掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2015年10月16日
両毛近辺は昔から無国籍地帯だったかもしれない
加須市の公式HPに
まくらがのは「どの国にも属していない地域」を指しています。(郷土史家の鎗水柏翠氏による)

と書かれてある。
これは古河をうたった万葉の歌で
まくらがの古河・・・とうたわれる歌が2つある。
もうひとつただ「まくらが」と出て「古河」が抜けてるのもある。
枕を示してる枕詞か。
枕詞であるという説もあるが
どの国にも属してない地域という説もある。
古墳時代の頃、両毛地区(狭義の)と古河あたりは毛野氏の勢力範囲にあったと思われる。北埼玉もそうであったようだ。
というと、両毛地区古墳時代はギリギリ毛野氏の勢力範囲の南端というかんじか。
南端というからには
そうでなかった時期もあるかもしれない。

そして現代。
戦国時代もいろいろあったと思うが今回は割愛。
デイリーポータルにもあるけど
4県にまたがる複雑国境地帯となってる。
さらに千葉の野田市も加えるとこの辺はさらにすごい事になりそうだ。
群馬の館林、栃木の足利、埼玉の羽生、茨城の古河、千葉の野田
ここから各県の県庁所在地の遠さといったら・・・
隣の県の県庁所在地も自分の県の県庁所在地も遠い。
文化もまざってる。
栃木の独特な食文化である「しもつかれ」
これは羽生でも知られてる。
言葉もこの辺はまじってる。
太田に「ヨラッセ」(現ダニエルハウス)があり
羽生に「キヤッセ」がある。
館林の正田醤油は野田の醤油の影響が濃い。

[ 投稿者:jun at 15:09 | 一般 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/97.42/a00028/0000483740.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/97.42/archives/0000483740.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 6 x 9 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら