掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2007年01月31日
カルピス工場売却
新聞を見ると
多々良沼マップ5000部作成、好評
とある。どこで配ってるのだろう。見てみたい。市役所かな。

文化財で消防訓練
武鷹館での消防訓練が写真で出てた。館林城もそうだったが、文化財を守るため頑張っておられる。


カルピスと味の素、カルピス味の素ダノンの保有全株を仏ダノンに売却〜ロイター
群馬県館林工場の土地・建物も同社に売却することで・・・


館林工場がダノンジャパンに売却されるらしい。ということは長年親しまれた「カルピス工場」という名前がなくなるのだろうか。心配だ。

カルピスのブレスリリース
[ 投稿者:jun at 22:53 | 館林ニュース | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年01月29日
多々良沼の白鳥激減
ブログ検索していると、ここのところ館林関連はいまだ「多々良沼」が多い。白鳥の画像と話題だ。しかし、先日の読売新聞群馬版を見たら、今年飛来している白鳥は例年よりかなり減っていると言う。これはまた非常事態かと思いきや、市役所によると「暖冬の影響」らしい。白鳥たちはあまり南の方まで来なくてもすむようだ。そんななかでも毎年つづけてきている白鳥も確認されてるらしく、はるばる館林まで来ていただきご苦労さんです。

ところで今、ネット上では「893239」が話題だ。語呂合わせで「やくざ23区」。23区の特徴を活かして「やくざ」が様々な分野の監督によって描かれている。その一端をYou Tubeで見ることができるらしい。

参考:Wikipediaによる893239

NTTでも動画共有サイトがある。Clip Life。
その動画を流し続けるブログパーツがある。これ↓↓↓。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:jun at 22:25 | 館林ニュース | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年01月26日
逆に「買い」だ
テレビを見ていて、二つの食品に関する事件があった。一つは納豆。しかし、納豆好きな人にとっては安売りの機会が増えて結果オーライだろう。納豆はいうまでもなく、良い食べ物であるから、これを機会にもっと食べられてもいいのではないか。もうひとつは不二家。店先から撤去しているところはおおい。しかし、市内にまだ置いてあるところがあった。すかさず買った。ミルキーとか、菓子の中では、「定番」なのが多い。無くなる前に買い集めねば。注意!!みなさんがやるときは個人の自己責任のもとでやってください。私はは責任持ちません
[ 投稿者:jun at 13:59 | 一般 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年01月17日
館林のつつじ
つつじまつり:館林観光協、ポスターを配布 /群馬〜MSN毎日
館林市観光協会は11日、「07年度つつじまつり」(4月14日〜5月15日)のポスターを館林駅など東武鉄道沿線各駅や市内の公共機関などに配布した。


館林ファンblogをご覧で館林のつつじをまだ見てない方々。館林のつつじを見たことがあるでしょうか。こんなにすごいんですよ。

9Ib30n10.jpg

館林市ではつつじの最盛期であるゴールデンウィークに向けて、観光客確保の第一弾としてポスターを配布した。
「発展より目立つ館林」を目指すブロガーもこれを支援しようよ。ブログに館林のつつじの素晴らしさを紹介してブログがきっかけで観光客増がねらえればと思う。
去年は観光客目標25万のところ21万だったと記憶している。今年は30万ぐらいいって欲しい。

rzSEnrZP.jpg

「HPでつつじ観光客キャンペーン」というのをバナーをつくって館林市で先頭切ってやってほしい。
市と市民(目立つ館林好きな市民)合同で盛り上がりたい。

nFhJA6QP.jpg

あすは館林市の「初市」。
仕事がある方が多いでしょうが、行かれる方いますでしょうか。行かれた方、ご報告を!



[ 投稿者:jun at 13:46 | 一般 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年01月15日
Wiiを館林で手に入れる方法
任天堂のWiiが大人気で館林でもなかなか手に入りにくい。
Wiiの魅力は最新のソフトに良いものがあることもさることながら、リモコンを使ってテニスとかできることだろう。Wiiはあらゆる世代をターゲットにしており、シェアはかなりのものになると予想される。
ネット上のコンテンツをWiiチャンネルの一つとし、今のところ「お天気チャンネル」がある。今後ユニークなものが出てくるのが期待される。

そんなWiiの入手方法。といってもあまりあてにしないように。責任はとりません。

今までは朝早く並んで手に入れる方法が主流だったが、最近では日中、散発的に売り出していることが多いようだ。主に週末の午後。その時間帯にお客さんに店に滞留させることも目的だろう。
いろいろな話を聞くとほとんどの店でそのような販売の仕方をしているようだ。
だからといって、張り付いてばかりいると一日を無駄にして終わってしまう可能性も高い。

週末、ビデオを借りるとかのついでで、行ってみたら「あった」ぐらいの感覚でいるぐらいが適切だ。土日が休みの方なら一日3店舗以上まわることはしないよう勧める。
[ 投稿者:jun at 06:22 | 一般 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年01月13日
向井千秋さんのドラマ
重力の法則に逆らわぬまま「日常的なモノ」がポトンと、我々が見ているテレビの画面に転がってくる。
全編にこのシーンが印象的にちりばめられていた。


1/12(金)、向井千秋さんの自伝的ドラマ
女の一代記『向井千秋』夢を宇宙に追いかけた人
が午後9時からやっていた。

ちびまる子ちゃんの子役で有名になった森迫永依が向井千秋=内藤千秋の幼少時代を演じた。
緑のランドセルの逸話は有名だ。
昭和30年代の館林のメインストリートがでた。まだ私は当時生まれてなかったので
「こんな感じだったんだ〜」と見てた。
映画「三丁目の夕日」にも劣らぬ昭和30年代のセットを使ってる。すごい!
かばん屋「ベニヤ」のセットが時代によって変わっていくのも良かった。80年代から店先の看板の電話番号の局番も「2」から「72」に替っていた時代考証に驚き。
さらに、公園のシーンを見て、「これは三の丸公園を再現してるのでは!」と驚いた。動物のいる公園。これは三の丸公園以外他ならない。
うどんの館林の地だけあって食卓のシーンではうどんを食べるシーンがかなりあった。しかし、「館林人はあんなに太い麺は食べないよ」とわが妻は言った。館林のうどんはみな細い。
1986年のシーンでもメインストリートは狭いまま。しかもバスが走っていてバスの車体には「館林新聞」。館林のトリビアとしては、当時全国で唯一、バスの走ってない市だったのです!しかし、つつじの観光案内とか細かい芸には館林市民としては感謝。

館林での視聴率は、かなり高いものがあったのではと想像する。どの家庭でも登場人物の話題で持ちきりだったのでは。「この人ってこうだったんだよ」「喋り方!特徴つかんでる!」「昔っからこんな感じだったよ」とか。これらの登場人物を直接知ってるとか、知人の知人とか多いだろう。

しかし、私は仕事の疲れか、ドラマの終了をあと30分待たずしてウトウト寝てしまった。感動的なケネディ宇宙センターでの家族の見送りシーンとか見られなかった。かなり残念だった。しかも、「モノ」がポトンとテレビの画面に転がってくるシーンの意味もわからずじまい。たぶん彼女の新聞でのコメントの
「人生を変えるきっかけというものは、日常茶飯事のいろいろなところに転がっている」
ことからか。宇宙飛行士募集の新聞もテーブルに転がっていた。と思ってたら
女の一代記『向井千秋』夢を宇宙に追いかけた人〜【日々の未来】徒然なるままに・・・
ところどころで、いろんな物が落ちている描写があったけど、あれは最後に向井千秋が、宇宙飛行士になって一番感動したのが、地球の重力という前ふり。

だそうだ。

館林のロケも行われたのかも確認できなかった。少なくとも寝てしまう前までは一回も出てこなかったように思う。新潟でロケが行われたらしい(〜新潟フィルムコミッション)

当ブログは「館林ファンblog」と銘打つだけあって、「向井千秋の生き方」とかよりも館林の内容だけになってしまった。その編は後でということで・・・。

館林の方のこのドラマに対するブログを集めました。
hanaの「あっ、好い音みーつけたっ!!」 さん
Buen trabajoさん
Angelicaの楽しくアロマさん

ベニヤさんのカバン。さすがに緑色のランドセルはないのでしょうか。お父ちゃまのコメントもあります。当ブログの紹介もありますが、自作自演ではありませんw

このドラマを見たら行ってみよう!
向井千秋記念子ども科学館

現在のメインストリートはこんな感じ。左の端先にベニヤがある。
79mEItmJ.jpg
昭和30年代は、ドラマのようにこのストリートには活気があったと想像する。
[ 投稿者:jun at 07:54 | 館林の有名人 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2007年01月11日
1月11日
いよいよ明日午後9時から
女の一代記『向井千秋 〜夢を宇宙に追いかけた人〜』 が放映される。館林が何かしら映ってるのを期待だ。

館林市の禁煙教育 参加者たった1人〜上毛新聞
 禁煙を支援するため、館林市が実施している禁煙個別健康教育の参加者が本年度、わずか一人だったことが分かった。

面接日が限られてたことがネックのようだ。失敗は成功の素!

くちばし変形コハクチョウ 家族と飛来 〜上毛新聞
 上くちばしが先端から三分の一ほど上に曲がっているコハクチョウが、館林市と邑楽町にまたがる多々良沼にこの冬も家族とともに元気に飛来し、市民の関心を集めている。

ガバ沼に行ったら注意してみてみよう。

日赤の移転〜ちょっとひと言(足利市長ブログ)
年も押し迫って27日に日赤移転について土地の無償貸与を記した覚書を取り交わした。

競馬場跡地に移転か。新しくなることは両毛地区の人間にとっても大歓迎だ。
[ 投稿者:jun at 22:08 | 館林ニュース | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年01月10日
城沼の白鳥
多々良沼には多くの白鳥が飛来しているが、城沼にも白鳥はいる。岸に上がって毛づくろいしていた。
だいぶ近寄れた。

100-0006_IMG0001.jpg

館林市民は白鳥が毎年やってくるのを知ってるので、できるだけそっとしてやっている。だからこそ白鳥が館林に飛来する数が増え、こんなにも近づけるのだろう。

話は変わるが、聞くところによると納豆が大売れだそうだ。どこの店行っても、夕方以降は売り切れの店が多い。メーカーの生産が間に合うころまで、ブームは続くだろうか。納豆が「やせる」ことに大きく役立つらしい。そういえば私、よく納豆を食べるのですが、太らないんですよ。おっ。これって効果が出てるのかな(笑)。
[ 投稿者:jun at 23:52 | 館林紹介 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

群馬県知事選挙の年
今年は地方の選挙の年。群馬県知事選も7月に行われる。こういった選挙にブログはどう影響するのか。立候補者のブログ、選ぶ側のブログ。今年については、そんなに影響はしていかないだろう。しかしブログならその人の考え方が羅列されてわかりやすく、(あまり忙しい人でなければ)やりとりもできていいのではと思う。やりとりといっても、なかにはいい加減な書き込みをする人もいてそういう対策に苦慮するのだが、多くの書き込みの中で、コメントしたいのだけするスタイルも大きなブログではよくあるスタイルである。その辺の対策というのは検索すれば結構ある。

ところで太田市長のブログでも群馬県知事選への意欲ともとれる内容がここのところ出てる。「群馬は栃木に水をあけられた」のところでは、群馬と栃木の数値を比較し、ライバル県ともいえる栃木を越そうという数値目標とでもいうべきものが掲げられている。単なる数値が並べられているが、これをひとつひとつクリアしていこうという、かなり具体的な内容でもある。これをひとつやっていくにもいろいろとやらなければならないことが多い。
[ 投稿者:jun at 06:31 | 一般 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年01月08日
弁天渕
足利へ行く道で国道50号手前当たりで、矢場川を渡る所の橋を「落合橋」という。そこから土手づてに常楽寺へ向かう途中、木戸の歴史案内の看板がいくつか見かけられる。その中で「弁天渕」という看板があった。

200601080001.jpg

源頼朝に近い足利義兼の逸話が書かれている。私も知らなかった館林の歴史がこんなところで見つかるとは何とも不思議な気分だった。しかも源頼朝に関係する話だ。

足利へ行く道中、木戸町辺りで「亀田鵬斎記念館」というのがある。ここの飯島栄一郎氏の尽力で木戸町の歴史看板があることを聞いた。看板が無ければ何も感じないが、看板のおかげで木戸の歴史に触れた気がする。

参考URL:木戸氏〜播磨屋さんのサイト
[ 投稿者:jun at 13:21 | 館林紹介 | コメント(0) | トラックバック(0) ]