掲示板お問い合わせランダムジャンプ

浅間山 8月07日 (小諸市乙女湖公園より)
P2410606 
このブログでは、生き物たちや、自然、歴史など紹介していますが、、専門家ではなく、未熟な愛好家に過ぎません。
狭い地域のことで、日記的な意味合いもあり、同じ内容を何度も繰り返して、マンネリ化していて新鮮味に欠けています。
書いていることは、一応は調べて、掲載していますが、六十の手習い・・・
もう70過ぎていますが、年寄のにわか勉強の結果に過ぎません。間違いがあるかと思います。誤りに気がつきましたら、ご指摘いただけると嬉しく、おおいに感謝です。その内容を記事に反映させたいと思います。
ご意見、ご感想などをコメントをいただけると嬉しく思います。


営利目的や記事に関係のないコメント、英文のコメントは、予告なく独断で削除させていただきます。

2019年07月14日
那須高原の明け暮れ 番外 温泉と食事
1
那須高原に夜のとばりが近づき・・・
奥に見えているのは、散歩してきた大丸温泉(おおまるおんせん)・・・

散歩の様子はまだアップしていません。
そちらは写真が多いので、間に合わず、明日にします。番外編が先というおかしなことになりました。


2
街の灯は見えず・・・

3
宿にあった写真によると、晴れていればこんな景観が広がるはず・・・
梅雨時期の旅、覚悟の上ですが・・・

5 (1) 5 (2)
食事の前に温泉・・・

那須温泉郷は鬼怒川・塩原と並ぶ栃木県の三大温泉地です。

古代の鹿の湯の源泉発見の後、多くの源泉が発見されています。
那須温泉の初めての文献は、温泉発見から約100年後に、奈良時代の天平10年(738)の正倉院文書『駿河国正税帳』だそうです。それによると小野朝臣が従者12人を伴って湯治のため那須温泉に向かうという記述があるそうです。
明治のころには、那須湯本温泉、板室温泉、大丸温泉、弁天温泉、北温泉、高雄温泉、三斗小屋温泉が那須七湯(なすしちゆ)として広く知られていたそうですが、大正時代になって郭公温泉、飯盛温泉、旭温泉に湯本温泉から引水した新那須温泉を含めて那須十一湯(なすじゅういちゆ)と呼ばれたそうです。

「源泉 大丸温泉」とありますね。ここから500mほど上ですが、大丸温泉には3つの源泉があり、その一つの[相の湯]から引いているそうです。

6
大丸温泉は江戸時代の元禄4年(1691年)に発見された、車で行ける那須温泉郷の最も奥まった標高の高い温泉で奥那須温泉と呼ばれることもあるそうです。
江戸時代から麓の黒羽藩主大関氏や、明治になってからは乃木希典が好んだ温泉だったそうです。

7 (1) 7 (2)
露天風呂・・・

天気が良ければここから御来光が見られるとか・・・

今回は駄目でしたが・・・

そういえば那須湯本温泉近くに、那須御用邸には温泉がひかれていますが、その元湯は大丸温泉の少し下の源泉からだそうです。

10
こんな、お品書きでした。

和洋食の創作メニューや栃木の郷土料理のビュッフェ・コースもありましたが、歳をとると、何にしようかなと迷うのも面倒・・・(笑)

つい食べ過ぎるのもあるのですが、シェフが組み合わせを考えた料理コースの方に楽しみが多いようです。
それにゆっくり酒を飲めますし・・・(笑)

11
今回は「季節限定料理コース 栃木プレミアム とちぎ和牛すき焼会席」・・・

まずは前菜・・・
<前菜>
トマトコンポート
ナッツチーズ
マグロアボガド
タコピンチョス
トルティア
うずら卵バルサミコ漬け
バーニャカウダーテリーヌ
ローストビーフ

薄い石の皿・・・
美しくて良いですね。

さて、それぞれの味は・・・
美味しかったのですが、酒とともに去りぬかな・・・

15
<洋皿>
彩り野菜のお花畑

12
<台物>
とちぎ和牛のすき焼き

とちぎ和牛は、全国肉用牛枝肉共励会で最優秀賞・日本一を獲得した、黒毛和種のブライド牛でまさに栃木の匠とも呼べる和牛だそうです。

そういえば、那須高原を走っているとあちこちで「とちぎ和牛」の看板や幟をみかけました。

13 (1) 13 (2)
若いお嬢さんが、楽しい話をしながら、手際よくすき焼を作っていただきました。ゆっくりとお酒を楽しみながら、あとは食べるだけ・・・・

とろけるような上品な味わい、美味しかったです。

16 (1)  16 (2)
晩酌は3種の利き酒セットと、そのあと単品で一種・・・

17
それぞれに味わいがあって美味しかったです。

5種の酒のうち4種を楽しみました。妻は質素堅実が美味しかったと・・・
我が家も質素堅実かなと・・・

18
<食事>
とちぎ和牛の棒寿司

19
<甘味>
シフォンケーキ

20
こんな部屋がありました。

合唱の合宿をするのに良さそうです。

合唱コンクール用を離れて20年・・・
合宿はいつも小諸の民宿・・・
こんなな素敵な所では、行ったことはありませんでした。

でも、その古びた民宿が懐かしく・・・

こんな風に那須の夜は更けていきます。この後はもう一度湯を楽しんで・・・
[ 投稿者:オコジョ at 09:06 | 旅 (地域外) | コメント(2) ]

この記事へのコメント
こんばんは
那須温泉ですか!
那須は行ったことが無いんですよね。
今はちょっと動けないので、目で楽しませてもらいます。
お食事、美味しそうですね。
特に品数の多い前菜、こういうの大好きです。
美味しい食事に温泉に旅。
最高ですね。
投稿者: 万見仙千代 at 2019-07-14 21:10:22
万見仙千代さんへ
こんばんは
私は¹るこの宿に泊まりたいということは少ないですね。あっても、山の中の一軒宿みたいなとこかな・・・
観光するところに都合の良い場所となります。
この宿は山の奥で、あまり人気の無さそうなところ・・・
で゛も特別なものはなかったけど、楽しみました。
すき焼を担当してくれた女性気さくで明るくて素敵ででした。特別、美時゛んでも、スマートでもなく普通柄の娘さんでしたが・・・
妻も褒めていました。
そういう人との触れ合いがあると旅も楽しくなります。
投稿者: オコジョ at 2019-07-14 21:28:28

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/90.97/archives/0000577903.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 1 x 2 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら