この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

2005年11月30日
ベースを弾こう
JazzBass2.jpg

昨日のエントリでもベース構えてるところは載ってるものの、最近ベース弾いてないよ。
仕事を別にして俺の今までのアイデンティティというか何やってる人?と聞かれた時はバンドでベース弾いてます、と答えてたもんだけどな〜、ちょっと前までは。
低音処も盛り上がってないし… いかんな。やはり主宰自ら頑張らないとな。
いや、弾きたいんだけどね。練習したいし曲も作りたいし、おいしいフレーズなんてのを研究したりしたいのだが。いかんせん自分のリーダーバンドが現在存在しないというのはモチベーションの維持にかかわるのだ。と言い訳。本来は自己啓発あるのみだが。

写真はウチの次男坊のベースである。元はフェンダージャパンの安いジャズベースなのだが、知らない間に様々なリプレイスメントパーツに交換してあって今や見た目はすっかり別物だな。面白いから紹介。

JazzBass.jpg

【主な改造点】
★ヘッドを黒く塗った(どうもFenderロゴが嫌いらしい)
★ヘッドに革の飾り(リチャード・ボナの真似らしい)
★エンドピンをジム・ダンロップのロックピンに
★ピックガードを透明のものに(アトリエZ風)
★ツマミをメタル製に(アクティブ風)
★プックアップをセイモアダンカンBass Linesに(生意気)
★ブリッジをバダス・ベースIIに(さらに生意気)
★自作牛角ロゴ(阿呆)

たぶん交換パーツだけで本体価格を上回ってるな。そこまでするなら最初からいいベース買えよと言いたくもなるが、ちまちまドレスアップしていくのが好みらしい。まぁなかなか「どこのベース?」という感じに仕上がっていて面白いけどね。つーか何故牛角なのか。
出音的には、ダンカンにしたことで多少太めの音になったみたい。
[ 投稿者:noBoo at 11:16 | オンガク | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2005年11月29日
髪が長いよ!
nobuandyumeca.jpg
大爺☆lovemode(嘘)

気がついたら(おせーよ)やたら髪が長い。
鏡で見ると前からだけしか見ないけどたまに写真撮られて横からだったりするとえらい長いじゃん!と気づく(おせーよ)
というわけで切りたいのだがここまで伸びるとなんだかもったいなくなってくるような気もする。
大学時代は腰あたりまであったメタル兄さんだったんだが(暗い過去)、なんか中途半端に切るのも切り立てが違和感あるんだよね。切るならバッサリだが。
なんか自分の髪型とかにかまってる色気もなくなってきたような今日この頃だが、周囲に不快感を与えるのは本意ではないのでそろそろ切ろう。

↑写真は11月23日の秋葉原歩行者天国だね。立花夢果のファンの方が撮ってくれたのだ。
[ 投稿者:noBoo at 22:50 | オシャレ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年11月28日
高貴なモビルスーツ
bigina1.jpg

最近何かとプラモであるが、まー俺の生きた証として残しておきたいだけなので気にするな。
つーことでオラ色に塗ったシリーズ、『F91』よりビギナギナである。
この作品に登場する敵MSはとにかく名前が仰々しくて良い。デナンゾン、デナンゲー、ベルガギロス、ダギイリス、などなど… さすがコスモ貴族主義を唱えるロナ家率いるクロスボーンバンガードである(知らない人には全く意味不明な単語続出)

bigina2.jpg

F91に出て来るMSはみんな好きだ。ストーリー的には相変わらず脚本というかセリフ回しが素人臭いのだが最後はなかなか良い。森口博子のテーマ曲も泣かせる。珍しく主人公機も大好きという作品だ。F91は歴代ガンダムの中で最小という設定で、ついに定番の1/144プラモは発売されなかった。あまりに小さくなってしまうからね。

bigina3.jpg

そんなわけでこのシリーズの1/100キットのサイズはなんとなくいい感じにまとまっている。このビギナギナはヒロイン・セシリー・フェアチャイルド(本名ベラ・ロナ)が搭乗する敵側高性能MSだが、すぐに味方側に寝返るという設定なので悪役っぽいディテールを持ちながらもどこか美しさを感じさせる。

bigina4.jpg

塗りは得意のメタリック+艶消しである。例に寄って設定色はピンクっぽいマット色であったはずだが、俺の印象はこういう感じだったのだ。グンゼの定番色シルバーはメタリックフレークが実に細かくギラついた感じにならず、艶消しを吹くとさらにアルミっぽい感触になって好きなのだね。
これもエアブラシ購入以前の作品だが、個人的に気に入ったキットである。F91シリーズは最近ほとんど店頭で見かけないのだが、機会があればもう一度作り直したいとすら思っている。
[ 投稿者:noBoo at 00:33 | オモチャ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年11月27日
秋葉原の歌姫たち
日曜恒例のアキバチャンネルのイベントに参加。今日も先週に引き続き受付を任されたぜ。すっかりスタッフ化している今日この頃。ま、楽しいからいいけどね〜
今回のイベントは、最近新結成されたアキバ歌劇団の出し物がかなりまとまってきた。だんだんいい感じになってるね。お客さんとしても、かなり華やかでいいもの見た!って感じだと思うよ。まだまだ改善の余地はあると思うが(って発言まですっかりスタッフ…)

さて歌劇団以外の歌ゲストを受付の席から撮ってみた。アキバを代表するシンガーたちとこれからアキバで活躍するであろう人たち。

keepers.jpg

↑こちらは今日初めてアキバチャンネルに来たKEEPERSというデュオ。歌とダンスはかなりのモノであった。けっこう完成されてるっぽい気がする。今日はとりあえず収録のみという事だったのだが、スタッフの評判は上々であった。

waragaya.jpg

↑歌ゲスト。まずは藁谷ショウコちゃん。秋葉原以外でも都内各所で積極的にストリートライブをこなす実力派シンガーである。歌唱力は抜群。衣装は和服にレースのスカートを合わせて白ブーツというオリジナルで個性的。実は所属事務所には実力派シンガー金子美香がいたりするのだ。

AYA.jpg

↑中央通り沿いにあるLove merciというアダルトショップから生まれたデュオLOVE merのAYAちゃん。相方の写真は撮れず。月一回、アキバチャンネルのみのライブであるが、曲はアニソン風でなかなか好きな感じ♪ダンスもかなり良い。

FICE.jpg

↑FICEは以前も紹介したが、以前秋葉原にあった通称ガンダムカフェから生まれたデュオ(というかバックダンサー?付き)。ステージはとにかく盛り上がる!曲も基本的にはアニソン風味ながら客席をノセることを第一に考えた曲作りはかなり秀逸だと思う。ライブを一度見られたし!

yumeca.jpg

↑立花夢果。今日の衣装はかなり(いろんな意味で)評判であった。一応メイドってことなのだが、どーみても裸エプロンだよな… 後ろからのショットはヤバかったので自粛。たぶん彼女の公式サイトにはアップされることであろう。

というか、この衣装で歩行者天国に出たらアッという間にすごい人だかりになった。折しも今日の秋葉原は警察の厳戒態勢だったのでものの20分くらいで注意を受け断念したんだけどね。おかげでアキバ系ブロガーの方々のブログには取材されなかったのが惜しい。また来週これ着てやるかな。

この他にアキバでは人気の崎谷来未ちゃんも出演してたのだが写真ナシ。R&Bっぽい楽曲とノリのいいステージで実力派って感じなのだ。
[ 投稿者:noBoo at 00:21 | オンガク | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年11月26日
まともなガンプラもたまには
gp030.jpg

『機動戦士ガンダム0083 スターダストメモリー』はなかなか好きな作品だ。メカ的にもストーリー的にも傑作の部類に入ると思う。ニュータイプではない主人公ってのも当時は画期的であった。
で、相変わらず適役もビルスーツが好きな俺だが、↑のGp03 ステイメンはガンダムとしては好きな方である。なんとなく主役機っぽくないところがよい。コイツはバカでっかい機械と合体して巨大もビルアーマー「デンドロビウム』になるのだが、それもヤケッパチ気味で好きだった。

gp031.jpg

Gpシリーズは、背中にイカツイ装備を背負った最初のガンダムである。俺がガンダムを好きか嫌いかは、実はこの背中にデザインがかなり重要で、このステイメンはなんだかかっこいいブースターがついてて好きなのだ。

gp032.jpg

ストーリー上、Gpシリーズという試作機は記録から抹消されたことになる。時代背景は1年戦争終結あたりからZが始まるあたり(ティターンズ結成がラストシーンに登場)で、宇宙で起こった忘れるべき事件ってことになっている。核兵器を装備したガンダムが盗まれた、という設定もなかなか興味深かった。

gp033.jpg

このキットもエアブラシ購入前に作ったので缶スプレー塗装だ。やはりベタ塗りは写真に撮るとあまり塗装したように見えんね。
ってことでエアブラシ買って練習のつもりで作ったモノも載っけとこう。これはガンプラ20周年とか何とかで発売当時の300円という価格を再現したRX78(つまり初代ガンダム)である。

RX1.jpg

さすがに300円だと可動も少ないんだけど、高級ガンプラで培ったシルエットなどは再現されていて塗装するとなかなか見た目は良い。ビームライフルはかなりショボイけどね。

RX2.jpg

エセMAX塗りであるが、これはちょっとやり過ぎだな。エッジが立ってるガンダム系のデザインにグラデーション塗装というのは本来違う気がするんだよね。実際にこう見えることはないはずだからね。

RX3.jpg

まぁうまく濡れてるヤツはそれなりにカッコ良く見えるんだけどね。特に写真に撮ると顕著だわね。
[ 投稿者:noBoo at 23:42 | オモチャ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年11月25日
アキバ路上デビュー(嘘)
nobu1123.jpg

俺もついにアキバ系ブログに写真が載るようになったよ!
…って、顔ボカしてくれてますが…
これは23日に恵比寿でライブやる前に仕事途中で秋葉原歩行者天国に行ったら偶然立花夢果がチラシ配りをやってて、俺ベース担いでたもんだからついつい即興で伴奏を… の図(ホントか?)
つーかシールド繋いでないし。ただのパフォーマンスだな。この日は祝日の割にイマイチ一通りが少なかったのでちょっと目立つ事しようと思ったんだよね。ちなみにすぐ横ではLittleNonがメンバー総出で告知活動をしていた。新曲の衣装のノゾミちゃんは派手で目立っててかなりの人だかりであった。

ってことで勝手に写真パクってすいません、Akiba-Wachingさん… 「館ひろしのコスプレ」ってのは服装とグラサンだけだよな。
[ 投稿者:noBoo at 03:25 | オンガク | コメント(3) | トラックバック(0) ]

2005年11月24日
『愛ゆえに』とBD
sakura1.jpg

…って何だかわからんタイトルだよな。
ヤフオクで400円で落札した『サクラ大戦歌謡ショウ/帝国華撃団花組特別公演”愛ゆえに”』のビデオが今日届いたのだ。毎年行われているサクラ大戦の舞台ミュージカルの、これは一番最初の公演なのだ。何故今更、しかもVHS。すでに8年も前のものだが、コレ見たときかなり感動して、しばらくぶりに見たいと思ってね。

sakura2.jpg

テープを見ればわかるようにレンタル流れなのだが、画質はそれほど劣化してなく良好。ちょっと音声がブチる部分はあるけどまぁ400円だからな。追々、この後の舞台の映像も入手したいと思っているのだ。
いやしかし改めて、田中公平という音楽家は天才的だな。とくにこの舞台にも使われている『サクラ1』の楽曲は非常にストレートでいいメロディ満載なのだ。ゲーム本編の声優がそのまま演じてるってことでこの初回公演は未熟な部分もあるんだけど、ゲームで泣いたクチの俺なんかは感動蘇るって感じだ。いつかこーいう舞台作ってみたいよなぁ…

BD1.jpg

さて話変わって、『オラ色に塗るモビルスーツ』がもう一個あったので撮ってみた。「陸戦型ジムをブルーディスティニーに仕立てる」って感じ。おそらくジムが主役になった唯一のガンダムサーガだと思われる『機動戦士ガンダム外伝/ザ・ブルーディスティニー』(セガサターンのゲーム)に登場するちょっと怪しい機体。

BD2.jpg

ディテールから多分陸戦型ベースだと思って『08小隊』シリーズの1/144陸戦型ジムをそのまま青く塗ったのだが、細かい部分は違うんだよね。特に顔と胸の辺りかな。それは後に入手した↓の200円ガシャポン(これはホントのブルーディスティニー1号機)と比べるとわかる。顔はクゥエルっぽいか?

BD3.jpg

でもライフルとかシールドはそのまんまなんだな。キット作った当時は設定もわからなかったしゲームも売り払ってしまったのでわからなかったがやはり陸戦型ベースだとわかって安心。
エアブラシを買って初めて塗ったモノだと思われ、見よう見まねMAX塗りみたいのをやってるが、ただの2色使いシャドウ吹きである。アップにすると目のあたりすげえいい加減な塗りだしね。

と、雑多な話題で申し訳ない。つまりセガサターン繋がりなふたつの物件であった。(あ、まとまった)
[ 投稿者:noBoo at 05:46 | オモチャ | コメント(1) | トラックバック(1) ]

2005年11月23日
ライブ帰りにマヨラーメン
negimayo.jpg

ライブをやってきた。俺が参加しているウラヰヌコウポレイションというバンドの5回目(だっけ?)のライブat恵比寿MILK。
今日のイベントは出演バンドがかなり面白くて、飽きのこないイベントだった。勉強になるし、楽しいね♪

まぁ自分らの出来は、ちょっと練習不足だったかな〜と反省。さすがに前回のライブからスタジオ練習一回しかやってないってのは辛かったか。いや、テクとかよりもネタの仕込みとかそういう部分でね。

で、帰りはギターのナカムラくんと帰ってきたのだが、何か食って行こうかってことになって二人とも知っていた埼玉大学近くの『めんみん亭』なる知る人ぞ知るマニアックなラーメン屋へ。
ここは基本的にサッポロ系ラーメンだと思うのだが、なんといってもオリジナルラーメンが熱い。
俺はいつも↑写真の「ねぎマヨラーメン」を食うのだ。これはね〜ホントヤバいよ!味的にはとんこつなんだろうけど、スープにマヨネーズがかなり溶け込ませてあってちょっとポタージュっぽくさえある濃厚な感じ。あまりマヨネーズっていう感じはしなくてマイルドでコクがあってついついスープを全部飲んでしまう。カロリーかなり高めだとわかっていながら…
他のオリジナルメニューは「塩ミルクラーメン」とか「辛味噌納豆ラーメン」とかある。すげーよホント。超オススメ。

ってな感じで久々に大好きなラーメン食って満足。今日は早く寝よう…
[ 投稿者:noBoo at 01:32 | オイシイ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年11月22日
ガンプラをオラ色に塗ろう!
z1.jpg

ガンプラ初心者の時代、なんだか設定色で素直に塗るのが嫌で(というか気に入った機体が必ずしも気に入った色ではなかったので)設定無視して好き勝手に塗っていた。そんな今見ると非常にヘンな作品をご紹介。

z2.jpg

まずは『ゼータプラス/主役機カラー(笑)』。これは単純に元のゼータよりプラスの方がカッコいいと思って作ったのだった。プラスの設定色も渋くていいんだけど、何故か主役カラーに塗ってみたくなったのだ。そしたら意外に気に入ってしまった。

z3.jpg

↑スポンサーはバンダイである(笑)
そもそも白ベースに三原色という塗り分け自体好きではないが、これ多分俺が初めてまともに作ったガンプラだと思うので、その頃はあまり意識してなかったんだな。

z4.jpg

↑このライフルみたいな武器がカッコいいんだよな。
このキットもしっかりウエイブライダー形態に変形するはずなんだけど、変形の仕方忘れたので永遠に人型である。

z5.jpg

さて、今回は長編なので久々に「続きを読む」登場!

続きを読む ...
 
[ 投稿者:noBoo at 00:40 | オモチャ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年11月21日
ベストデートカー
pre1.jpg

ついに国産車の登場である。HONDAプレリュードXX(二代目)。これは俺が実際乗ってたクルマだ。過去乗ったクルマの中では一番良かった気がする。何しろ当時はコレ乗ってるだけで女子がついてきた、という噂のクルマ。

pre2.jpg

デザイン的にはBMWをかなり意識したと思われるが、何気にリトラクタブルライト(当時は憧れアイテム)とかサンルーフ(デートには必須)標準装備とか、クスグリ系ギミック満載であった。

pre3.jpg

何故究極のデートカーと呼ばれてたのか、乗ってみてわかった。運転席側から助手席を倒せる機能ってのがすごい。こんなの発想するところから狙いは明白である。しかも助手席に座ってると見えない位置にレバーがあるので、ナビシートの女子は何が起こったのかわからんまま突然リクライニングさせられ、倒れればサンルーフから星空が見えてそのまま×××…という演出が可能。

pre4.jpg

このプラモは自分のクルマっつーことで気合い入れて作った割に塗装がひどいね。今まで紹介した作品の中では初期の頃作ったんだろうな。その後習得したいろんなテクをほとんど使ってない。
↑エンジンルームはいい出来である。こういうの再現する原型作る人はすごいね〜

pre5.jpg

↑マニュアル車が好きだったのでこれも当然マニュアルで乗っていた。運転席もちゃんと再現。シートの柄は筆塗りでそれっぽくしたのだった。
この頃のHONDAは独自路線をひた走っていてとても好きだった。F1復帰当初ということもありイメージも良かった。今やミニバン専用メーカーっぽい感じになっちゃったけど、やはりHONDAはスポーツタイプあってこそ、だと思うんだよな。売れなくてもカッコいいスペシャリティカーを常にリリースして欲しいと思うのは俺の勝手か。
[ 投稿者:noBoo at 03:43 | オモチャ | コメント(0) | トラックバック(0) ]