掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2010年06月24日
両毛から光の道を!
twitterでは町じまんのツイートがよく聞かれるが
両毛地区の町自慢のツイートも負けておらず熱い。
この地区の人たちって自分のまちが好きな人間が多く
となり町どおしも仲がいい。

この地区の首長たちもこの熱い主張に相乗りして
自分たちのまちを熱く語ってもらいたいものだ。
「ふるさと自慢週間」というものでもつくって
(みんなそれぞれPCに向かえる時間に制約があり、対話にタイムラグができるため一週間という幅を使い)
両毛地区の首長、両毛地区の自分のまち大好きな人たちがtwitterで熱いふるさと自慢をしてもらいたい。

「あそこの道路不便」や「ショッピングセンターつくって、学園都市つくろうよ」という会話よりも(これはこれで重要なことだから市の担当者が必ず見ることとして)
「昔からある、なまずのてんぷら何気にうまい!これ町の顔にしようよ」
というような「熱い」ツイートをしたい。
このようなところからも良い政治が生まれるかもしれない。
両毛地区という特殊な地域が
かつての土薩長になるかもしれない。

通常、市のtwitterがあるとクレームばかり来がちだが
そういうのは市の担当が見るとして
市長twitterにはこのような住民との熱い対話をすることに傾けてもらいたい。
だからそれぞれの町に、市長twitterと市役所twitterと併設するのも手かと思う。

先日、足利の市長殿からは良い返事を頂いた。
現状、twitterをやってる市長は両毛地区は足利の市長しかいない。
足利の市長からも各首長に働きかけてもらいたい。
また、両毛地区の興味ありそうな方々にも声をかけるつもりだ。
(私に声がかかってないよという方、スミマセン、伝えていただければ!)
その方々にも、市へ働きかけたり、熱いツイートでこのような場が作れる方向に協力してもらいたい。

両毛地区といっても両毛6市プラス2郡だけでなく
群馬・栃木・埼玉北部も視野に入れてる。

みなさんよろしくお願いします。

[ 投稿者:jun at 14:02 | 一般 | コメント(2) | トラックバック(0) ]