掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

2009年01月30日
小児患者受け入れで
『前向きな返事得た』 館林市長 小児患者受け入れで〜東京新聞

厚生病院の小児科医問題もだんだんと先が見えてきたようだ。
相手方の好意に甘えず、館林も誠実な態度で対応して欲しい。

一方で「両毛」というキーワードの重要性も高まってきた。
参考:当ブログ「日本初の特別市はどうだろう」

[ 投稿者:jun at 10:47 | 館林ニュース | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2009年01月23日
ガソリン安いですね
ガソリンが安くなった。
だからといって、無駄に使ってはいけない。
(年末年始、少々使いすぎたかも)
安くなった今も、節約のクセをつけてるかたは多いように感じる。

ところでガソリンランキングサイトのブログパーツ↓↓↓
館林まあまあ安いのかなw

続きを読む ...
 
[ 投稿者:jun at 13:57 | 一般 | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2009年01月19日
法務局跡にはこれをつくってほしい
一中前の法務局跡を通ったら、やはりのこと跡形もなくなってた。
厚生病院も小児科の常勤医が撤退されるようで、館林もいろいろな意味で過疎化してくる。
産業都市ばかり優遇してて良いのだろうか?
産業都市というのは産業が衰退していけばどうなるのだろうか?
夕張市など良い例なのでは?
文化都市として実直にやっていこうとしている館林をないがしろにしててよいのだろうか。

ま、それはさておき、法務局跡には何か予定されてるのだろうか。

何も予定が無ければ「体育館」的施設がよいのでは。
伝統ある「一小=一中」地区のシンボリックな場所である。
新たな武道館でもできれば、「将来の館林」への精神的支柱ともなろう。

小中生のためのダンス教室もあればよいと思う。
一階ロビーには将棋喫茶。
テーブルがみんな将棋やチェスの台。

携帯ゲームの持込みもOK。
ただし、一年を通して「先生」が提示する1個のゲームしか使用不可。
徹底的にひとつのゲームを一年間やりこむのだ。
学期末ごとにレポートを書かせる。
そのひとつのゲーム以外は「かんけり」のみ許される。

全て無料。
市民ポイントを使う。
毎月定期的にポイントが加算され、まつりやボランティア参加でさらに加算される。

各「先生」もボランティア。←虫が良すぎかw
[ 投稿者:jun at 11:32 | 一般 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2009年01月16日
館林はつつじのナンバープレートか
ナンバープレートに名産「サクランボ」 東根市〜河北新報
実にかわいらしいナンバープレートだ。
館林もナンバープレートをデコれるものをいっぱい持ってる。
つつじか
茶釜か
[ 投稿者:jun at 22:47 | 一般 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2009年01月15日
プラごみ分別
館林市:プラごみ分別、年間1027トンに 当初の目標上回る /群馬〜毎日.jp

館林市の予想を上回り、館林市民の苦労の結果が表れたようだ。
まじめに分別している館林市民。
これからもその苦労を無駄にしない処理を市に期待する。

また、インフルエンザが館林で特に流行してるらしい。

群馬県全域にインフルエンザ注意報〜MSN産経ニュース

インフルエンザ流行レベルマップ〜国立感染研究所
[ 投稿者:jun at 23:42 | 一般 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2009年01月09日
館林の市長って楽だな
人は城なり(城壁がうすっぺらだけど城壁に頼らない城)-館林
でかい城(要塞のような城)-太田

市報の市長の年頭のあいさつの公約は結構実現不可能なことではない。
すでに館林は観光資源が豊富で、農業のレベルも高い。歴史もあるし、館林の歴史は人々にとって興味深いものが多い。

産業や人口の発展はテキトーで良いと思う。
昔から館林はそういうのは好きじゃなったんだと思う。
産業や人口の発展にかなり貢献しそうな(例えば鉄道とか)ものが入ってくるものなら、かなりの反対があったことを聞く。
そのせいで経済的な発展はかなり太田に追い抜かれたが、かえってそれで良かったんだと思う。

隣の太田市は「ハコモノ」にカネをかけているが、館林はハコモノには比較的カネをかけてない。
太田市はハコモノをつくったらそれっきりだが、館林はハコモノはつくらないが、市民の継続的な活動に頼ってる。子育ての活動関連のブログでそんな話聞いた。
下町夜市などもいい例なのでは。市民の活動に頼りきってる。
館林は「小路」「景観(駅舎や観光地)」にカネをかけている。賛否があると思うが、無駄なハコモノにカネをかけるよりはマシだと思う。 
日本に名をはせる文化の薫り高きまちへとつっぱしってほしい。

例えば太田市が1万人収容できるネットカフェをつくったら、館林はかつての紙芝居のようにインターネットを市民に人海戦術で見せまわろうするんじゃないかなと感じる。
[ 投稿者:jun at 12:09 | 一般 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2009年01月07日
市長の年頭あいさつについて③四季型観光都市
四季型観光都市。
これは推し進められそうだ。

春の「桜とこいのぼり」と「つつじ」。
これは強力だ。全国的に知られてる。
もっと強くしてもらいたい。
ネット上でもいろいろできそうだ。
花山を取り上げたブログのコンテストやるとか
ミス館林と市長の「つつじの期間限定ブログ」やるとか。

多々良沼の夕景も有名だ。
景色の良い小路・歴史小路も順調に進めてもらいたい。

また、既にやってる努力の再評価も必要だ。
木戸町の歴史看板や田中正造記念館など。
[ 投稿者:jun at 22:59 | 一般 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2009年01月06日
プラスチックゴミの分別
1月の市報の市長の年頭あいさつは結構評価すべきものだったが、
プラゴミ問題の市側の答えは、納得がいまいちいかない。

分別したプラゴミが実際の所、どう処理されているのかが書いてない。

多分、こう思った人は少なくないだろう。

ご存知の通り、東京都ではすでにプラスチックは部分的に「燃えるゴミ」としてだせる。高温で処理すればダイオキシンを出さないそうだ。
そして、「燃やして」出てきた熱を発電に使う。これが、ある意味リサイクルなのだそうだ。
リサイクルというと再びプラスチックとして使うのかと思いきや、これもリサイクルなのだそうだ。

館林の焼却炉も確か高性能でプラスチックをダイオキシン出さずに燃やすことができる(高温で)ということを聞いたことがある。

館林市民がきちんと分別したものをどう処理しているのだろうか。

たとえ、結局燃やしてしまってても「結局、燃やしているのですが、次の段階を〜〜したいので(もちろん詳細な説明)現時点ではプラゴミの分別にご協力願います」とか言って欲しい。

[ 投稿者:jun at 21:07 | 一般 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2009年01月05日
市長の年頭あいさつについて②商品開発
市長の年頭のあいさつのなかで、経済対策がある。
工業団地の造成と農業。
工業団地の造成は赤生田でやってるし、
館林の農業のレベルは高い。
これらの公約は容易なのでは。
新規就農者については、こだわりをもってやってほしい。
これからは農業が流行るという説はよく聞かれるし。

「館林」を売り出すには、市長の年頭のあいさつにもあるように「新商品の開発」が近道だろう。
すでにある「茶釜キティー」ももっとアピールしたい。
宮崎の「マンゴー」みたいなのも欲しい。
今、進んでるのは「シークワサー」だろうか。
知人の話によると「ドラゴンフルーツ」もありえそうだ。
やはりマンゴーがいい。
南国「館林」で「マンゴー」ができればかなりの話題になるかもしれない。
鷲宮神社は、らき☆すたで盛り上がった。
館林も不可能ではない。
館林出身の有名人にアニメ界の大物がいるし、イラストレータもいる。
館林見晴はもう古いかw
[ 投稿者:jun at 19:07 | 一般 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2009年01月04日
市長の年頭あいさつについて①やさしさ・思いやりと活力のあるまち
今年の市報の市長の年頭あいさつは興味深かった。
結構良いことが多く書かれている。
まちづくりに関して。
観光や農業がすでにレベルの高い館林市であるからこそ、まちづくりは他市に比べて困難ではなさそうなのもある。
まず「やさしさ・思いやりと活力のあるまち」。
そう、今後の「まち」というのはこうでなければならない。
産業の発展は隣の太田市に圧倒的に差をつけられている。
そんな居直りもあるのだろうか。
太田市の産業の核である、スバルと三洋電機は陰りが見えた。
そのスキをねらってともいうべきか。

やさしさ・思いやりと活力のあるまち

これを示すのには手っ取り早いやり方がある。
(たとえショーでもよいから)市長が率先してまちに立って、横断歩道で児童たちの交通整理やお年寄りの誘導を行い、下町夜市でお客さんの呼び込みなどをやるのはいかがと思う。


[ 投稿者:jun at 22:06 | 一般 | コメント(0) | トラックバック(0) ]