掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

2013年06月28日
館林あれこれ
ぐんまちゃんが初写真集  郷土の魅力発信
館林女子高テニス部の練習に参加した写真には「ボールが頭にぶつかって、痛かったよぉ〜」とメッセージを添えた。

群馬各地の観光スポットとともにぐんまちゃんが
かわいらしいポーズを決めた写真集ができたようだ。
聞いた話によると館林での写真が多いらしい。
ぐんまちゃんにあった観光スポットというと
館林のような花を推してる場所が似合うのか。

千人同心街道
江戸時代に八王子千人同心が日光勤番のために整備した八王子から日光へ至る

日光〜館林を通り、東松山、八王子へと向かう道路。
現在この道(付近)を通るには少し難しいかもしれない。
よく地図を見ないと。

「よみがえる館林城展」
会期:2013年7月5日〜7日
会場:館林三の丸芸術ホール展示室(館林市城町) 
主催:館林城の再建をめざす会

上記のHPを拡大して展覧会にするもよう。
「ジオラマが欲しい」と言ってる。
ジオラマがあればなお面白そうである。
本当に再建されれば
やりようによっては
良い観光スポットになるだろう。
あたりまえか。

原監督が舞台あいさつ 本県での撮影裏話語る 「はじまりのみち」で、初の実写映画を手掛けた館林市出身の原恵一監督=写真=が8日、伊勢崎市のMOVIX伊勢崎で舞台あいさつし、撮影時のエピソードを語った。

やはり館林での郷愁感あふれる映画も撮ってもらいたい。


U-1グランプリ

ご当地うどんの日本一を決定する選手権。
全国から集まったうどん店が、開催期間中の総売上と投票による満足度評価によって1〜3位を競う。

開催日は8/24、8/25
館林からは「花山うどん」
他計10店舗で競う。
[ 投稿者:jun at 10:32 | 一般 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2013年06月26日
市報熟読13/6/15版
今回の市報
たぶん4ページ目から読みずらいw
ま、拡大して見ればOK。

まずは税金の話。
そして次にはイベント情報。
館林祭り、今年は7/13(土)・7/14(日)か。
市制60周年でイベントや商品募集なんてのもある。
カルピスやブルドックソース・赤いきつね・金のつぶなっとう・醤油・・・
ここら辺がやってくれれば面白いが
館林市民が面白がるだけか・・・

よく見ると人によっては有用な情報がもりだくさん
私自身も興味があるのがあった。
婚活イベント(私はもう興味ありませんw)の情報もあった。
身近な人で、このような市が企画したイベントでゴール間近になったという人がいる。
バカにはできない。
このような企画に何回も出てれば
当たりの時もあるし、ハズレの時もあるし、普通の時もあると思う。一回だけじゃわからないと思う。
市報に載ってるのは農協の企画で
ソーセージ作りを絡めたもののようだ。

そして一番最終ページ
「道しるべ」
旧大島村の道標
この道標のすぐ北には渡し舟があったという。
昭和40年ごろまでだったようだ。
今では渡し舟は千代田町の赤岩に現存する。
無料で誰でも乗れる。
私も乗りたいのだが
なかなか恥ずかしくて乗れないよね〜

この旧大島村の渡しは
「杉の渡し」
といって
明和町の「千津井の渡し」を通り
埼玉から群馬を通り栃木に抜ける感じだったという。
昭和橋から渡良瀬大橋の道とは別ルートだ。
千津井の渡しは昭和61年頃までやってたらしい。

大きな地図で見る
これが千津井の渡しで使われてた舟。
館林土木事務所の近くに置かれてる。
一応運休中らしいので
運休が解除されればまた使われるのだろうか。

明和町の町報にはかつての渡し舟のマップが載ってた
こんなにいっぱいあったんだな。
昔は川を下って行った方が速いなんてこともあっただろう。
これから水路が見直されることがあるかもしれない。

[ 投稿者:jun at 11:18 | 市報熟読 | コメント(0) | トラックバック(0) ]