掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2015年05月31日
img20150531

夕方、自転車で走っていたら、水田の水面に、月が映っているのに気がついた。
それを写真に撮ろうとしたところ、風で水面が揺れ始めて、映っていた月も分かりにくくなってしまった。

だから空を撮影した。
本当は、空だけでなく、空の下の夕方の景色も含めた様子がきれいで、
それをアップロードしたかったけど、

住んでいる場所が分かる写真はアップロードしないことにしているので、
空だけにしました。
[ 投稿者:暖かい風 at 23:54 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2015年05月27日
「心がポキッとね」
というドラマを見ている。
今日、水曜放送の。

心が傷ついている(結構深く)登場人物たちが出てくるドラマで、
出てくる人全員、心が傷ついていると思える。

みんな、心がポキッと折れそうな、
折れているのかもしれないドラマだけど、
少しずつ、わけが分からない状況が連続して、
心がポキッと折れそうな状況が連続する中で、
少しずつ、いい方向へ向かっていることが感じられる
いいドラマだと思う。

前回の話で、主人公が泣くシーンがよかった。

みんなの前で、主人公が、心を発露させることができた
そう感じられるシーンだった。
[ 投稿者:暖かい風 at 22:41 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2015年05月25日
「まれ」
NHKの朝の連ドラマを、
録画して、少しずつ見ている。

現在、放送中の話には追いつけていなくて、
これまで放送された回の内、半分くらいしか見られていない。

今日、6話分ほど見た。

録画で見た回では、
主人公が、市役所で、能登への移住者をサポートする仕事をしていて、
その中で、御陣乗太鼓や、間垣が紹介されていた。

朝の連ドラを見るようになったのは、
「あまちゃん」からだ。

「あまちゃん」を見るまでは、誰かが見ている朝の連ドラを、
偶然見る…ということがあっただけで、
初回の話から、継続して見たことはなかった。

けれど、偶然、放送初日に、紹介を読んで
「あまちゃん」を見初めてから、
朝の連ドラは面白いんだなと思った。

一話15分なので、ちょっとした時間に見やすいし、
朝放送だからか、明るい、元気が出るような話が多いように思う。

「あまちゃん」以降に放送された、朝の連ドラを全てみているわけではない。

具体的には、「花子とアン」が、録画を途中までしか見られていない状態で、
それ以外には、
「まれ」だけだ。

もっと見ていたような気がしたけど、書いてみると、
三作品しか見ていない。


朝の連ドラは、全ての作品が、明るい話というわけではないようで、
「純と愛」は、波乱万丈で、賛否両論の作品だったようだ。

「純と愛」は、脚本家が、「GTO」と同じと知って、見たいと思ったけれど、
第一話を見逃してしまったので、見なかった。
[ 投稿者:暖かい風 at 00:34 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2015年05月24日
ベンチに座っている。

風が吹いていて、暑くも寒くもない。

とても気持ちがいい。



今感じているこの気持ちを、ブログに書いてみようと思い、
書いてみました。
[ 投稿者:暖かい風 at 17:13 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

青い花
0524

日差しが暑い昼間、青い花が咲いているのに気づいた。
こんなに暑く、日差しで土が乾きかけているように見えるのに、
枯れる心配を全然感じさせないくらい、とても涼しげな青色だった。
[ 投稿者:暖かい風 at 14:18 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2015年05月23日
最近
最近は忙しかったのだけど、

忙しさとは別に、とても心配で不安を感じていることがあった。

だけど、それが、解決していきそうな状況になった。

周囲の人に相談して、その結果、周囲の人が考えて、行動してくれた。

真剣に考えてくれた。



子どもの頃から、悩み事をあまり、人に相談しない方だった。

例えば、学校での悩みを、親に相談しても、

根本的には解決しないと考えていた。

例え、親が行動してくれたとしても、

学校に行くのは自分で、親が行動してくれた後も、

そこに残る微妙な空気は解決しない。その微妙な空気がつらい。

だから、相談しない。

そんな風に考えていた。

自分のことで、周囲の人が悩んだり、

相談したりして頭を悩ませている…そういう状況も苦手だった。

だから、悩みがあっても黙っていることが多かった。

けれど、つらかった。



大人になった今も、その姿勢は変わっていなかったけど、

最近、悩みを、周囲の人に相談してみたら、

真剣に考えて、行動してもらえた。

自分のことを思って、考えてくれるなんて、

すぐには信じられないような気持ちだった。



これからは、もっと、周りの人に、

心を開いてみよう…話してみよう

そう思った日だった。
[ 投稿者:暖かい風 at 22:11 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2015年05月21日
日記
鳥飼否宇『生け贄』を読み終えた。
前二作より、後味は、少し悪くなかったように思う。
悲しい余韻があった。



推理小説をよく読むけど、推理小説ばかり連続して読んでいると、
疲れてしまうことがある。

推理小説では、やはり事件が起こったりするので。

次は、図書館で借りた本を読もうかな。




日曜日は、カフェでドーナツを食べた。
たまに、一人で行く。
ドーナツを食べて、紅茶を飲んだ。

一人でカフェへは、そのお店以外にも時々行く。
コーヒーを飲むこともあるし、カフェオレや、
キャラメルラテや、バニララテを飲むこともある。

週末に、たまに、自分へのご褒美的な感じで、
一人でカフェでケーキを食べたりすることもある。

けれど、ケーキはちょっと高いしと、我慢することもある。
そんなことを、ふと、書いてみました。
[ 投稿者:暖かい風 at 00:21 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2015年05月19日
鳥飼否宇「観察者」シリーズ
動物、昆虫、植物など、生物にものすごく詳しく、
そして、「人間嫌い」な鳶山久志。

ボタニカル・フォトグラファー、植物写真家として、
各地へ旅して珍しい植物を写真におさめる猫田夏海。

この2人が主な登場人物の「観察者」シリーズ。


人間嫌いといいつつ、そうでないところもあるのではと思われる鳶山さんと、
猫田さんの、すごく淡い恋愛要素もありつつ、
びっくりするような、動植物の生態から解き明かされる事件と、
そこに絡む、人間の、切ない心情や、
あるいは、後味の悪さがあることもある、そんなシリーズです。


私が面白いと感じるところは、
どんな真相が…と先の展開が気になるところ、
鳶山さんと猫田さんの、ストーリーの中でほんの少し垣間見える
恋模様?の行方、
時に、あまりにもびっくり過ぎる真相などです。

購入して手元に置いておく本は、
後味の悪いものより、いいものがいいなと思っていて、
「名探偵コナン」のコミックスも、中(の場面)が血みどろなのが気になって、
枕元の本棚に置いておくと夢見が…と気になって、
中古書店に売ってしまったりしたので、

後味が悪かった、鳶山さん&猫田さんの
タイトルが三文字の前2作のことを考え、
『生け贄』も、後味が悪そうな気がするから、
図書館で借りよう…と考えていたのに、

図書館で取り寄せが必要で、
それまで待てなくて、買ってしまった。
買うなら文庫版が出てから…とも考えたけど、
買ってしまった。

でも、楽しめているからよかった。
[ 投稿者:暖かい風 at 23:08 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

続きの前に
鳥飼否宇の『生け贄』を買ってしまった。 

昨日から読んでいる。
面白いように思う。

自称「人間嫌い」で、生物にものすごく詳しい、
「観察者」の鳶山さん(通称「鳶さん」)と、
植物写真家の猫田さんが、

遭遇する事件を動植物の知識から解決するシリーズだ。

初めて読んだのは『中空』。

今読んでいる、『生け贄』などの、
タイトルが三文字のシリーズは、
前二作は後味がかなり悪かったけれど、
さて、『生け贄』はどうだろう?

レビューを少しだけ読んだら、
切ないところがあるらしい。
[ 投稿者:暖かい風 at 12:52 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

日曜日
日曜日は、ブログに何を書こうか迷っていて、
ふと、シャクトリムシのことを書いてしまった。

突然すぎる。

日曜日は、映画館へ行って、その後、ドーナツを食べ、図書館へ行った。

映画は「ビリギャル」を観た。 
普段、あまり見ようと思わない雰囲気の映画だけれど、
面白いと評判だったので、見たくなった。 

忘れていたことを、少し思い出した気がした。
ニュースは、物事の一部分が切り取られたもので、
それを忘れてはいけないこと、考えること、

可能性を信じることの大切さ。

…眠いので、続きはまた後日書きます。
[ 投稿者:暖かい風 at 00:59 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]