掲示板お問い合わせランダムジャンプ

浅間山 10月9日 (小諸市飯綱山より)
P1310195
 このブログでは、生き物たちや、自然、歴史など紹介していますが、、専門家ではなく、未熟な愛好家に過ぎません。
狭い地域のことで、日記的な意味合いもあり、同じ内容を何度も繰り返して、マンネリ化していて新鮮味に欠けています。
書いていることは、一応は調べて、掲載していますが、六十の手習い・・・
もう70過ぎていますが、年寄のにわか勉強の結果に過ぎません。間違いがあるかと思います。誤りに気がつきましたら、ご指摘いただけると嬉しく、おおいに感謝です。その内容を記事に反映させたいと思います。
ご意見、ご感想などをコメントをいただけると嬉しく思います。


営利目的や記事に関係のないコメント、英文のコメントは、予告なく独断で削除させていただきます。

2019年09月14日
浅間山麓にて1  石峠あたり
0
雨の続いた後の、ある秋の日・・・

晴れたと・・・
飛び出しました。
浅間山は、そう簡単に出られるかいと雲の中でしたが・・・


1
案山子さん・・・・
ご苦労様です。

あと少しがんばってください。

2
ススキが素敵だったので、この日後帰りがけに、苦労して芒を五本採って帰りました。
帰って花瓶に挿して置いたら、アッという間に花が開き・・・・
妻が『もっと開いていないを・・・』・・・
そのつもりで選んだつもりだったのですが・・・

5
やはり野で見るのが素敵かなと・・・

6
秋の雲も素適でした。

7
山麓を登って石峠という浅間山麓の集落に入ります。
ブルドーザー・・・
トリミングで消そうかと・・・

農村らしくていいかなと・・・

8 (1) 8 (2)
石峠の路地奥・・・

馬頭観音・・・

9
こちらにも馬頭観音・・・

天保三年と安政三年・・・
幕末ですね。
何故か馬頭観音は幕末が多いようです。

10
八ヶ岳も雲の中・・・

それも悪くないかなと・・・

11 (1) 11 (2)
浅間山から流れ下る蛇堀川の堰堤工事中・・・

この川は我が家の500m位離れたところを流れています。
浅間山が有史にないような安価があったら我が家も危ない・・・
ない保証はないのですが、その時に食い止めてくれたら・・・・
まず無理でしょうけど・・・
もっと小さな場合は助かりそうです。
もっともここまで来るとすれば大大噴火ですが・・・・

12.
郷土地区の桜並木・・・

13
秋の気配も・・・

15
結構上ったなと・・・

電動アシストの愛車のママチャリのお陰ですが・・・

16
松井のリンゴ畑・・・

17
美味しい秋の実にはあと少しのときが・・・

20
街へ戻ろうか・・・

でもこのトンネルを自転車で潜ったことは無かったなと・・・

[ 投稿者:オコジョ at 09:20 | 小諸 風景 自然 | コメント(0) ]

この記事へのコメント

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/90.97/archives/0000582367.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 9 x 7 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら