掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2014年01月27日
日本一暑い館林だけどそれでも館林に住み続ける8つの理由
私も話題に乗っかって
「私がそれでも○○に住み続ける、その魅力を語ります」がブログ界隈で大人気〜INTERNET Watch

日本一暑い
いや正確に言うと日本一というのは言い過ぎかもしれない
しかし、真夏日の日数は日本一多かった
そんな館林だが
それでも住み続ける理由


1.水がうまいので食べ物がなんでもうまい
戦前から日本人が皆大好きな
カルピス
その工場が館林にある。
うまい水でなければうまいカルピスはできないだろう。
私自身、小学生の頃
水よりうまい飲み物はカルピスとカセイのコーヒーしかないと思っていた。
ジュースなどはまずいのだが
大人が格好をつけるために我慢して飲んでるのだと思ってた。
小学生の頃、休み時間になると
おいしい水を飲みに
度々水を飲みに行ってたのだが
今で言えば
蛇口からカルピスが出てくるくらいの感じだ。

そんな館林の水でつくられる数々の食べ物

館林のうどん
これは全国的に有名。
佐野ラーメンの影響が濃い館林ラーメン。
館林の胡瓜
私が小学生のとき、東京の市場で胡瓜の50パーセントが館林産と教わった。
館林の胡瓜は、そのまま食べてうまい。
ダノンヨーグルトも
金のつぶ納豆も
マルちゃんの赤いきつね・緑のたぬきも
ブルドックソースも
おいしいものばかり
館林でつくられている。
日清製粉も館林出身だ。
館林の良質な水から良質な小麦がとれた。
キリンビールは館林産の麦を使っているらしい。

そんなおいしい水の出る館林
しかし
以前の館林は水は地下水からだったのだが
最近は川の水も取り入れられ
水のおいしさも半減している。

2.チャレンジャー館林
基本、人口も少なく
平成の大合併に乗り遅れ
面積も狭いのだが
日本全国に名を馳せることは多い。
暑いのもそうだが
話題性がある。
20数年前、日本で唯一のバス路線の無い市になった。
ドライブスルーコンビニがあった。
個人が建設した空港があった。しかも一般道が横切り、遮断機もあった。
市が中心となり、町の真ん中を流れる川にこいのぼりを泳がせ、その数はギネスに載るほどまでになった。

ユニークな話題で有名になる館林。
多くの館林市民にとっては微妙なものも多いかもしれないが
館林の名が知れ渡ればそれででいいんじゃないかとも思う。

3.ふぁんたじっく無限大
館林は全国的に有名なファンタジー都市でもある。
茂林寺の分福茶釜の話は有名だろう。
たぬきが無限に茶を沸かせる茶釜の話がある。
しかもそのたぬきの芸といったら、綱渡りが有名だろう。
榊原康政公、将軍徳川綱吉のお城であった館林城。
その縄張りを決めたのは狐だという。
また館林藩士が「天井嘗め妖怪」を捕らえ、家の天井を掃除させた逸話もある。

4.歴史のあるまち
全国的に有名な話としては
徳川綱吉が持っていたのが館林城。
榊原康政の居城。
「名将言行録」を書いたのが館林藩士。
田山花袋、現代にも通じる小説が多い。
恋心を抱いていた女弟子が出て行ったあと、
使っていた布団のにおいを嗅ぎながら泣いてた話は泣ける。
しかもその話のモデルがいたという事実。

5.名所の数々
つつじが岡公園は全国的に有名だろう。
世界一のつつじだ。
何が世界一かというと私的には、こんな身近なところにこんなボリュームだということだ。基準はあいまい。
茂林寺、鶴生田川の桜、も有名だ。
城沼の景色も良い。
多々良沼の夕日も良い。オカリナ奏者の「宗次郎」も館林出身で、小さい頃に見た多々良沼の夕日が好きだったことを言ってる。
その多々良沼近隣にある館林美術館。
風光明媚だし、話題の作品も展示される。

裏名所としては
北館林など
この辺はお勧めがいろいろあるがここでは割愛。

6.周りに良い都市が多い良い立地条件
館林自身は地味な都市でも
周りに立派な都市が多い
しかも栃木・埼玉・茨城・群馬と
いろいろな文化の交差点で
様々な文化が楽しめる。
地図で見てもわかるのだが
合併で巨大化した都市に囲まれ
さらに小さな町に囲まれてるのが館林。

佐野市。
佐野ラーメン、ゆるキャラ日本一さのまる、新都市。
太田市。
産業が発展した都市。
足利市。
足利氏発祥の歴史ある都市。足利学校。
熊谷市。
館林と熾烈な暑さ自慢の戦いをくりひろげている。
古河市。
茨城県の窓口。
羽生市。
館林の人は太田・佐野・羽生のイオンに行ける。選択肢が多い。


7.あまり栄えない館林
必死になって栄えようとしないほんわかさが私自身好きなところだ。
廃藩置県の時は「館林県」として独立していた。
明治の初期は群馬県内では前橋・高崎に次ぐ人口だった。
しかし、館林は保守的な人が多く
国鉄が通じようとしたが反対で消えたりだった。
隣の太田市は発展めざましかった。

このほんわかしている館林
住んでいて心地よい。

8.本音
本当は惰性ですみ続けているのかもしれない。
[ 投稿者:jun at 11:12 | 館林紹介 | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2014年01月23日
安中教員と館林巡査
ネットでふと目に付いたのが
「安中教員、館林巡査」
以前、ちょっと見かけたことがある言葉だったが
あらためていろいろ見てみた

ネットではあまり見当たらない
図書館などでよく調べるべきなのだろうけど
当ブログではそこまではやらない
ネットか、自分の周り程度までにしておいてる

群馬から発祥した明治維新、近代教育の生誕... 新島襄と教育〜群馬の学び大図鑑
ここに書いてあった

安中は
去年、大河ドラマでおなじみの新島八重の夫
新島襄
この人が安中の人だったので
安中にはそのような風土が育ったようだ

一方館林
知っての通り、城下町
しかも北の大きな外様大名に対する守りの要衝であった
廃藩置県で武士は
安中では教員になるものが多く
館林では巡査になるものが多かったのだろう

どれだけ多かったのはわからないが
一種のことわざであろう
風土に適した職業ということだろう
安中に生まれれば
教員になる方法がいろいろと構築されており
教育界にも人脈があり
なりやすく、仕事がしやすい

もちろん館林でも教員になる人がいなかったわけではなかろう
また館林は東京に近いということも利点なんだろう
東京に異動があった場合でも気分的に近いのが利点かもしれない
守りの要衝だったこともあり、武道にも常に磨きをかける人が多かったのかもしれない
関東の広大な土地で
からっかぜにも負けず
川にも囲まれた湿地帯
そんなところで育ったのも巡査には合ってたのだろう

私は
巡査はちょっと無理かなw
教員の方がやや合ってる気がするw
頭がついていくか知らんがwww
[ 投稿者:jun at 10:29 | 館林再発見 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2014年01月15日
1/18は一日中館林を満喫しませんか
今度の1/18
第三土曜日というと
下町夜市
尾曳神社骨董市
茂林寺フリーマーケット
館林市場銀ちゃん市
とイベント目白押しだが
今回はさらに

初市

がある
館林の重要な年間イベントのひとつだ
今月の館林市の公式カレンダーにも
昭和40年代の初市の様子の写真が掲載されている

予算が足りなくても
300円くらいのちっさなだるまなら買えるだろう
合格祈願とかもある
もちろんおなじみの屋台も出ているの
しかも土曜日
私はまたしても平日休みなので行けないだろうが
土曜日休みの方は
館林のまちなかの通りの空気でも吸っていただきたい

