この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

2005年10月31日
『ノブログ』というブログ
sea.jpg

ってかなりあるんだよね。検索するとけっこうヒットする。名前がノブって人はハタと気づいて名付けるんだよな。俺もそうだった。実に安易な発想だが、例えば検索で上位にいたとしても「ノブログで検索すれば見つかるからー」と言って人に紹介する場合探した人はかなり戸惑うかと。
とりあえず信州FMには他にないような気がするけど、いろんなところに『ノブログ』は存在してるよね。
ちゅーことで自分のブログの名前変えようかとも思ったけど、まあいいや。特に商標とかあるわけでもなかろうし。ノブログといえば俺んトコ!みたいな有名ブログを目指すぜ!なんてね〜

さてもう10月も終わり。早いもんだなオイ。風邪も流行ってるようだが皆様体調には充分気をつけて冬に備えてね。地震も多いしそのうち大地震とか来るかもしれないけど、その時はその時だな。備えあれば憂いなし。と言いつつ俺が寝てるベッドはタンスのすぐ横で、そのタンスの上にはちょうど顔に落ちてくるあたりにミニカーやら写真立てやらケースに入ったフィギュアやら危険物満載で、けして備えがある環境ではないことに気づいた。危機管理は大切なのだ。

…というわけで、なんとなく10月の締めになってるようななってないような平凡な内容であった。仕事忙しいのだわん。
[ 投稿者:noBoo at 13:29 | マシーン | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年10月30日
実際にやってみた
angel.jpg

ということで昨日書いた骸骨衣装で秋葉原のホコテンに登場してみた。いや〜かなり目立ってたみたいだぞ。
目的は、今日のアキバチャンネルのイベントチラシを配るために立花夢果のバックアップという形だったのだが、彼女が天使のコスプレなので俺はハロウィンという事もあり骸骨なわけで、言ってみれば死後の世界っちゅーコンセプトか?

そもそもこのアフロとサングラスといえば昨年まで活動していた俺のバンドZQUBEのトレードマークだったのだが、解散後1年半近く経ってよもや再利用の機会が来るとは思わなかった。つーか別にコレじゃなくてもいいんだけどね。俺このアイテムを装備すると何でもできるんだよな。別の自分になれるってヤツ?
が、こーゆー時に限って知り合いに出くわすもので、チラシ配り中の秋葉原中央通りホコテンですっかり人気者になったLittle Nonご一行様とバッタリ。件のバンド活動中は対バンしたりライブ見に来てくれたり一緒に呑んだりしてたバンドなのだが今やメジャーデビューである。新しいギタリストはイケメンだな♪頑張って欲しいものだ。「目指せ!ガンダム主題歌」って崇高な目標を掲げてたけど、その第一歩を確実に踏み出してるからね〜

そんなわけで↑写真は立花夢果のファンの方に撮っていただいたものだ。アフロヅラはずっとクルマの中に眠っていたのでかなりイビツになってるな。そして通行人からはやはり井上陽水という声が… まあな。自覚してるわい。

イベント自体はものすごい盛り上がりを見せて、見ていても楽しめた。最近のアキバチャンネルの盛り上がりはヒーローアニメ系女性デュオ、FICEのパフォーマンスによるところが大きい。楽曲はモロヒーロー戦隊主題歌系だったり、客席みんなで叫んだり踊ったりできる系で実に楽しい。
ちなみにユニット名はピンクの髪の炎(えん)とブルーの髪の氷(ひお)の二人組ってことで、FIREとICEで「FICE」なのだと思われる。コアなファンもついてるし、いいよね。今度ライブをブッキングしてみたいと思ってしまったよ。

FICE.jpg

↑で、今日の控え室でのFICEを独占激写。ファンの皆様、見つけたらお宝画像だぜ。
本日の衣装は連邦軍だね。アムロとセイラさんかと思ったら、特に設定はないとの事。控え室でガンダムエースを読む姿が微笑ましかった。

saya.jpg

↑共演者の中から、ライブ中の結原沙也ちゃん。今日の出演者の中では最も萌え系かと。意外と歌う曲はオトナっぽい感じだったりするのがアンバランスで良いのかな。人気者だね〜
彼女は控え室でずっと鏡の前で振り付けの練習をしていたのが印象的。

【追記】
この日はTV東京の『出没!アド街ック天国』の取材が入っていて、特に後半のイベントの模様(FICE中心かと思われる)は12/17(土) 21時〜のOAで放送されるらしい。必見かも〜(注:俺は多分出ない… テレ東スタッフに「脚立なんてありませんよね?」とか聞かれたくらいだよ)
[ 投稿者:noBoo at 01:29 | オシャレ | コメント(3) | トラックバック(0) ]

2005年10月29日
ハロウィン限定企画
Helloween.jpg

明日の日曜はこんなカッコで秋葉原界隈に出没予定…
ZQUBE復活ではない(謎)

しかし俺は何やってんだ。身を削ってネタ提供してどーすんだ。
…つーかこの衣装はレッチリのフリーになりたいと思って欲しいって言ったんだが…まぁいいか。ついに俺もコスプレ解禁ってことか?(いや、バンドのライブでは大いにコスプレやってた記憶があるが)

flea.jpg

フリー先生ごめんなさい。
[ 投稿者:noBoo at 02:25 | オシャレ | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2005年10月28日
オトコノコのオモチャ
coltPython.jpg

昨日のエントリ書いてて思い出したけど、俺モデルガンが好きだったのだ。最近まったく忘れていたけど趣味的には重要なものなので書いておこう(何のために?)
で、あくまでもモデルガンなのである。昨今改造エアガンなどの犯罪が起こっているが、そーいうのはマニアの風上にも置けんな。俺としては弾丸を撃つことにはほとんど興味を持っていないのであえてエアガンとかガスガンとかの性能はどーでもいいんだけどね。所有する喜びってやつかな。
今でもほんのり生き残ってはいるけど、俺が幼少の頃はいわゆるモデルガンブームだった。ちゃんと総金属性で実銃と同じ重量感があり、実に精巧にできていたのだ。当然弾丸は飛ばせず、できるアクションは薬莢に火薬をつめてパンっ!と鳴らすことくらいだったんだけどね。別にそんな機能もどうでもよく、ひたすら所有すること自体に意義があるのだ。
俺が小学校6年くらいの時、やはりモデルガンを改造して実際に撃てるようにする、あるいはそれで脅す、などといった犯罪が多発してモデルガンにも規制が入ったことがある。まずは実銃と同様な色は発売禁止。これによって金とか銀にメッキしたモデルガンが登場した。その後さらに規制で銃口を塞がなければならない、ということになった。
金属製モデルガンはその構造、剛性とも限りなく本物に近いからたやすく改造ができたものと思われる。実際に薬莢もこめられるわけだから、実弾を撃つなんていう改造も比較的簡単だったのかもしれないね。何はともあれ当時の純粋なガンマニア小僧にとっては悲しい制約だった。一気にダサくなった気がしたものだ。
当時はルパンIII世(初代)がブームだったので人気あった機種はやはりワルサーP-38(ルパン愛用)、ブローニング(不二子愛用)、M19コンバットマグナム(次元愛用)あたりだったね。俺もそのへんご多分に漏れず持ってたけどな〜 どこにいったことやら。

って感じで俺が好きなガン系を載せておこう。理由は特になく、単純にミーハーにルックスだけの好みね。
↑一番上の写真は、リボルバーで唯一惚れたコルトパイソン4インチ。4インチが一番バランスがいいと思うんだよね、見た目的に。あとラバーグリップは必須。コイツの金属モデルガンはいつか手に入れたい。ちなみにウチにはコレのライターがあるよ(笑)

M92F.jpg

↑ベレッタM92Fミリタリーモデル。確かアメリカの警察の正式採用銃だっけ?映画などでもおなじみね。下でジャン・レノさんもポーズ取ってる。定番だけどブローバックとしては出色のデザインだと思う。コルト45とかセンチメーターマスターみたいなスクエアな形のブローバックやデザートイーグルなどのゴツいのはあまり好きではない。ベレッタはなんとなくお洒落な感じよね♪

M712-2.jpg

↑モーゼルM712。コイツは古いが、実に色気があるね。飾っておきたい感じである。コレはプラモデルで作ったことあるような気がするが、拳銃のプラモってのはどうも安っぽくてね…

002.jpg

↑オートマグ。『ワイルド7』の主人公飛場ちゃんの愛用銃。どーでもいいが暴走族上がりの交通機動隊で全員警視扱いで好きなバイクと好きな銃を持ってるワイルド7ってすごいよな。この銃も曲線と直線のデザインが実に巧妙で好みである。

coltXM177.jpg

↑コルトXM117。ハンドガンではないけど、ライフル系で一番カッコいいと思う。M16が昔は好きでエアライフル持ってたけど、やっぱこっちの方がイイね。電動ガン欲しいな…

…と、まぁいろいろあるわな。他にもサブマシンガン系で好きなのあるけどキリないのでこのへんで。いくつになってもこーゆーのは欲しいと思っちゃうんだよね。特にサバイバルゲームとかしたいとも思わないんだけどさ。ガンストックオイルで磨いてるだけで満足だったりするのだ。
[ 投稿者:noBoo at 11:53 | オモチャ | コメント(3) | トラックバック(0) ]

2005年10月27日
ジャン・レノがいいと思う
RENO2.jpg

俺昔から洋画好きで、とくに中学の頃はロードショー、名画座ともかなり見ていたのだが、最近は話題作しか見なくなったのね。高いしさ。名画座なんてなくなっちゃったし。
で、オトコとしてかっこいいね〜と思える俳優ってのはその時代毎に存在していて、例えば俺の中での映画聡明期はやっぱアラン・ドロンはかっこえかった。フツーに二枚目(しかもちょっとイヤラシ系)なんだけど、渋い演技よりちょっとアブナイ系の方が好きで、何故か俺のベストドロン映画は『ゾロ』だったりする。冒険活劇好きだったからね〜

ここ数年はジャン・レノだな。こーゆーオジサンに俺はなりたい、と思わせてくれるかっこよさがあると思う。出逢いは『グレートブルー』(後に『グランブルー』となる)でのなんか太めの悪役(?)ダイバー役で、アレでハマった。マザコンで子供みたいなキャラ、愛車がボロいチンクェチェントだったのも実に設定が良い。身体入らないんじゃねーか?みたいな。

リュック・ベッソン監督はこの作品以降ずっとジャン・レノを使ってるけど、最近は妙に二枚目とかハリウッドっぽい正義のヒーロー演じたりしてるのがちょっとアレだね。ジャン・レノには悪役が似合うと思うんだよね。そういう意味では『レオン』はかなり良かった。現代版ハードボイルド仕様のロリータって作品だったけど、ファッションセンスも実に秀逸。ダサいんだけど渋いんだな。

RENO3.jpg

↑ベレッタM92Fを構えるの図。ベレッタは定番でゲスな。これは何の作品だったか?

で、彼がよくプライベートで着ているラム革のテーラージャケットなんてのを買ってみたりした。いや前から欲しかったんだけどね。ジャン・レノのはたぶんアニエスbかな?(フランスの有名人がそれっぽいのを着てると何でもアニエスに見える)。

RENO1.jpg

↑しかしこの人は気合い入ってない時の顔はほんとフツーのオッサンだな

今ではとてもアニエスの革製品なんて買えないから上野アメ横近辺の革モノ屋で処分品をゲット。残り一枚なんでかなり格安だった。なかなかイイ感じで気に入った。
こーゆー服って利用できる期間が実はかなり短いんだけどね… だからそこ粋ってものでもある。

しかし本格的にジャン・レノっぽくしたいなら髪の毛切れって話だよな。伸び放題だ…
[ 投稿者:noBoo at 18:20 | オシャレ | コメント(6) | トラックバック(0) ]

2005年10月26日
壺がツボ
tsubo1.jpg

俺はハクション大魔王が好きだ。タツノコ作品はけっこう好きなのが多いのだが、ファンが多いヤッターマン系はあまり好きではない。最高傑作はガッチャマンだと思うのだが(白鳥のジュンの白パンツ萌え♪)あれは世界観といいメカ設定といい相当良い。
で、ハクション大魔王だが、なんつってもアクビ娘というキャラ、そして例の壺だな。ちょっと前にゲーセンで採ったアクビちゃんの壺もマイフェイバリットグッズになってるわけだが、実はその後大魔王の壺のぬいぐるみを採ろうとして散財した挙げ句結局採れず。最近は見かけないからもう手に入らないのか…と思ってた矢先、二日ほど前偶然立ち寄った都内のサンクスで↑こんなものを発見して思わずゲット!コレはライターなのだね。

tsubo2.jpg

↑このように、向かって右側の耳(?)を下に下げると壺の口部分から火が出るガスライターなのだ。カメラのピントが合ってないな… しかしこれはもう、俺のモノにしなきゃいかんグッズでしょ!サンクスってたま〜にこーゆーとんでもない商品があるから好きさ。
いやなんつーかね、この壺の造形美というかバランス感覚は尋常じゃないぞ。後年ドラクエのスライムが出てくるわけだが、多分コレを参考にしたんじゃないか?と思える感じね。もうこのライターは机の上に置いとくだけで満足。フィギュア感覚だな。

そういえば昔小泉今日子が『アクビ娘の歌』をカバーしてたなぁ。俺カセットテープでアルバム買った覚えがあるぞ。久々に聴いてみたくなった。
[ 投稿者:noBoo at 01:26 | オイシイ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年10月25日
初つくばエキスプレス
TX.jpg

つくば←→秋葉原に開通したつくばエキスプレス(TX)。これとヨドバシカメラのおかげでJR秋葉原駅もえらく様変わりしたものだ。とくに新設のJR中央口近辺はまったく秋葉原とは思えないくらい広々&小綺麗。ロケットの壁にも怪しいポスター貼ってる場合じゃないって感じだ。
つくば〜秋葉原間最速45分、というふれこみのTXであるが、俺は利用する機会などないと思ってたら今日あっさり乗ってしもたよ。というのも、得意先のひとつが埼玉県吉川市というおよそ埼玉県民でもその都市の名前を知らない人の方が多そうなところにあるのだが、今までは都内から行く場合JR京浜東北→武蔵野線(吉川は武蔵野線沿線)または地下鉄日比谷線→東武伊勢崎線→武蔵野線、ってルートで軽く1時間半近くかかっていたものだ。実際今日も都内からJRを乗り継いで行った。
が、受け取るモノを受け取ってまた都内にトンボ返りという状況の中、用事を済ませてJRトラベルナビゲーターの携帯サイトで最速ルートを調べたら、吉川から千葉方面にちょっと行って南流山(これまたえらくローカルな駅)でTXに乗り換えるのが一番速いというじゃないか!
運賃はJRのみより200円弱高いんだけど、所要時間は半分。こりゃすごいってことでモノは試しに乗ってみた。
ちょうど快速だったので南流山から北千住までノンストップ。いや速い速い。つーか俺,TXがどこをどう通っているのかまったく知らなかったので車内でルートマップを見てたらかなりびっくり。北千住のちょっと下り方面に「青井」という駅がある。足立区青井。俺の出身高校があるところだ。すっげえ!よくあんな人口密集地帯に駅作ったものだ。千葉方面から足立区の集落地帯(笑)を縦断して都心に向かうのね。いやびっくり。個人的に。

あとけっこう地下を通ってるのに携帯のアンテナは終止全開で立っていたのも驚いた。そのへんはさすが研究都市と電脳都市を結ぶ路線である、って印象ね。車両は地下鉄クラスの幅の狭い感じだったけど、窓が大きくて揺れも少なくかなり快適であった。
そんなわけで吉川から約40分弱で秋葉原に到着。素晴らしい!と思ってTXを降りたのはいいが、そこから地上までが遠くてかなり閉口。ありゃ地下鉄新御茶ノ水なんてもんじゃないな。エスカレータ何本乗り継いだことか。まあ、地下鉄日比谷線のさらに下に駅を造ったものだから地下深いのはわかるけどね… 今後は途中にたくさん店でも作って寄り道できるようにしたらいいと思うぞ。
ま、何はともあれ都内を走る鉄道には一度は乗らないとな。まだ乗った事ない路線は実はけっこうあるんだと思うなぁ…

で、乗車記念に何かおみやげでも買って来て写真載せようと思ったけど時間なくてね… 噂ではTX開通記念秋葉原まんじゅうってのがあるらしいのだが。すげえ無理矢理感があるよな。
[ 投稿者:noBoo at 00:06 | マシーン | コメント(1) | トラックバック(1) ]

2005年10月24日
キング・オブ・ラスク
rasuku1.jpg

rasuku2.jpg

ラスクという食べ物は実にヨロシイ。かなり昔からあって俺幼少の頃から好きな食い物だったけど、↑このラスクはちょっと凄い。
これは昨日の秋葉原のイベントでお客さんの差し入れでもらったんだけどね、なんでも群馬県では知らない人はモグリだというほど有名な店の商品だとか。うむ、確かに美味い!
ラスクって、例えばなんつーか砂糖クリーム(?)系がベターっと塗ってあったりする感じのものもあるけど、これは実にシンプルにバターの風味とグラニュー糖のみ。サクサク加減とバターが実にいい感じで上品な味。俺初めて食ったけど、さすがに有名なだけはあると思ったよ。甘すぎすしつこくない感じがたまらん。いくつでも食えそうだ。「王様のおやつ」ってのがまた泣かせるよね♪

ということで、また差し入れお待ちしてたりする今日この頃。
[ 投稿者:noBoo at 12:29 | オイシイ | コメント(1) | トラックバック(0) ]

2005年10月23日
芸能界の裏方は顔出しNGという話
yumeca_mio.jpg

今日は最近毎週日曜恒例の秋葉原でのイベント参加。久々にいい天気の日曜ってことで、数週間ぶりに歩行者天国も復活してた。
ホコテンには多くの取材カメラが来ていて、海外のクルーもいたな。我々もTBSの「み●もんたの朝ズバッ!」から取材受けたりした。

このイベントは本番前に路上でチラシを出演者が配るってのがシキタリになってるんだけど、やはり天気がいいホコテンでは配るのも順調。そして目立つ衣装の出演者はカメラ小僧及びカメラオヤジの恰好のターゲットになるのだが、それもまた宣伝だわな。

↑写真はそんなチラシ配りの最中、立花夢果(ピンクの衣装)と共演者の愛沢澪ちゃん(黒アメリカンメイド衣装)、そして澪ちゃんのマネージャー氏(右端)と俺(左端)。撮影してくれた方の配慮でスタッフは目張りというか何と言うか…ちなみにこの「笑い男」はアキバ系ブログなどではおなじみの顔隠しアイテムだね。

MIO.jpg

↑ちなみにコレは俺がその時撮った愛沢澪ちゃん。セクシー写真集とかシンガーとかVシネマ出演とかマルチに活躍中〜
[ 投稿者:noBoo at 12:21 | オンガク | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2005年10月22日
たかがアヒルされどアヒル
DuckBall.jpg

↑このオモチャ、たぶん誰もが一度は手にした、あるいは目にしたことはあると思う。もともとはタカラが作ってた「ダックボール」(そのまんまのネーミングだよな)だね。
昨日のエントリで書いた知育楽器メーカーが、タカラから商標を引き継いで現在も販売しているもので、その会社の看板商品にもなっているのだ。すでに出来てから40年以上とか?すごいよねえ…
で、現在制作中のホームページでもメインアイテムのひとつとして取り上げるわけだが、ひとつくれないかなあ… なんか、風呂に入ってる時とかにボーッと眺めてるだけでも妙に和む気がするのだが。わざわざ買うのもアレなんだけどさ。
ちなみにこの回りのボールの材質はパルプ系を使ってるらしいので、目に見えない細かい穴が開いてるとかで、時間が経つと中の水が揮発するようになってるらしい。つまりだんだん水が少なくなってくるのね。たぶん外気熱とかで破裂したりするのを防ぐ目的があるんだろうけど、なんとなく気に入ったオモチャには普遍性を求めてしまうタチなのでちょっと惜しいところだな。まあ幼児期のみの遊具としては一定期間で目的は達成するからいいんだろうけど、たまに懐かしの玩具コレクターのサイトとかに載ってるんだよね。段々と水が減って行くから実は所有してる人は気づかないかもしれないけど… コレクターの方々は定期的に買い直すことをオススメする。
[ 投稿者:noBoo at 12:11 | オモチャ | コメント(0) | トラックバック(0) ]