掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2018年11月07日
aimaye.comモンブランスターローマンコレクションカルペディエムスペシャル

aimaye.comモンブランスターローマンコレクションカルペディエムスペシャル
その伝統的でクラシックなデザイン要素のためのモンブランスターロマンシリーズだけでなく、そのロードされた自動巻きムーブメントはまた、スイス高級時計の長い伝統を反映して、モンブランのデザインDNAを継承した、ユニークです。タフなラインラグとユニークなポインタを伴うスリムなめらかな研磨されたステンレススチールケース、および3の古典的なモンブランのペンタイパンシリーズは、モンブランのクラフトマンシップの完璧な伝統を示し、互いに金メッキペンリングを回します。オニオン型のクラウンは全体的な円形のデザインをエコーし​​ます。これは貴重な樹脂で作られたモンブランの六角形の白いスターロゴで飾られています。それぞれの時計は銀白色のフェースプレートの中央で絶妙に「穀物D'Orgeの」カイを刻まれているメッキで飾らに囲まれ、3次元パターンを刻む私たちに時間を思い出させるかのように、モンブランのクラシックでエレガントなデザイン言語を続け巧みに、金ローマ数字ローズ貴重。ダイヤルの外側のリングに囲まれた黒いスケールは、アラビア数字と5分スケールで構成されています。時、分、日付手が金箔状手バラメッキされ、第二の端子は、青色モンブラン六角白い星記号ポインタを彫刻するために使用されるか、またはローズゴールドされ、時間の経過の正確な計算を手を播種しました。モンブランスターローマンの各時計は、スイスの時計製作技法と優れた機械的性能が完璧に調和しています。

スターローマンシリーズ "Carpe Diem"の特別モデルには、最高品質の職人技と実用的で複雑な機能を兼ね備えた自動ムーブメントが装備されています。コレクションにはフルカレンダームーンフェイズウォッチ、デュアルタイムゾーン自動クロッククロノグラフ、シンプルでエレガントなスモールセコンドウォッチが含まれています。それぞれのモンブランの自己運動は、各着用者の人生のパートナー、正確な記録毎分であることを意図し、ル・ロックルの時計製造でトップスイスの時計工場のシンボルから来ています。

ラテンの諺は時間の概念の使用を鼓舞する


有名な詩ローマの詩人ホラティウスの「Leuconaeへのオード」からこの有名なラテン語ことわざ、中国の手段で「カープが最小credulaposteroをディエム」「瞬間に住んで、瞬間をつかみます。」今日、この諺は、広く普及しているフレーズ "Carpe Diem"に縮小されています。何千年もの間、不確実な未来を心配する時間を無駄にするのではなく、現在の生活を人々に思い出させました。また、つかの間の貴重な時間のために賞賛の3つの凝集職人の技と工夫MMontblanc DNAを持つ新しいモンブランスターローマシリーズの「カルペディエム」特別なセクションを作成するために、モンブランに影響を与えました。




スターローマンシリーズフルカレンダー腕時計「Carpe Diem」スペシャルモデル

大切な時間を十分に表現するために、モンブランスターローマのフルカレンダー腕時計「Carpe Diem」の特別なデザインは、暦年のどの日も欠場していません。 「QuantièmeComplet」は、フランス語で「フルカレンダー年」と解釈されます。つまり、この時計には曜日、日付、月、時、分、月、および月の表示を含む共通のカレンダー機能があります。メッキが表示窓モンブランのブランド名の下側で両サイドでの古典的なパターン、数週間、数ヶ月と一緒に金ローマ数字の添字銀Loudiaoカイフェースプレートを上昇し、中央の日付が上昇した場合には金は、フェースプレートへのポインタをメッキ1日の日付を示すために外側のリングに31のアラビア数字の1つ。 6時小さなダイヤルで月面ディスク相表示、モンブランホワイトスターから金色の月は、露出された六角形を表す深い青空でムーンフェイズ微妙な微妙な変化を示しています。
[ 投稿者:aimaye at 12:45 | お友達 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/93.12/a00148/0000561823.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/93.12/archives/0000561823.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 7 x 2 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら