掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2008年01月29日
梅が咲きはじめました
20080129103432DorJAreO.jpg

新聞につつじが岡公園の梅が咲いたとあったので、行ってみた。
新聞のは鶴生田川沿いか。この写真は花山のほう。
ところで、新聞のこの記事のとなりに合併の記事があった。
邑楽郡5町とは無理でしょう。
もしやるなら大泉町に事務所を設置するぐらいでなきゃ。
逆に太田市の方から「新市名は館林でいいから合併しよう」なんていわれるかも。
太田市に吸収されて館林がなくなろうとも、私は今のうちから「館林」の魅力をブログで発信し続けるのである。
[ 投稿者:jun at 21:15 | モブログ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年01月26日
小館林論
合併「第2幕」加速〜MSN産経
旧合併特例法下で合併が実現しなかった館林市は、安楽岡一雄市長が19年4月の市長選で、邑楽郡5町との合併推進を公約に掲げて初当選。ただ、同郡の大泉町では、隣接する太田市と生活圏が一緒なため、両市町の議員が合併に向けた合同勉強会を開くなどしており、最終的な着地点は見いだせていない。

現在の合併特例法が21年末に切れるため、新たな合併の動きがみられてるようだ。
館林は邑楽郡地区全体の合併を考えている。
無茶な話だ。
産経ニュースにも書かれてあるとおり、大泉町とは無理。
館林は「大館林」というおおふろしきを掲げるよりも、小館林でやったほうがいい。
両毛5市の統合市場も白紙になったではないか。
合併は板倉・明和とのみでよいと思う。
あるいは館林単独のままでも。
まわり中が太田と佐野に囲まれようとも、独自のものを日本中へ発信する力が館林にはあるはずなので「生き残れる」と思う。

そのためには先日書いたようなこと。
ネットを使って「館林」を十分にアピールすることも大いに含まれる。
[ 投稿者:jun at 22:54 | 一般 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年01月25日
昭和な館林
太田市はいうまでもなく先進的な市だ。
産業も素晴らしい。
しかし、中心部商店街活性については館林の方が元気があると思う。
もう、商店街というのは消えゆく運命なのだろうか。
先日、テレビでリカちゃん人形の特集があって、そこでリカちゃん人形を再度売っていくに「昭和のイメージを払拭したい」とあった。それで売れるかもしれない。あるいはリカちゃんというのは昭和なイメージが良いかもしれない。それはわからないが。

太田市は21世紀型の街になっていくのだろうか。

館林は「商店街よ今、一度!」でやってもらいたい。
館林は昭和のイメージ引きずってよいと思う。
中途半端になって批判されてもこだわるべきだ。

中心部商店街を活性化しようと両市はしているが、意気込みは館林の方が全然「上」だ。
[ 投稿者:jun at 23:15 | 一般 | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2008年01月24日
館林よもっとネットを活かそう
群馬県で最初に県内に本店を持つ銀行は館林にできた。
近代谷越町商店街創成史秘話〜館林まちなか情報Map
館林を検索してたら、このことに関する本が出たところからまちなか情報Mapにたどりついた。まちなか情報Mapはたまにしかチェックしてなかったので、気がつかなかった。今度からもっと行かねば。

館林は結構先進的なことをやってきたが、現在では近隣でいうと太田市にだいぶ水をあけられた。当の太田市など館林は相手にしてないw

しかし、ネットでは館林の方が先進的になれる可能性が高い。今のうちだ!!

館林の豊富な観光資源。これをネットで活かせば何倍にもなろう。
[ 投稿者:jun at 22:47 | 一般 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年01月18日
だるま市
20080118171315mNIgLuBa.jpg
今日は初市だった。
店がいっぱい出てた。
夏のまつりより出てるきがした。
道がせまかったからか、
ここ最近と比べると活気が感じられた。

みなさまはどうでしたか〜


[ 投稿者:jun at 20:43 | 館林紹介 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年01月15日
からだ巡り茶CM一部変更
館林美術館で撮影された「からだ巡茶」のCMの一部が変更されたらしい。
広末の「ブラジャーが…」CM 消費者から「不快」指摘で変更〜J-CASAニュース
今年に入ってから変更したものが流れてる。

しかし、いつみても館林美術館は美しい。

[ 投稿者:jun at 22:37 | 一般 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2008年01月08日
観光立国
観光庁が今年の秋、新設されるらしい。
これを機に観光都市・館林もいろいろやってほしい。ていうか、たしかにやっているが。

最近の若者は保守的で、旅行も国内旅行が多くなってるときく。館林もネットでアピールするべきだ。
検索されやすいブログで発信したり、るるぶ等のSNSに館林観光の出張所を設置するようなことをして欲しい。
そして館林を撮った写真を募集する。

ブロガーというのは「ブログネタ」に困ってるから、館林がこうした募集をかければ、今まで館林のようなところに興味が無かった人たちも「ブログネタ」に写真を撮りに来るかもしれない。
毎年つつじの時期に「館林に来たよ」という市外の方のブログを見るたびそう思う。

こうした試みがネットで話題を呼び、メジャーなところが取り上げてくれれば、かなりのものではないだろうか。

一年中、観光客を呼べるまちを目指すのもよいが、まずは「つつじ」をもっとアピールしてはどうか。ここのところゴールデンウィーク中の来客数は20万人ぐらいだったが、「つつじ」でもっと上をねらいたい。

今のうちからブロガー達の心理をとらえる方法をやってみてはいかがと思う。
[ 投稿者:jun at 23:03 | 一般 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年01月01日
謹賀新年
今年もよろしくお願いします。
ゆきあたりばったり出会った館林の日常や
なにげないことなど
今年もゆるりと館林を見たいと思います。
[ 投稿者:jun at 22:03 | 一般 | コメント(2) | トラックバック(0) ]