今日のブログのタイトルに
「一日中館林を満喫しませんか」
と洒落た言葉を使ってみたが
本当にたまには一日中、館林で遊んでみるのはいかがと思う

早朝は館林市場の「銀ちゃん市」
館林市場内に銀ちゃんという食堂があり、そこの主催なのかな
館林総合卸売市場”銀ちゃん食堂”〜千里の道もJIMNYから・・・!さん
というブログ記事もある
ものによってはスーパーでよりも安く買えたり
面白いイベントもあるんじゃないかと想像
藤岡県道(藤岡の人にとっては館林街道)をひちすら藤岡方面へといくと(市内のひとね)消防分署のとなりにある
駐車場は広いので市場に入ったら簡単にとめられるだろう

夏は全国でも一番暑いのに冬はそこそこ寒い館林
今度の土曜日もまだ寒さが残るかもしれない
防寒には気をつけていきましょう

そこからちょっと暖まりに
アピタにでも行こうか
途中、善長寺の南側からつつじが岡公園でも眺めるか

大きな地図で見る
あるいは善導寺に行き
榊原康政公の墓参にでも行くか

お昼ごはん
そのままアピタ内の食堂でもよいが
市内の食堂もたまには行ってみては
普段ファミレスやラーメン屋しか行かない方は
今日という日はぜひ!
ファミレス以外は気軽に入れないなという方におすすめは
とんちとか
キッチンカロリーとかなら気軽に入れる
有名どころでは福よしなど気軽だろう
常連とかトラックの運ちゃんばかりではなく
初心者も気軽に入れる
ネタ探しには
リオ・ブラボーなんかももってこいかも

そして午後
尾曳神社骨董市
茂林寺フリーマーケット
をまわろうか

散歩好きな方から
尾曳神社から城沼を一周するのもいい
秋元邸、文学の小路、館林カルタ、善長寺、善導寺(榊原康政公)、アピタの散歩路、白鳥の集落、サイクリングセンター、つつじが岡公園・・・
一周するだけでブログのネタが盛りだくさん
茂林寺からも茂林寺沼湿原が格好の散歩道だ
茂林寺の奥へ行くと湿原に通じる道がある
城沼ほど長くない
沼、湿原、木道、オニバス、ヘイケボタル(季節で)、数々の植物・・・
気持ちの良い散歩道だ
茂林寺とスポーツレーンの中間くらいにある無料駐車場(無料トイレあり)からも行ける

そして夜
下町夜市
ユニークな屋台も多いですよ
[ 投稿者:jun at 09:30 | 館林ニュース | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2014年01月09日
館林の古い商店
たまにtwitter等見てると
市外の人が、館林市内の古い商店をとった写真をあげているのを見かける
結構館林には古い建物が残ってるようだ

反面、そういった古い建物が館林でも壊されつつある
残って欲しいと思うが
持ち主にとっては「何かに指定されて、維持しなくてはいけないなら、早く壊したい」らしい

たまに町を通るとき
古い建物をみかける
多くが壊される前に
少しでも館林の古い建物を見て浸りたい
写真にでも撮ればいいのだが
あまり写真の腕前は良い方ではないので
人様が撮った写真を見て楽しんでいる
うまい人が撮るとさすがに「これが館林か」と思うほどだ

館林の古い建物で
人によっていち推しはいろいろある
元喫茶店だったり
元お茶屋さんだったり
私的にはどこだろう
やはり本町一丁目あたりだろうか
本町二丁目や西本町にもあるだろう
はたまた意外なところにもあるか?知りたい

「ここは昔模型屋だったとか」
「ここは昔本屋だったとか」
聞くと驚く

私が子供の頃からやってたお店が
つい先日閉店したと聞くと本当に残念だ
そんなお店が最近でも2・3件あった
閉店する前に一回行けばよかったとは思うが
なかなか行きづらい
小さな商店は行きたいとはいえ
入りにくいもんだよね〜



[ 投稿者:jun at 12:46 | 懐かしの館林 | コメント(2) | トラックバック(0) ]