掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

2014年08月29日
館林市民の知らない館林~キャラ編
「館林」で検索すると
人の名前もあるが
アニメ・ゲームなどのキャラの名前も多く出てくる。

まずは
館林見晴
結構昔のゲームだ。ファミコンだったろうか。
元祖恋愛シミュレーション。
そのゲームのキャラ。
今でも根強いファンがいるようだ。
おそらく館林市とは関係ない。
ただゲーム内で館林と中央公園でデートするイベントがあるらしい。
館林にも中央公園があるが
このゲームのものとの関連性があるのかは知らない。
ゲームやってた人だったら
「この辺が似てるかな」くらいはあるかもしれない。
他の館林キャラもそうなのだが
このキャラのファンが館林つながりで館林にやってくることもあるようだ。
しかし、残念ながら館林には何もない。今のところ。

館林元成
こちらは一番有名なのかもしれない。
アニメ・弱虫ペダルの登場人物。
主人公は別にいる。
出身地は長野。
山の特性を持つようだ。
当ブログも長野のブログを使ってるので何だか親しみ沸いてきそう。
話題にもなってるのでみてみたい気もする。

館林開
ゲームのキャラ
18禁のアドベンチャータイプのゲーム。
twitterで検索してると
最近はこちらの方の名前が良く出てくる。
こちらも結構ファンがいるようだ。
やはり主人公ではない。
たまにネットで佳い名前の地名として「館林」をあげてくれるひとがいる。
他のキャラもそうだが
結構凝ったキャラに館林という何だか好い文字をあてたいという感情がわいてくるのだろうか。
このゲームでも準主役クラスだと思われる。
重要な人物であるようだ。

館林総一郎
アニメ「さくら荘のペットな彼女」のキャラ。
学園モノ。
やはり主人公ではない。
でも生徒会長の役であり
ここでも重要人物、準主役なのかな。

館林火奈・水奈の双子の姉妹
アニメ夜桜四重奏。
やはり主人公ではない。
こちらはあまり検索にかからないので
この二人がどういう立ち位置なのかわからない。
なんだか
幼稚園児という設定と
大人の設定の
二通りがあるらしい。
[ 投稿者:jun at 13:02 | マニアック館林 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2014年08月20日
館林市民の知らない館林~館林街道
というか
館林市民に知られてない館林に関するもの
いろいろあるが今回は

館林街道

館林街道と呼ばれている道がある。
当然のことだが館林市内には、そう呼ばれてる道はないと思う。
足利、行田・羽生、太田、藤岡、佐野に
地元に館林街道と呼ばれてる道がある。
公式に名づけられてるかどうかはわからない。

古河から館林に向かう道がある。
標識にも「館林方面」と書かれてあるのだが
その道が館林街道と呼ばれてるという事例を私は知らない。
古河駅西口から大通りに出て
南にしばらくいくと
「館林方面」という標識が出てくる
ここを行けば館林。
ここにも古い町並みが残る。
館林市民の私としては館林への玄関口なのだが
古くはここら辺が古河の中心地であったので
古河市民にとっては館林へ行く道というよりは
メインストリートのような感覚なのか。

藤岡(栃木)の駅前を東に向かい
行き止まりで北にしばらく行くと
交差点に「館林街道」の文字がある。
ここで西に行けば館林。
まがりくねった道で
街道感にあふれる。
この交差点より南は藤岡のメインストリート。
いろんな商店が健在だ。
東はとりせんやドラッグストアー、銀行という地域。
さらには遊水池方面。
北は学校や町の施設。
そして西は館林への玄関口。

羽生の館林街道。
館林と行田を結ぶ道路。
国道122号は古くは
館林からだと
利根川を渡ったら
まっすぐにいけなかった。
羽生市内方面と
行田方面の左右に分かれるだけだった。
江戸時代は
行田をすぎ
江戸や八王子につながっていた。
昭和橋を埼玉側に行き
行田方面を走り
しばらくすると松並木が見えてくる。
勘兵衛松並木と呼ばれる。

佐野から館林に向かう道。
これも館林街道と呼ばれている。
館林から田沼方面へ行く道。
イオンのある新都市に比べればパッとしないが
散発的にいろんなチェーン店が見られる。
佐野の旧市街に行こうとする時は
注意してないと行きそびれてしまう。

太田における館林街道
古河・前橋線がそうだ。
例弊使街道から分岐した古河往還。
館林から太田へ行く道はいくつかある。
太田でもどこに行くかによってわかれる。
館林街道にあたるのは国道354。
国道354はいまだ強化がつづけられている。

足利の館林街道
館林から足利市内に行く道がそうだ。
木戸町を通る道。
足利でも館林への道は古くからなじみ深いようで
結構市内の方までそう呼ばれてるところがある。
[ 投稿者:jun at 16:43 | 館林近隣 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2014年08月07日
館林の暑さ対策を考える
連日、日本最高気温のニュースが流れる館林。
市にはさらに暑さ対策が望まれる。
市は様々な暑さ対策をしている。
インパクトのあるものでは
市内の全公立小中学校にエアコンが完備され
ちゃんと使われていることだろう。
他に緑のカーテンなど
既に対策はなされている。

しかし、ここでまた大きな対策が望まれる。
何があるか。
私もちょっと考えてみた。
極端で非現実的なものばかりだが
きっかけとなればと思う。

1.夏の館林の電気代を肩代わりしてもらう
冬の北海道では
暖房費が補助されているという噂がある。
実のところ大きな会社で暖房手当てが出るということだが
また、地域によってイルミネーションに補助が出るらしい。
館林においてはある程度電気代を補助として出してほしい。
問題はどこからお金を捻出するか。
市でソーラーパネルを量産してもらうか。

2.自動水まき
うるおいの水と緑のまちづくりを標榜している館林。
水資源は豊富なはずだ。
雪国ではスプリンクラーで温水をまき雪かきしているところもある。
市内に用水路を引き
水を自動でまけるシステムをつくる。

3.集会所の利用と庚申塔
館林にも地域の集会所がたくさんある
暑くなる日に
各地の集会所で「暑さ対策講義会」を開く。
ちゃんとエアコンはきかせて。
昔、夜、勉強会と称して人々が集まり楽しんだ二十三夜講。
夜ではないが
昼間に集まり
地域の人たちと楽しむ。
既に熟年の方は集会所や公民館を活用されているが
若年の方も気軽に集まれるよう工夫が必要か。

[ 投稿者:jun at 19:10 | 一般 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2014年08月04日
森永の広告看板

大きな地図で見る
122号から市内に入る陸橋のところに森永の看板広告がある。
ときたま、ポスターはかわっている。
ここには昔、森永の工場があった。
森永の牛乳とか買うと
館林工場の記載があった。
やはり館林の水はおいしかったんだろうね。
[ 投稿者:jun at 19:41 | ストリートビュー | コメント(0) | トラックバック(0) ]