掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2017年02月19日
「柊様は自分を探している」3巻
「怪音」のところで、涙が出るほど笑ってしまった。

本当に涙が出た。

今日本屋に寄って、コミックスをみつけられたのでよかったなと思った。

漫画を読んでこんなに笑ったのは、

「お茶にごす。」の、肝試しの話以来かもしれない。

肝試しのあの笑えるシーンは本当に面白かった。

みんなが叫び出すところ。
[ 投稿者:暖かい風 at 21:48 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

『まほろ市の殺人』
https://www.amazon.co.jp/%E3%81%BE%E3%81%BB%E3%82%8D%E5%B8%82%E3%81%AE%E6%AE%BA%E4%BA%BA-%E3%83%8E%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%8E%E3%83%99%E3%83%AB-%E6%9C%89%E6%A0%96%E5%B7%9D-%E6%9C%89%E6%A0%96-%E6%88%91%E5%AD%AB%E5%AD%90/dp/4396208642
の中の、
「闇雲A子と憂鬱刑事」だ。

表紙の絵の温かく不思議な雰囲気も好きで、何となくお気に入りの一冊だ。
[ 投稿者:暖かい風 at 15:53 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

日記
ペンパルズ「ラヴソング」が、
シャッフルモードで再生されている。

図書館にきた。

返却期限がきた本を、借り直すためだ。

だけど先日から、

図書館の本ではない、以前買った『貴族探偵vs女探偵』を読んでいる。

麻耶雄嵩の小説で初めて読んだのは、『螢』だ。

意外な展開ではあったけど、

真相というか、その辺りの

そういうおそろしさは、苦手だ。

作者の小説は、全体的に、

心温まる感じではなく、

ひんやりした感じだ。

登場人物にも、あまり感情移入できる感じではない。

でも、『隻眼の少女』は、

心に迫ってくるところもあったように思う。



ひんやりしているけど、つい読みたくなってしまう。

作者の小説で好きなのは

タイトルに『まほろ』とつく、色々な方の作品が収録されたアンソロジーの中の一作、

こちらもタイトルがうろ覚えだけど、「憂鬱刑事と…」というようなタイトルの作品だ。

それは何だか好みだった。

心温まる話とはいえないけど、どこか不思議な感じが。



著者の作品の特徴として、自分が気づいたのは、

作品の中で、目を、ガラスのような、とか、水晶のような

と例えるところだ。



そのような特徴に気づけたことに、少し得意な気持ちだ。
[ 投稿者:暖かい風 at 15:41 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年02月16日
日記
ある催しに参加できるチャンスがめぐってきて、
参加できればと当初は思ってはいたのだけど、
結構迷った末に、参加しないことに決めた。


その催しは、その機会を逃せば、
催しの性質上、多分、人生で二度とできない経験ができるもので、
その意味では貴重な機会なのだけど、

まず、参加するのに高額な費用がかかる。
自分の感覚として、高額だと感じた。

そして、機会としてはとても貴重なのだけど、
自分は、そこまで、その催しのポイントとなるものに、
そこまでは、強い興味を持ってはいないと
よく考えてみると気づいた。

あと、何となく、不安だった。
これまで参加したことのない催しだからかもしれない。

その日、別のことをのんびり楽しんだり
かかる費用が浮いた分でちょっとやってみたかったことをしてみてもいいかもしれないと思った。

また、その催しには多分参加するチャンスはないだろうと思っていたので、
その前提で、母と旅行に行き、ちょっと高い宿へ泊まったのだ。

催しの費用を使い一人で楽しむことは、
それはそれで、人生の中での貴重な体験だしよいと思うけど
その費用で、二人でこれほど楽しむこともできる。

と思った。

貴重な経験というのは、
催しにかぎらず、今後もことに、色々と出会えるだろう。

だからよいのだ。
[ 投稿者:暖かい風 at 22:01 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年02月12日
「相棒」
美和子さんが出てきた。

小野田さんも懐かしいな…。
[ 投稿者:暖かい風 at 23:03 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年か
映画の中の、マラソン大会の旗のようなものに、

「2008」と書いてあった。

そんなに前なのか…と思ったけど、

でも十年も経ってないんだなとも思う。
[ 投稿者:暖かい風 at 22:28 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

亀山さん
活躍するんだよね。

この辺りのシーンから特に。
[ 投稿者:暖かい風 at 22:23 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

「相棒」
…たまきさんと、

たまきさんと話す美和子さんのシーンがカットされている…

と思ったけど、

考えたら、

当然ともいえるし、

仕方ないな。
[ 投稿者:暖かい風 at 22:12 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

実は
今日は、「相棒」の最新作の映画を観に行った。

少し前に思い出して、前売り券を買っておいた。

帰りに、「相棒」のキーホルダーのようなものを買ってしまった。
[ 投稿者:暖かい風 at 21:42 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

懐かしい
人がたくさん出てくる。

陣川さんに、

津川雅彦演じる人、

鹿手袋さん、

小野田さん… 

みんなそれぞれ、エピソードがあり、

「相棒」におけるそれぞれの立場から、

いなくなってしまったりした…。
[ 投稿者:暖かい風 at 21:39 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]