掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2017年06月19日
日記
久しぶりに、「世界まる見え!テレビ特捜部」を、
初めからではないけど、序盤から見ている。

嬉しいなと感じる。
[ 投稿者:暖かい風 at 20:11 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年06月16日
日記
棒寒天を使ったデザートを食べた。

以前から気になっていて、けれど、

贅沢な気がしたので、それと、

寒天のかたい感じより、ぷるぷるしたゼリーの食感が好みだと思ったので、

やめておこうと思ったけれど、


思いきって食べてみることにした。


結果、おいしく、フルーツが入った見た目もきれいで、

フルーツそれぞれの甘さや酸っぱさと、

ほんのり甘い寒天を、一緒に食べると、

寒天だけの味、フルーツそれぞれと一緒に食べた時の味、

と違いが楽しめて、

一個のデザートだけど、一口一口堪能しながら、

楽しんで食べることができた。


これだけ楽しめるなら、

買ってみてよかったと思った。


寒天を食べる直前、

棒寒天とは何だろうと検索してみて、


出てきた寒天のレシピを知れたのもよかったと思った。

実際に作らないかもしれないけど、


寒天にほんの少しだけ詳しくなれた。

[ 投稿者:暖かい風 at 01:14 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年06月14日
ドラマ
「人は見た目が100%」
というドラマを見ている。

インパクトのあるタイトルだけど、
見てみると、努力したら変わったり、
いいことがあったり…という、
努力することでいいことがあるかも
というところにポイントが置かれたストーリーで、

主人公たちが、努力したり頑張ったりして、
ちょっといいことがあったり…という、
そのほのぼのした空気感もいいと思った。

けれど、先週の話は衝撃的だった。
「このほのぼのした空気感のあったドラマでこんな展開に…?」と思える、

にわかには信じがたい、
全く予想だにしなかった展開だった。

現実の厳しさなんだろうか?
でも、厳しすぎる展開だ。


びっくりした。
[ 投稿者:暖かい風 at 01:02 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年06月08日
日記
アロマテラピーをして眠ろう。

ゼラニウムとオレンジのブレンド。



落ち着いた気持ちで眠りたいときは、
ラベンダーとオレンジのブレンドを使うと、
ぐっすり眠れる。

昨夜は思いのほか寒かった。

夢の中で、寒がっている小さな動物を
布でくるんであたためていたのだけど、
目が覚めると、布団があまりかかっておらず、
自分が寒い状態だった。
[ 投稿者:暖かい風 at 01:13 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年06月02日
日記
自分は子どもっぽく、
ヤな人間だなと思った。

まあ、こんなことを思うのも、人生の一部か。

あの、忘却探偵のドラマで、
主人公が、入院している少女に語っているシーンを思い出した。

恥をかいてばかりだ。それでも、生きていく
というようなことを語っていた。

それが人生だ。



でも、こんな性格じゃ、
誰からも好かれないな
なんて思ってしまう。

多分、そんなことはないんだろう。
他人も色々、嫌な面とかはあって、
それでもいいと思ってくれる人は、
世の中にいるんだろう。

完璧な人間はいなくて、
誰しもだめなところやいいところがあったりするんだろう。


だけど、自分から、人に好かれようと、
好かれたいとか、親しくなりたいとか、
働きかけて、嫌われてたり、拒否されたり、
断られたり、嫌そうな感じを感じとったり、
そんな風になって、

ああ、恥ずかしいな。嫌われてたんだ。
あるいは嫌われてしまった。とか、嫌われたなとか、
そんなことを思って、落ち込んだり、
ぬか喜びになってしまったり、
つらい気持ちになるのなら、

自分からは働きかけなければ、
そうすれば、がっかりしたり、
恥ずかしいなと思ったり、落ち込んだり
そんな気持ちにならずに済む。

自分の世界で、自分一人で、
休日に一人で自転車でどこかに出かけたり、
部屋で漫画を読んだりして、平穏に過ごせる。

求めたりしなければ、
期待はずれでがっかりすることもないのだ。




自分は、自己保身の気持ちが強く、
自分本位で、他者に、上辺だけは優しい態度を一時的にとれても、

自分が大事だから、
そういうとき、自己保身に走ってしまう。
そして、それが見え透いてしまう。

多分、それは他人にも伝わっていて、
嫌な人間だなと思われてると思う。

嫌だな。




だけど、楽しい人生を生きたいな。
平和な世界で、幸せな人生を、
末永く生きたいな。  

生まれかわるのは、どんな状況に生まれるかがこわいし、

例えば同じような状況、日本に生まれて小学校とかに通ってという状況に生まれかわったとしても、

また、一から、小学校以降の学校生活を送っていくのは
大変だなと思ってしまう。

小学校とか、授業だとか、行事だとか、
人間関係だとか、
小学一年生から、成長していくなかで、
様々な悩みに直面するので。


それは大変で、面倒だなと思ってしまう。

楽しかったことも、たくさんあったけど。



だけど、これからの人生の中で、
やっぱり、楽しいことがあるといいな、
楽しいことが起こるといいな、色々。と思う。
[ 投稿者:暖かい風 at 21:45 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年06月01日
日記
夜眠るとき、
どの程度あたたかくし、どの程度涼しくすればいいか、
迷う時期だ。

寝る前は暑くても、明け方には寒くなっているかもしれない。

そう考えると迷う。


そして、今日はもう6月なんだ…。と思った。
[ 投稿者:暖かい風 at 01:27 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年05月30日
ペンパルズ「BELIEVE」
シャッフル再生で、久しぶりに聴いた。
爽やかな気持ちになるいい曲だなと思った。
[ 投稿者:暖かい風 at 08:20 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年05月28日
日記
まだ、日によって少し寒い。 

毛布をかぶってみたらほっとした。
[ 投稿者:暖かい風 at 02:06 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年05月22日
「名探偵コナン から紅のラブレター」
まず、オープニングの映像がかっこよかった。

オープニングのセリフやタイトルバックもさることながら、

登場人物をカラー→白黒 という表示にし、
原作の漫画を彷彿とさせる流れから、
実際に、原作の絵柄を幾つか登場させるところがよかった。

そしてセリフ、人物・ストーリー紹介から、
「見た目は子ども、頭脳は大人 名探偵コナン!」
というお決まりのセリフ、その過程のスピード感と盛り上がり、

映像のかっよさがいい。


また、物語の途中の、
かるた大会の戦いの様子の緊張感と、
事件が絡んでいる緊迫感を

重みと迫力ある音で表現しているところが、
洋画の、サスペンス映画を見ているような気分になった。


また、次々に飛ぶかるたに、人物人物のワンシーンを映す手法も
凝った手法でよかった。

隣には、見知らぬ小学生の子どもが座っていたのだけど、
「小さな子どもはこの映像を理解できるんだろうか」
「現代の子どもは、随分凝った、かっこいい映像のアニメを見ているんだな」
と思った。

そして、コナンのようなアニメを見られるのは、子どもにとってよいなと思った。

コナンのアニメを通じ、正義感や、かっこよさ(どういう姿がかっこいいのか。他者を思いやったり守ったり)

思いやりの大切さ、犯罪を犯してはいけないということ、
ピンチになっても、あきらめず考えれば、
切り抜けられるかもしれないこと、 

そういったことを、学ぶことができるように思う。

[ 投稿者:暖かい風 at 08:09 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

「名探偵コナン から紅のラブレター」
まず、オープニングの映像がかっこよかった。

オープニングのセリフやタイトルバックもさることながら、

登場人物をカラー→白黒 という表示にし、
原作の漫画を彷彿とさせる流れから、
実際に、原作の絵柄を幾つか登場させるところがよかった。

そしてセリフ、人物・ストーリー紹介から、
「見た目は子ども、頭脳は大人 名探偵コナン!」
というお決まりのセリフ、その過程のスピード感と盛り上がり、

映像のかっよさがいい。


また、物語の途中の、
かるた大会の戦いの様子の緊張感と、
事件が絡んでいる緊迫感を

重みと迫力ある音で表現しているところが、
洋画の、サスペンス映画を見ているような気分になった。


また、次々に飛ぶかるたに、人物人物のワンシーンを映す手法も
凝った手法でよかった。

隣には、見知らぬ小学生の子どもが座っていたのだけど、
「小さな子どもはこの映像を理解できるんだろうか」
「現代の子どもは、随分凝った、かっこいい映像のアニメを見ているんだな」
と思った。

そして、コナンのようなアニメを見られるのは、子どもにとってよいなと思った。

コナンのアニメを通じ、正義感や、かっこよさ(どういう姿がかっこいいのか。他者を思いやったり守ったり)

思いやりの大切さ、犯罪を犯してはいけないということ、
ピンチになっても、あきらめず考えれば、
切り抜けられるかもしれないこと、 

そういったことを、学ぶことができるように思う。

[ 投稿者:暖かい風 at 08:09 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]