3塁に進むと、2アウト3塁の状況で4番1年生の北島の外野の頭を超すタイムリーヒットで勝ち越しに成功しました。

IMG_0907blog

 最終回、ここまで好投を続けてきた3年の丸山が2人のランナーを出す厳しい状況に。ここで、リリーフで1年生の鈴木にマウンドを託しましたが次の打者をファーボールで出塁を許し、1アウト満塁の絶体絶命のピンチ。次のバッターをフライに打ち取り2アウト。

IMG_0934blog

 そして、最後のバッターに向かい鈴木の渾身の投球に相手のバッターも何とか食らいつきましたが、その打球がホーム別直前でバウンドすると、キャッチャーの2年牛山の好判断でキャッチャーゴロで抑え、試合終了!最後まで目を離せない展開でしたが、まさに1年生から3年生までの個々の活躍と団結力で、4年連続6回目の決勝戦へ駒を進めました。
 過去5回のうち特にここ3回は決勝で涙を呑んでいるので、今年こそは全国へ進むため、全員一丸となり決勝戦に臨みます。

 決勝は明後日の8月17日(木)正午より同球場にて、明日行われる準決勝、昨年の全国覇者信州医療福祉専門学校と大原スポーツ公務員専門学校長野県の勝者と対戦します。ぜひみなさんの応援をお待ちしております。


[ 投稿者:NPC at 22:37 | 学生会 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/99.05/a11630/0000536996.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/99.05/archives/0000536996.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 8 x 1 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら