掲示板お問い合わせランダムジャンプ

浅間山 (2月18日 御代田町馬瀬口諸市より)
P1580388 
このブログでは、生き物たちや、自然、歴史など紹介していますが、、専門家ではなく、未熟な愛好家に過ぎません。
狭い地域のことで、日記的な意味合いもあり、同じ内容を何度も繰り返して、マンネリ化していて新鮮味に欠けています。
書いていることは、一応は調べて、掲載していますが、六十の手習い・・・
もう70過ぎていますが、年寄のにわか勉強の結果に過ぎません。間違いがあるかと思います。誤りに気がつきましたら、ご指摘いただけると嬉しく、おおいに感謝です。その内容を記事に反映させたいと思います。
ご意見、ご感想などをコメントをいただけると嬉しく思います。


営利目的や記事に関係のないコメント、英文のコメントは、予告なく独断で削除させていただきます。

2019年01月08日
信濃国分寺 八日堂縁日 (上田市)
1
毎年、上田の信濃国分寺で1月7日のから8日にかけて八日堂縁日が開催されます。
地元では信濃国分寺という正式名より、八日堂と呼んで親しまれています。

信濃国分寺は何ども取り上げていますので、細かい説明は省きたいと思っていますが、何も説明もないわけにはいきませんので簡単に・・・

国分寺は、奈良時代に聖武天皇の勅願で全国に建立され、信濃では上田に置かれました。天慶2年(939)の平将門の乱で焼失、約300m北方の現在の地に再建されました。しかし、律令制度の崩壊に伴い、国分寺信仰は、漸次衰退に向かいます。
そして、鎌倉時代になると民衆主体の新しい仏教の復興が起こります。そうした流れの中で信国分寺も天台宗の寺となり、本尊も釈迦如来からから薬師如来になりました。
2
参道入り口の仁王門・・・

今年は新年早々、家族全員、ウィルス性胃炎で質素な正月になりましたので、厄払いにと昨日、八日堂縁日にいって参拝してきました。

3
八日堂の名は毎月8日には金光明経 (こんこうみょうきょう)の読経が行なわれ、縁日の市が立ったことからとよばれました。
一月の縁日では7日より本堂では、正午に護摩が焚かれ読経が行われます。

午後は混みますので、昼前に着くようにしましたが、それでも大勢の人で賑わっていました。

4
八日堂縁日は、この地方の代表的な祭りで、交通規制がひかれるなど大いに賑わいます。この日も参道入り口は大渋滞でした。

参道だけでなく、横から入る道も、びっしりとたくさんの出店・・・
そして境内にも所狭しと並びます。
これだけ屋台が並ぶ祭りは東信濃はここだけだと思います。

5
長野県宝の本堂・・・
万延元年(1860)に竣工の建物で、薬師如来を安置しているので薬師堂とも呼ばれます。

本堂の彫刻は幕末期に上田を中心に活躍した宮大工竹内八十吉の作です。
力強さの中に優美さを秘め生き生きして名作です。

6
時間が早くて、まだ参拝者は少なかったのですが、並んで参拝・・・

7
みんな元気になったことを感謝して参拝しました。

12
八日堂縁日でもっとも人気があるのは蘇民将来符(そみんしょうらいふ)です。
蘇民将来符は八日堂縁日で参拝者たちに授ける招福除災を祈る護符です。
蘇民将来符は、柔らかく加工しやすいドロヤナギの樹を六角形に削って、「大福長者蘇民将来子孫人也」を六面に大福・長者・蘇民・将来・子孫・人也と二字ずつ手書きで書き分けています。

蘇民将来は日本各地に伝わる説話、およびそれを起源とする民間信仰です。
一夜の宿求めた武塔神(むとうしん)を裕福な巨旦将来(こたんしょうらい)は断りますが、その兄の貧しい蘇民将来は精一杯もてなします。
ふたたびおとずれた武塔神は、巨旦の妻になっている蘇民の娘には茅の輪の目印つけ、娘を除く巨旦の一族を滅ぼします。
武塔神は「吾は速須佐雄(すさのう)の神なり。後の世に疫気あらば、汝、蘇民将来の子孫と云ひて、茅の輪を以ちて腰に着けたる人は免れなむ」と言って去りました。
蘇民将来の子孫は、柳の樹に『蘇民将来子孫人也』と書いて、門戸にかかげて災難を防いで繁栄したという話による信仰です。

7この素敵な形と図柄は民芸的に格調が高く、地域色も豊かで、民俗学的にも
貴重で蘇民将来符は昭和43年4月には上田市の民俗文化財に指定されました。
蘇民将来符配布は全国各地にありますが、室町時代より500年以上続いている蘇民将来信仰の典例として平成12年12月に「八日堂の蘇民将来符頒布習俗」として、国選択の無形民俗文化財になっています。
.
全て手作りの良さがあります。

「蘇民将来」はいろいろなサイズかあります。小さなものは1000円、一番大きなものは8000円です。なくなると終わりです。

10
国の重要文化財の三重塔です。

境内も屋台などで一杯、その上から見下ろしていました。

9
八日堂縁日では鐘楼の鐘は開放されて、誰で鐘をつけます。
素敵な音が、無絶えることなく響いていました。

13
達磨を求める人も沢山いました。
まるで達磨市でした。

11
大黒堂の前も行列・・・

15
ここでは達磨に目を入れて開眼してもらえます。

17
弁財天を祀る蓮池は凍っていました。
今日から仕事の妻と食べるために焼きそばを買って帰りました。

八日堂縁日は今日の午前中まで・・・
今日も賑わいそうです。

[ 投稿者:オコジョ at 09:08 | 上田市・小県郡 | コメント(0) ]

この記事へのコメント

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/90.97/archives/0000567373.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 2 x 5 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら