掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

2006年09月17日
Google API で遊んでみた。
Google API で遊んでみた。

開発環境
・Visual Studio 2005 Professional
・C# 2.0

Google API の公開されているサービス
http://api.google.com/GoogleSearch.wsdl


まず、 Google API を使うためには、ライセンスキーを発行してもらう必要がある。
http://api.google.com/createkey

ライセンスキーを発行してもらったら、 Visual Studio 2005 を立ち上げ、下の画面のようなフォームを作成する。

作成するフォームのイメージ


フォームを作成したら、 Google が公開している Web サービスの API を参照する設定を行う。
ソリューションエクスプローラを開いて、参照設定を右クリックして [Web 参照の追加] を選択する。

Web 参照の追加


選択するとウィザード画面が表示される。

Web 参照の追加 ウィザード


URL 欄に http://api.google.com/GoogleSearch.wsdl を入力し、移動をクリックする。
XML形式で記述された WSDL ファイルから Google が公開しているサービスが取得されるので、 [参照の追加] を選択する。

Web 参照の追加 Google API 取得


[Web References] に [com.google.api] という参照設定が追加される。

Web References 追加


ソリューションエクスプローラで [全てのファイルを表示] というボタンを選択し有効にさせると、 [com.google.api] の下に Reference.map というファイルがあり、その下に Reference.cs というファイルができている。

Reference.cs


Reference.cs というファイルをさらっと見た限り、どうやら WSDL ファイルから自動的にタイプセーフなソースコードが自動生成されているようだ。
とりあえず、ボタンをクリックしたときのイベントハンドラに次のコードを書いちゃおう。
このコードは「ぐーぐる」というキーワードで検索するものだ。
ライセンスキーのところは、冒頭に書いた URL のところで作成したものを入力すること。
また、必要に応じて「using WindowsApplication1.com.google.api;」を書いておくのを忘れないようにすること。

        private void button1_Click(object sender, EventArgs e)
        {
            GoogleSearchService gss
                = new GoogleSearchService();
            GoogleSearchResult gsr
                = gss.doGoogleSearch(
                "ライセンスキー",
                "ぐーぐる",
                0,
                5,
                false,
                string.Empty,
                false,
                "lang_ja",
                "utf-8",
                "utf-8");

            ResultElement[] re_array = gsr.resultElements;

            foreach (ResultElement re in re_array)
            {
                this.richTextBox1.AppendText(
                    "Title: " + re.title + Environment.NewLine
                    + "URL: " + re.URL + Environment.NewLine
                    + "Snippet: " + re.snippet + Environment.NewLine
                    + Environment.NewLine);
            }
        }
実行結果。

Google API で実際に検索結果を取得


最後に、オブジェクトブラウザでのぞいてみた画面でもどうぞ。

com.google.api をオブジェクトブラウザて


正直、10分ぐらいでこれだけのアプリが作れちゃう Visual Studio 2005 はすごいと思うが、それだけじゃできないわけで Google API を利用しやすい形で公開してくれている Google にも感謝だね。


<<補足>>
.NET の VB と C# 用のサンプルコードあったのね・・・。
これ書いた後で気づいたよ・・・orz
http://www.google.com/apis/index.html

<<API リファレンス>>
Google SOAP Search API Reference
http://www.google.com/apis/reference.html
[ 投稿者:名無し at 19:54 | .NET Framework2.0関連 (C#2.0、VS2005など) | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/95.83/a06015/0000149558.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/95.83/archives/0000149558.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 4 x 7 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら