掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2016年07月31日
昨夜は、そんなによくない夢を見た。

よく分からない状況だったけれど、
大きな建物から、外へ脱出しようとしている夢だった。

はじめは、脱出が目的ではなかったのだけど、
だんだん、ここは何となく危なそうだから、
早く安全な外へ出た方がいい

という気がしてきて、最終的には外へ出られた。

もう一種類、夢を見た。
そちらも、はじめはそうでもなかったけれど、
だんだん、危険から逃げる夢へ変わっていった。



こういう、逃げる夢や、安全な場所へ行こうとする夢、
安全な場所へ帰ろうとする夢を、たまに見る。
昔から。

初めはそういう夢ではなかったけれど、
途中から逃げる夢へ変わっていくことも時々ある。

状況設定は色々で、
空の色が不安で、非現実的な色合い・模様の不安な世界から
元々いた、安心できる現実の世界に戻ろうとしている夢や、

どこかの旅先から、安全な自宅へ帰ろうとしている夢、
ファンタジックな世界観だけど、逃げている夢、
推理もののような世界など、色々な世界、状況で、
捕まったら命が危ないという雰囲気の対象から走って逃げていたり、
銃で撃たれる恐怖があったり、

そういう夢を見たことがある。

目が覚めて、夢だったと分かると、真底ほっとする。
これは夢だ。目覚めろと、夢の中で念じて、目を覚ましたこともある。

目が覚めて、暑くて寝苦しかったらから、そんな夢を見たんだと
理由が何となく分かることもあれば、そうでないこともある。





安心できる状況、世界を求めているのかもしれない。
よく分からないけど。



別に、今が常に不安だとか、そういうわけではないと思う。
不安に思うこともあれば、そうでないこともある。



けれど、子どもの頃から、そういう夢を時々見た。

[ 投稿者:暖かい風 at 21:42 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

かき氷
今日は、この夏初めてのかき氷を食べた。

おいしかった。
[ 投稿者:暖かい風 at 19:57 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

今朝
はまだ涼しい。

けれど、たくさんのセミがもう少し前からずっと鳴いている。

改めて思ったけど、もうすっかり夏なんだな。
[ 投稿者:暖かい風 at 09:18 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2016年07月28日
海(つづき)
それでも、日焼け止めを塗ったりする面倒ささえなければ、
水中にいる間は、海はとても気持ちがいい。

波打ち際で、水中眼鏡とシュノーケルをつけて、
水中をのぞくと、波で動く砂に、光で揺らぐ水面の模様が写し出される。

そんな水中の様子を眺めながら、
全身の力を抜いて、自分も波に漂うととても良い。
水中に顔をつけていると、
水の外の音も聞こえず、

波に合わせて揺らぐ、砂と光の静かな世界が広がるのだ。




入ってしまえば、海は気持ちがよくて好きだ。
しかし出かけるのは面倒だ。海に行かずに、冷房の効いた部屋でのんびり過ごすのもいいじゃないかなんて思う時もある

そんな海。

現在も、
いとこの子どもが海へ行く時などに、
一緒に行く年もある。

楽しいけど面倒、面倒だけど、いけばやはりいいなと思ったりもする。

ちなみに、友だちとは海に泳ぎに行ったことはない。
親や親戚としか行ったことはない。
海というのは砂まみれになるし、

波をかぶったり寒くなったり消耗したりと
なかなか大変なので、家族や親戚となら何も気にせずいられるけど、
家族や親戚以外の人々の場合は、
何も気にしないわけにはいかないので、
友だちと行きたいとは、特には思わないわけだ。
[ 投稿者:暖かい風 at 21:08 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

夏といえば、世の中で浮かべられるイメージの
代表的なものの一つは海かもしれない。


自分の場合も、日が照りつける暑い日なんかに
海に入ればきもちいいだろうなと考えたりする。

どんなに暑くても、水中に入れば一気に暑さが解消されるし、

海では、暑ければ暑いほど、水につかっても寒くなく、
楽しい時間を過ごせる。


子どもの頃は、
祖父母や親、親戚の人々と、
毎年海やプールへ行った。

特に泳ぎが得意なわけではなく、
プールでは、学校の授業によって
ようやく25メートル泳げるようになって、
やがて、一往復くらいはできるようになった
程度で、

海では、海は危険だと思うので、
波打ち際以外ではずっと浮き輪につかまっている。
 

波打ち際にいるか、浮き輪で浮かんでいるかのどちらかだ。
例え、浮き輪なしでシュノーケル等をつけて、
物理的には泳げたとしても、足のつかないところを
浮き輪なしで泳ぐ気にはとてもなれない。

海底には岩があり、
足をつけるとケガをするかもしない。

浮いていても、いつ何時、バランスを崩して、
泳げない状態になるかも分からない。

浮き輪があれば、ひとまず安全だ。



そのように、海自体は今も持ちがいいと思うけれど、
大人になった現在、
日焼け止めをぬらなければとか、
海へ行くと、荷物もサンダルも、あらゆるものが全て砂まみれになるとか、
日焼けや準備の大変さ等に億劫さを感じるようになった。 


つづく
[ 投稿者:暖かい風 at 20:26 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2016年07月27日
夏に関する話題を書きたいと考え、
何を書こうか迷った。

夏はやはり、夕方の空気が、夏祭りや花火の空気を思い起こさせわくわくし、
情緒もあって好きなこと。

何を書こうか考えた時に思い出した、
子どもの頃、クワガタやスズムシを飼っていたこと。
コオロギも、テントウムシも、一時期、短期間だけ、トカゲも飼った。

田舎に帰るなどして長期間留守にすることもあり、
犬や猫や、ハムスターを飼ってはいけないと
親に言われていたけれど、

昆虫は虫かごに入れて移動もできるので
飼えたのだ。

夏は、クワガタを飼っていた。
飼い方の本や図鑑を読むのも楽しかった。
土や止まり木、エサを配置し、
夜になると、土にもぐっていたクワガタが出てきて、
エサを食べているのを、

薄明かりの中で発見するのが楽しかった。

スズムシも、
購読してもらっていた学研の科学の
教材についていた卵から世話をし、

誌面でアドバイスされていたニンジンなどを与えた。

昆虫は、かわいらしく思えたけれど、
クワガタ以外の、特に、
スズムシ、コオロギ、そしてトカゲは、
逃げたときつかまえるのが、非常に困難だった。

素手でさわれなかった。
コオロギとトカゲが逃げたとき、
必死になんとか、素手でつかまえたけれど、

トカゲは、尻尾を持ったとき激しく左右に暴れ、
その瞬間に気持ち悪く感じて逃がしてしまった。

友達たちが飼って、頭をなでたりしているのをみて、
かわいく思えて飼ったのに。


その後、念願のハムスターを飼うことができた。

昆虫もかわいかったけれど、

ハムスターは、非常にかわいい。


ハムスターは、野生にも存在していると本に書いてあったけれど、
これほどかわいい生き物が野生にいるなんて…という気持ちだった。

世界一かわいい動物だとも思った。

起きていても、寝ている時の、卵のように丸くなった姿も、
小さな手も、全てがかわいい。

ハムスターを、何匹か飼った。



今も、ハムスターの写真などを目にすると、
かわいいなぁ。飼いたいな…といった気持ちになるけれど、

ハムスターは寿命が三年ほどで、
寿命が近づいたりし、病気等になったりして、
エサをあまり食べなくなったりすると、

その期間、とても気分が重くなるというか、沈む。
辛いような気持ちになる。

また、死んでしまうと当然ながら悲しい。


また、現在は、仕事で遅くなることもあり、
決まった時間にエサをやれない。

ハムスターは、夜行性で、夕方か夜に起き出してくる。
また、エサを決まった時間に与えていると、その時間を覚えていて、

起き出してから、その時間帯にカゴに人が近づくと、
わくわくした様子で人影を追いかけて移動し

カゴにエサを入れた皿を置くと、
お皿のところに走ってくるのだ。

エサは、ハムスターにとって、
一日の中でとても楽しみな時間なのだ。


しかし、エサの時間帯に起き出し、
待っていても、エサが現れないと、
がっかりした様子で巣箱へ戻っていったりすることになる。

エサを、朝置いておけばいいと思うかもしれないけれど、
野菜なども一緒にあげたいことがあるそんな時、
朝だと、野菜の新鮮さが失われてしまう。

また、ハムスターが、気に入ったエサを先に食べてしまうこともある。



ハムスターががっかりする様子を思い浮かべるとつらい。

だから、今は、ハムスターは飼わないのだ。
死ぬのも悲しいし。
[ 投稿者:暖かい風 at 20:07 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2016年07月25日
田園
田園風景は好きだ。

あぜ道に生えた雑草は、季節を感じる。

タンポポ、つくし、シロツメクサ、
春が来た等と、気づかせてくれる。

水田に水が張られ、空を鏡のように映している様子も好きだ。
下をみていても、空を見上げているような風景が見られる。

暑い日も、水田に水が張られ、
広い面積の地表が水に覆われているのだと思うと
気分的に涼しく感じられる。

また、水田が広がっている場所は、
空も大きく広がってみえる。
遮るものがないからだ。

夕方、日が静んでいく時間帯に通りかがると、
斜めの光線を放ち、輝きながら沈んでいく太陽と、
様々な色合いに変化する空を見られる。

少し立ち止まって、写真にでもとろうとすると、
刻々と様子が変わっていく。

そんな場所を、自転車で走るのが好きだ。
風が気持ちいい。

風になびく、緑の苗も、
季節が変わり、黄金色になった稲穂も
清々しい。
[ 投稿者:暖かい風 at 20:12 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

日記
日曜も、夕方、自転車で出かけた。

あちこちで、「ポケモンgo」で遊んでいるのではないかと思われる人を見た。

本屋などを見た。今日は、アイスティーやドーナツは食べなかった。

自宅を出る前、美味しいアイスコーヒーを淹れて飲んできたから、

お店でアイスティーを飲まなくても平気な気がした。

帰り、涼しく、広がる景色を見ながら自転車で走っていると、

やはり、とても気持ちがいいなと思った。

自転車は、下り坂や、勢いがついている時は、

漕がなくても進む。

そんな時はとても楽で、風を感じながら進むのはとても気持ちがいい。

夏の夕方も、とてもいい。景色も。
[ 投稿者:暖かい風 at 01:35 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2016年07月23日
世界ふしぎ発見!
たまに見る。

今日は、映画「紅の豚」の舞台のアドリア海だ。

ちょっと楽しみだ。
[ 投稿者:暖かい風 at 21:01 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

ポケモンのアプリ
スマートフォンが対応していなかったため、
ダウンロードできなかった。

それなら仕方ない。
個人情報についての心配も不要になった。


最近、夜は涼しい。
ここ数日は、寒いと感じる日もあった。
今日はそこまでではない。

こんなに夜更かしせず、早く寝なければ。
つい遅くなってしまう。
今夜は、久しぶりにアロマテラピーをすることにした。

寝る前は、ラベンダーとオレンジのブレンドか、
ゼラニウムとオレンジのブレンドのどちらかにすることが多い。
今夜は、ゼラニウムとオレンジのブレンドにした。

このブレンドは、明るい気持ちになり、かつほっとする香りだ。

ラベンダーとオレンジのブレンドの方は、
使うとぐっすりと眠れる。



そういえば、
最近は、休日の夕方や日暮れ時、自転車で走ると
草の香りを感じる。そのような、夏の夕方の、草の香りを感じる空気は好きだ。
[ 投稿者:暖かい風 at 01:24 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]