掲示板お問い合わせランダムジャンプ

浅間山 5月08日 小諸市耳取より)
P1150182 
このブログでは、生き物たちや、自然、歴史など紹介していますが、、専門家ではなく、未熟な愛好家に過ぎません。
狭い地域のことで、日記的な意味合いもあり、同じ内容を何度も繰り返して、マンネリ化していて新鮮味に欠けています。
書いていることは、一応は調べて、掲載していますが、六十の手習い・・・
もう70過ぎていますが、年寄のにわか勉強の結果に過ぎません。間違いがあるかと思います。誤りに気がつきましたら、ご指摘いただけると嬉しく、おおいに感謝です。その内容を記事に反映させたいと思います。
ご意見、ご感想などをコメントをいただけると嬉しく思います。


営利目的や記事に関係のないコメント、英文のコメントは、予告なく独断で削除させていただきます。

2019年01月13日
1月の懐古園散歩   附:昨日の浅間山
1
三の門・・・

今年初めて懐古園に散歩に行きました。
孫と息子夫婦は、もう新年早々訪れているのですが、年を取るとスタートダッシュが効きません。それではいけないのですが・・・


2
うっすらと雪の降った翌日・・・
降ったというか、まったという程度なのですが・・・

雪があると正月らしいのですが、この冬はそういう雪はまだ一度もありません。

3
本丸への黒門橋・・・

人影はほとんどありませんでした。
わりと早い時間なので、氷点下だったかも・・・
人は嫌がりますね。

6
でも本丸には団体さんが・・・
言葉すると中国の方たち・・・・

7
本丸の懐古神社に参拝・・・

この神社は小諸城の藩主と菅原道真公と荒神を祀っています。
荒神は火の神や竈の神ということで台所の神です。我が家の昼食は私の担当・・・
この正月は家族全員がウィルス性胃腸炎で大変だったので、そういうことが無いようにと・・・

でも今は受験シーズンで合格祈願に訪れる人も多いようです。

8
天守への石段・・・
ここを登れるうちは元気なのかと・・・

10
今年も登れました。

桜の木は静かに暖かな春を待っています。

9
桜の古木の羊歯・・・

多分ノキシノブという羊歯だと思うのですが・・・
羊歯の仲間はほとんど知りませんので、らしいというくらいです。

11
紅葉が丘・・・

藤村の「千曲川のスケッチ」に登場する弓道場はここにありました。

12
この日は紅葉でなくて、このささやかな雪が枯葉と共演していました。

横から懐古園へ・・・

13

    あたたかき光はあれど
    野に満つる香りも知らず
    浅くのみ春は霞みて
    麦の色はつかに青し   (島崎藤村「千曲川旅情の歌」より)  


弧に名微かな雪を踏んで日向はもうすっかりと消えていました。

15
見あげる天守の松・・・

ここだけ緑でした。

16
島崎藤村の「千曲川旅情の歌」の詩を刻んだ藤村碑・・・

17
古城跡からの千曲川・・・

18
ダムの堰が取り払われて、まだ工事中・・・
最終的にどんな形になるのか見守っていこうと思います。

19
行く川の流れは絶えずして・・・

鴨長明の方丈記の冒頭)ですね。

あるいは露落ちて花残れり。残るといへども朝日に枯れぬ。あるいは花しぼみて露なほ消えず。消えずといへども夕べを待つことなし。 

時は川の流れのように 絶えることなく歩みを止めません。人の命は限りがあるのに人は立ち止まってばかり・・・
今年もそんな無駄の中で生きていくことになりそうです。

20
小諸城を守る空堀に降りて町へ行きます。

昨日の浅間山・・・ 
P1560424
昨日の小諸市郊外のあぐりの湯こもろからの浅間山・・・
今年の初温泉・・・

P1560426
浅間山も白い筋の例年の浅間山の姿になりました。

昨日は東京で初雪だったようですね。小諸は雪の少ない地方ですが、この冬は雪らしい雪が降りません。昨日の東京くらいの雪なら何度もありますが・・・
この時期まで雪搔きが一度もないというのは珍しいです。普通は数センチの雪が何度かあるのですが・・・
[ 投稿者:オコジョ at 08:23 | 小諸 風景 自然 | コメント(0) ]

この記事へのコメント

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/90.97/archives/0000567780.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 2 x 4 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら