この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

2006年05月31日
倖田クマ
kodakuma1.jpg

一応ファンサイトの管理人やってるのだが、最近の倖田來未はどーも遠くに行ってしまった感じでファンとも言えなくなってきてるな。いろいろ言いたいことはあるのだがそのへんはいつの機会にか。
で、気づいたら「倖田クマ」なるキャラクターができてるのね。洒落?
ま、なんとなく可愛いのでついつい秋葉原のゲーセンでゲット。この二種類の他に無地ピンクのヤツとヒョウ柄のヤツがあったが取れず。

kodakuma2.jpg

↑フードが脱げて髪の毛も見えるわけだが…中身は人間って設定か!
このぬいぐるみの他にキーホルダーになってるマスコットとかバスタオルなどがあった。情報によるとピンバッヂとかポーチとかもあるらしい。芸能人もこーいうキャラクター商品になれば一人前だね〜
[ 投稿者:noBoo at 11:24 | オモチャ | コメント(0) | トラックバック(1) ]

2006年05月30日
恒例の名義変更
meigi1.jpg

忙しくて行く暇なくて延び延びになってた190Eの名義変更にやっと行って来た。
ここんとこ毎年この時期にここに来てる気がするよ。実際そうなんだけど。
国土交通省間等運輸局 埼玉運輸支局 というところね。ま、普通はクルマ買った店の人が代行で来てくれるところなんだけど、俺はもはやすっかり慣れた。
ここで俺んち近辺在住の人のためにサルでも出来る名義変更講座!

ここに行く前に車庫証明取っていかないとなのだ。車庫証明は最寄りの警察署で印紙代3100円で取れる。申請後3〜5日くらいかかる。で、無事車庫証明取れたらソレと印鑑証明と実印、クルマの前の車検証や譲渡証明などを持ってココへ。

meigi2.jpg

↑まずはナンバーセンターってところで書類作成。自分でも書けるが代書の人に書いてもらうのが簡単。3000円ちょっとかかる。空いてればすぐできる。

meigi3.jpg

↑できた書類を持って別棟の移転手続き窓口へ。ここで車検証とか作ってもらう。実にお役所仕事っぽい。今回はちょうど昼休みの時間だったのでその時間は窓口閉まってるのだ。交代制にしろよ〜

ここで待ってたら並んでるオジサンがケータイで話してるのが聞こえたのだが…会社からの電話の様子。何気なく聞いてたら…
オジサン「あ、今リクジにいるんだ。もうすぐ帰るから」
リクジ??ここは陸上自衛隊だったのか???
いや、陸運事務局とかそーいう略なんだろうけど…

で、できたら名前呼ばれるので書類持って、クルマのナンバーを外す。この作業が何だか楽しい。外したナンバーと書類を持ってまた先ほどのナンバーセンター窓口へ。新しいナンバーを1480円で買う。好きなナンバーが欲しい場合は事前に予約が必要なのだが俺はどーでもいいので成り行き。
新しいナンバーをもらったら自分でクルマに取り付けてボンネットを開けて係員をその場で待つ。ボンネットを開けとくのが係員への目印になるのね。で、係員の人が来てボンネット内の車両番号を確認してナンバーに封印をしてくれて、車検証を渡してくれる。これでおしまい。晴れてクルマが俺のモノになったわけだ。
けっこう簡単。これで代行料金取られるのはもったいないよね。時間ある人は自分でやってみよう!コームインのお姉ちゃんもけっこう可愛い娘いるしね♪
[ 投稿者:noBoo at 11:01 | マシーン | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2006年05月29日
何代目かのZIPPO
zippo.jpg

俺は圧倒的にオイルライター派なのだ。大学の頃は片岡義男の影響でイムコなんぞも使ってたのだが、やはり耐久性と存在感ではZIPPOであろう。
というか、ガスライターのガスがどうもうまく入れられないのよね。あれってイマイチ入ってるかどうかわかんなくね?
で、ZIPPOは永久保証なはずなんだけど、なぜか俺の場合すぐ中の板バネ部分が壊れてしまうのだ。折れるっちゅーかね。たぶん手入れしないからだろーけど…
そんなわけで新しいヤツをドンキホーテで購入。ZIPPOに関しては(というか最近何でもだが)高い金出す気にはなれん。シンプルなのが一番だ。これは昔の復刻版らしく現行モデルとはややデザインが違う。なんとなく気に入った。
しかしZIPPOのオイルは高いな。石油ストーブ用の灯油で代用しとくかな。
[ 投稿者:noBoo at 10:51 | オイシイ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2006年05月28日
Aria Pro II Super Bass
aria0.jpg

ついついヤフオクで落札してしまった。
アリアプロIIのスーパーベースってヤツである。現行SB-1000のジョン・テイラーモデルの80年代バージョンだな。たぶんデュランデュラン全盛期の頃のモノであろう。海外で人気機種になったものだ。
このモデルは元々欲しくて、デザインとか俺好みだったのだが現行品の定価は15万とかするし中古市場にもあまり出ないので買うまでには至らなかったのだが、久々にヤフオクでベース見てたらかなり破格値で出ててしかも予想以上に安く落札してしもたよ。あまり人気ないのか。
で、届いてみたらけっこう綺麗でびっくり!20年前の楽器とは思えないボディの光沢だしネックも反ってない。フレットもあまり減ってないし、ほとんど弾いてなかったと思われる。こりゃーかなりお買い得であった。嬉しい♪
80年代と言えば世界的に音楽界がピークだったと言ってもいい時代。日本の楽器メーカーも飛躍的に進歩した時代だ。それまで海外メーカーのコピーでしかなかったものが、徐々にオリジナルモデルを開発してそれが海外のメジャーなアーティストに使われて世界的に有名になっていった時代。言わば日本製の楽器が一番燃えていた頃ではないかと。なので今見ても作りがしっかりしてる感じがする。

aria1.jpg aria2.jpg


ちなみに現行SBシリーズはアクティブなので当然コイツもアクティブか?と思ってたがキャビティ開けてみたら電池が見えない。パッシブなのか?コントロール系も現行品とは違う感じなので操作がまったくわからん。俺の苦手なミニスイッチとかついてるし。
しかし俺的には初のスルーネックだ。とにかく作りは美しい。実際弾いてみると、まず気づくのはネックがいい。ナット幅がけっこう広めなのが俺好み。ブリッジ部分の弦間は狭めなので、ブリッジからナットにかけて、弦間がほとんど変わらないように見える。よってハイフレット側もかなり弾きやすい。

aria3.jpg aria4.jpg


ナットはブラス製で、とくに解放弦を弾いた時の感じは金属的でサスティーンがいい感じ。指板はエボニーで、音の立ち上がりがかなり鋭い。
ボディ材はアッシュである。全体的な重量はかなり重め。このへんも好み。アッシュボディ+エボニー指板+ブラスナットってことで相当固い音が出ると予想はできるんだけどね。ボディの鳴りもそれっぽい感じ。とにかく硬質な振動が伝わってくるのだ。
総じて、相当気に入ってしまった。最近自作のベースばっかり弾いてたせいか、よくできた楽器というのはほんとにイイな!と当然ながら感じてしまった。まだまだ自作は甘いのだな。
早くスタジオでデカい音で鳴らしてみたいものだ。奇しくもここんとこパッシブの魅力ってヤツを認識しはじめてたところ、偶然にもオールド(まあ20年そこそこなんだが)のパッシブベースを手に入れてしまったわけで。
[ 投稿者:noBoo at 03:50 | オンガク | コメント(13) | トラックバック(0) ]

2006年05月27日
190E写真集
190-1.jpg

近所の広い駐車場で愛車の写真を撮る。
まぁアレよ、自己満足以外の何者でもないのだよ。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:noBoo at 03:44 | マシーン | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2006年05月26日
アクビちゃんのツボライター
akubi_lighter.jpg

以前ハクション大魔王のツボ型ライターを買ったとここに書いたのだが、今回立ち寄ったガストでそのアクビちゃん仕様が売ってたのでちょうどライターを忘れたこともあり購入。
前のハクション大魔王のも実用としてはほとんど使ってないんだけどね、インテリアというかフィギュアとして置いとくだけでも充分なのだ。
ちなみにアクビちゃんのは、大魔王のものより小さいのだ。そのへんのスケールも忠実なのか。
[ 投稿者:noBoo at 03:39 | オモチャ | コメント(0) | トラックバック(1) ]

2006年05月25日
暴れん坊も丸くなる
Red_Hot_Chili.jpg

そういえばレッチリのベーシスト、フリーもベースマガジンのインタビューによると最近はオールドのFenderジャズベースを使ってるということだ。
フリーと言えば昔はミュージックマン・スティングレイがトレードマークで、最近ではモデュラスのシグネチャーモデル(これもほぼスティングレイ仕様)になってアクティブドンシャリってなイメージだったんだけど、オールドフェンダーの音に惹かれたとか。一通りアクティブのベースを弾き込むと、パッシブのナチュラルな音が心地よく思えてくるんだろうね。パッシブはやはりボディの木材とか作りに大きく影響されるから、オールドほど音は良くなると思うしね。アクティブはやはりピックアップと回路の要素が大きいから楽器としての完成度というか味というものがわかりにくいかもしれん。
実際レッチリのニューアルバムはほとんどオールドフェンダーで弾いたそうだが、ジョン・フルシアンテのギターの音がやっぱり古臭い演出してるし、相性はいい感じだ。昔のブリブリしたベースの音とは全く違う、ナチュラルで自然な音がしてる。
俺は相変わらずアクティブ派なんだけど、やはりよくできたパッシブというのはいいもんだ、と昨日のセッションでも思ってしまった。昨日のジャズベもエフェクタは通してないし、それでも充分な音だったしね。
フリーっぽいという意味では、昔の印象が強すぎるので今回のアルバムのベースはおとなしめ、という印象はあるんだけど、全体的なアンサンブルがそうなってきてるから先入観を除いて聴けばとても自然なのだな。
やはり古い木材の音、というのは追求したいところかもしれん。
[ 投稿者:noBoo at 03:29 | オンガク | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2006年05月24日
ジャズベを堪能
fender_hartke.jpg

月に一度の新宿ライブたかのやでのフリーセッションの日。行かねばなるまい。600円(ドリンク代)のみで入場できて楽器弾き放題ってのは実に良心的である。
今日は雨で人少ないだろうな〜と思ってたらホントに少ない。6〜7人ほどしかいない。が、セッションに参加してる人は皆かなり達者な感じでしかもジャズセッション系っぽい人が多くちょっとビビる。
が、ほどなくいつもの仲間も現れて、ちょこっと参加してみた。今日は仕事帰りなんで自分のベース持って来てないので、ハコ常設のFenderジャズベース(↑写真)を借りてみた。持ち込みで持って来てる人は6弦ベースとかでとても手は出せん。
で、このジャズベがなかなか良いんでびっくり。俺正直あまりいいジャズベって弾いたことなくて印象は良くないんだけど、コイツはいい感じだ。アンプヘッドは俺の好きなHartkeとギャリエンクルーガーがあってどっちも捨てがたいんだけどより好みなHartkeを選ぶ。キャビネットはSWRだ。この組み合わせもイイんだろうが、出音がすごく良い。何だかゴキゲンだぜ。
初めて合わせるドラマーさん達とフリーなワンコードセッションを3つくらいやってみた。あまりセッション向けの曲を知らない俺はフリーでやる方がやりやすい。3つとも16ビート系のノリだったけど、ギターがロックっぽいんで面白い展開に。
いや〜なかなか熱くなってしまって楽しかった。初めて合わせる人とのフリーセッションってのはほどよい緊張感と探り合いみたいな感覚が心地よい。
[ 投稿者:noBoo at 03:17 | オンガク | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2006年05月23日
Jewelsお姉ちゃんとオソロ
sanrio.jpg

俺が応援する姉妹ラッパーHeartsdales。そのお姉ちゃん(Jewels)がサンリオのキャラクター、KUROMIに似てるというのをファンサイトの共同管理人であるエリーが言い出して、本人にグッズをプレゼントしたら実は回りのスタッフとか妹(RUM)からも似てると言われてたらしく喜ばれたとか。
で、俺が買い物途中にふとKUROMIのティッシュカバーを見つけて(もちろんサンリオ公式グッズ)エリーに写メしたら「買っとけ」という指示だったので購入。またJewelsにプレゼントなのだが、実はけっこう俺やエリーも欲しくなるいい感じのモノなのだ。

kuromi.jpg

ってことで、結局もう二つゲットしてしまった。俺はクルマの中で使おう♪…つーか俺自身がサンリオグッズなど所有するのは生まれて初めてだ…

エリーは今日柏までHeartsdalesのラジオ公開放送に出向き、無事Jewelsお姉ちゃんにプレゼントしたようで、早速Jewelsのブログに写真がアップしてあった。エリー名指しだし。光栄だね〜。だが見つけてきたのは俺だからね!そこんとこ伝わってるのか?俺の愛がこもってるのだよ。

jewels.jpg

↑お姉ちゃんブログから写真拝借…ごめんなさい…
[ 投稿者:noBoo at 03:10 | オモチャ | コメント(1) | トラックバック(0) ]

2006年05月22日
チョッパー軍団
chopper.jpg

クルマに乗って都内走ってたらチョッパーなバイクのツーリング軍団と行き会った。
珍しくない?それとも最近流行ってるのか?確か俺が小学生くらいの頃、チョッパー系のバイクは法律で禁止になった記憶があるから、その頃は流行ってたんだよね。今でもけしてやっていいものではないとは思うが… 違法改造で捕まらないのかな?

しかしかなりすさまじかった。フロントフォークの長い事!アメリカのまっすぐで空いてる道を走るにはいいと思うが、都内の渋滞の中では普通に乗りにくいだけのバイクなんじゃなかろーか。ポジションは相当寝そべってるし。
ま、好きずきだからいいんだろうけどね。見てるぶんには楽しいし〜
[ 投稿者:noBoo at 03:03 | マシーン | コメント(0) | トラックバック(0) ]