掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2009年09月26日
榊原康政公
館林は町おこしのための材料は豊富にある
最近、町おこしにサブカルチャーを使う方法が盛んだが
これも館林にとっていくらかある

もっとアピールしてもいいのでは?と思うのが
榊原康政
館林、上越市、姫路市、豊田市と
日本でも名だたる市と
榊原康政サミット=榊原康政公ゆかり四市市長懇談会
が開かれてる

ご存知の通り、善導寺に榊原康政の墓所がある
また、館林は榊原康政が北に対する防備として治めた城でもある

歴女がハマってるゲーム「戦国BASARA」の最新版が来年でるそうだ
今回のテーマは「関が原」
榊原康政の登場も濃厚だ
(戦国無双では「副将」として登場している)
逆に市側からゲームの発売もとのカプコンに登場の要請を出してもいいのでは!
このゲームで榊原康政ファンが増えれば
伊達政宗の時、墓参する人が多かったように
館林に来られる方もきっと多くなる
つつじの時期に間に合えばいいのだがw
「天地人」で2度目の榊原康政を演じた川野太郎も7月に墓参している

もし登場となったら市長も戦国BASARA3をやって欲しい
「仕事として」www
榊原康政サミットももっとマニアックなものになって欲しい

榊原康政という人物もすごい人だ
達筆で豊臣秀吉を怒らせた檄文でも知られる
また、徳川四天王のなかでは戦国最強の武将本多忠勝と並び評される
関が原の戦いにおいて、徳川秀忠の大軍が遅参した事もうまくとりなした



参考URL
榊原康政wikipedia
川野太郎ファンサイト
萌えおこし
鷲宮町商工会
榊原康政紀行
[ 投稿者:jun at 08:40 | 一般 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2009年09月22日
城町
城町
やはり城下町だけあって
丁字路の多い町だ
知らない人だと迷宮のようだろう
斜めってる藤岡街道もあいまって
迷いこむかもしれない

しかし
その迷宮に迷い込みつつも
落ち着いてあたりを見回すと
古くて閑静な住宅街である

「ここら辺にあの方の家があるな」とか
「ここら辺にお店があったはずだ」とか
記憶をたどってみる
結構、この町で買い物したことがあるな

ここはもちろん館林城があった場所
かなり昔は町の中心部だっただろう
今でも市役所があり中心部なことは確かだ


参考 館林城〜余湖さん
[ 投稿者:jun at 08:25 | 館林紹介 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2009年09月16日
木戸町の歴史看板
ochiaibashi

以前も紹介したが
木戸町の歴史看板
今回は「落合橋」
市内から足利へ向かう途中
国道50号手前にある橋だ

町角で「旧町名」の由来や
茂林寺で「分福茶釜」の看板が見受けられ
歴史のある町の雰囲気がますますでてきた

木戸町の歴史看板も素晴らしい
これだけあると他地区よりも歴史のある地区と感じられる
もちろん他地区にも歴史看板があればまたちがうのだろうが

ところで落合橋
歴史がある!
源義経と吉次という人が落ち合った場所だから
落合橋(当時の落合橋は下流へ500m)というらしい
また
吉田松陰がこの橋を渡って
大手門(現在の三角公園)まで着たらしい

ぜひ他地区でも歴史看板を!
[ 投稿者:jun at 09:31 | 館林紹介 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2009年09月14日
インド料理
スポーツレーンの北側近辺では
最近インド料理店が増えた
3〜4店になっただろうか
これだけできると行ってみたくなる

折りしも
9月29日の館林市内の小中学校の給食は
インド料理だそうだ
「ナン」や「インドカレー」がでるようだ
給食いいなぁ〜

授業参観のときにでも
保護者も給食食べられるような
イベントがあればいいのに!

給食センターのブログ見ると
結構保護者の方々も
給食を食べられる機会があるようだ
[ 投稿者:jun at 08:03 | 一般 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2009年09月10日
館林雑感
第一小学校の体育館が結構解体されてきた。
新しい体育館で授業をするのを
児童たちも楽しみだろう。

茂林寺周辺に
分福茶釜の物語の看板が
たてられてる
町角でよく見られる
旧町名の由来や
木戸町の歴史看板などとともに
館林の歴史が
その場で感じられ
大変良い物と思う

最近中学生の職場体験があったようだ
買い物に出かけると各お店でみかけられる。
実際の「仕事」とは、どんなものなのだかがよくわかると思う。
お店の方も忙しい中、中学生を相手にするのも大変だろうが
社会奉仕活動として面倒みていただきたい。
[ 投稿者:jun at 09:40 | 一般 | コメント(0) | トラックバック(0) ]