掲示板お問い合わせランダムジャンプ

浅間山 (2月18日 御代田町馬瀬口諸市より)
P1580388 
このブログでは、生き物たちや、自然、歴史など紹介していますが、、専門家ではなく、未熟な愛好家に過ぎません。
狭い地域のことで、日記的な意味合いもあり、同じ内容を何度も繰り返して、マンネリ化していて新鮮味に欠けています。
書いていることは、一応は調べて、掲載していますが、六十の手習い・・・
もう70過ぎていますが、年寄のにわか勉強の結果に過ぎません。間違いがあるかと思います。誤りに気がつきましたら、ご指摘いただけると嬉しく、おおいに感謝です。その内容を記事に反映させたいと思います。
ご意見、ご感想などをコメントをいただけると嬉しく思います。


営利目的や記事に関係のないコメント、英文のコメントは、予告なく独断で削除させていただきます。

2018年12月21日
ある日の小諸風景  冬景色と御影新田当たり
1
御影からの浅間山・・・
素敵な浅間山を期待していったのですが、雲の中でした。

直売所にほしいものがあって出かけました。


2
雪雲ですね・・・

吹雪ではないけれど山は雪かな・・・

3
途中の冬の朝の道・・・

7
美しいといえば美しいのですが・・・

5
やはり寒さを感じます。

6
これが、こちらで繰り返される朝の色です。

8
御影の集落を行きます。朝ほんの少し雪が舞ったかなと・・・

9
道脇の樹に挟まれた上宿(かみじゅく)の道祖神・・・
ボーとしていると通り過ぎてしまいます。

10
1月7日夜、県無形民俗文化財の「御影新田の道祖神祭り」が行われます。
午後6時頃、御影集落の東側の上宿と西側の山車が集落の入口にある道祖神から出発して集落の真ん中で出会います。

この道祖神は左が道祖神の単体像でしょうか。右は双体道祖神です。

道祖神は、部落の入口に祀られました。集落の境にあって悪霊、邪霊、悪鬼、疫神などの厄が部落に入ってくるのを防ぐ神で、塞の神(さえのかみ)、道陸神(どうろくじん)、道六神、ふたまたの神、とも呼ばれます。

11
素朴なお顔ですね。

「御影新田の道祖神祭り」は江戸時代から300年余りという伝統の祭り・・・
そんな歴史を感じさせます。

12
子どもたちが乗った2台の山車はこの御影陣屋の前で激しくぶつかり合います。

御影新田の道祖神祭り
大分前の写真ですが祭りの山車のぶつかる場面です。

ここの山車は男山と女山にとも言われ、ぶつかりあうのは、夫婦神ともいわれる猿田彦大神と天宇受売神の結合、つまり男女の交わりを意味するといわれます。つまり、安産・子宝を祈願するものです。そうした、新しい命の誕生は豊饒や豊作につながります。つまり豊作を願う祭りといえます。この激しい激突は1時間半にもわたります。

13 (1) 13 (2)
こんな細い道に入っていきます。

何の用・・・
それとも近道・・・

15 (1) 15 (2)
ただ奥にお宮が見えたから・・・

鳥居には金の字が・・・

中には金毘羅御守がありました。

16 (1) 16 (2)
金毘羅神社のすぐそばに道に背を向けた方が・・・

剣と縄を持っていらっしゃいますから不動明王ですね。
そして、奥の石祠はお稲荷さん・・・
日本人が崇拝する素敵な神と仏がこの片隅にいらっしゃるようでした。

17
目的のものは直売所になし・・・

もう一つ見てみるかと浅間山の方に向います。
[ 投稿者:オコジョ at 09:23 | 小諸 風景 自然 | コメント(4) ]

この記事へのコメント
こんばんは
御影の集落
あそこは不思議な所で、通る気が無いのに吸い込まれるように走ってしまうことが多々あります。
多分、曲がる所が狭くて通り過ぎてしまうんですね。
一度入ってしまうと横道が細すぎるので、仕方なく突っ切ってしまいます。
昔ながらの雰囲気が残る街道ですよね。
道祖神祭りに行ったのも、遠い昔になりました。
投稿者: 万見仙千代 at 2018-12-21 21:25:36
万見仙千代さんへ
こんばんは
なんとなく近くにいくと通ってみたく成るところってありますね。この時も直売所がもく滝で、陣屋にも寄らなかったので、141号線から往復するだけで良かったのですが・・・
道祖神祭りに行ったのは私の足がまだよかった頃ですからもう10年以上前です。
今は夜は危ないので出かけませんので懐かしい祭りになっています。

投稿者: オコジョ at 2018-12-22 15:51:17
おはようございます
澄んだ青空の下でお散歩いいですね。
こちら最近は曇りと雨が多くてなかなかすっきりしません。
でも霜も降りてかなり寒そうですね。
足元がじんじんしそうです。
直売所、目的のものなくて残念でしたね。
今週末あたりに正月用の白菜を漬けようと思っているので我が家も直売所でと^^
投稿者: アメジスト at 2018-12-23 10:42:49
アメジストさんへ
こんばんは
晴れてもこちらは寒いのですが、やはり青空の下だと気分が明るくなります。
そちらも早く青空が戻るといいですね。
住めば都といいますが、雪が多いより、寒い方が良いかな・・・
雪国の人は寒いより、雪の方が良いと思っているようです。
正月はみんな集まってすき焼をするのが恒例になっていて、その材料を探しに行きました。正月まで一週間、なんとなく、あわただしさを感じています。
明日は年賀状も書かないと・・・
投稿者: オコジョ at 2018-12-23 18:41:27

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/90.97/archives/0000566331.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 3 x 7 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら