掲示板お問い合わせランダムジャンプ

浅間山 (11月10日 浅間山 小諸市町より)
P1510959 
このブログでは、生き物たちや、自然、歴史など紹介していますが、、専門家ではなく、未熟な愛好家に過ぎません。
狭い地域のことで、日記的な意味合いもあり、同じ内容を何度もおなしを繰り返して、マンネリ化していて新鮮味に欠けています。
書いていることは、一応は調べて、掲載していますが、六十の手習い・・・
もう70過ぎていますが、年寄のにわか勉強の結果に過ぎません。間違いがあるかと思います。誤りに気がつきましたら、ご指摘いただけると嬉しく、おおいに感謝です。その内容を記事に反映させたいと思います。
ご意見、ご感想などをコメントをいただけると嬉しく思います。


営利目的や記事に関係のないコメント、英文のコメントは、予告なく独断で削除させていただきます。

2018年11月09日
秋の布引山1 布引観音
2
布引観音堂のある岩山・・・

10日ほど前、天気もいいので、布引観音を散歩してきました。
紅葉には少し早かったのですが、色付きはじめていました。


3
山裾を流れる千曲川の渓谷も秋色になっていました。

6
この色が無くなると信濃の秋は終りです。

7
見あげる岩壁・・・

岩の世界に入っていきます。

8
参道入り口・・・

ここより観音堂的で8丁約900mの山道です。

10
こんな樹々の中を行きます。

11
岩に見つめられているような・・・

いつも、惰性で同じような写真ばかり・・・
たまには違う写真を行ってもこんな写真は無いかな・・・

12
秋の山道でした。

13
樹々の葉がかなり落ちてきて、夏と較べると、空が見えて明るい秋という感じでした。

15
不動明王のいる岩・・・

16
こちらが不動明王・・・

布引観音は私の毎年訪れる定例散歩コース・・・
今年も今回で3回目・・・
今回は風景中心のアップとします。

釈尊寺と布引観音堂についてはこちらを⇒布引観音 釈尊寺

17
見あげる観音堂・・・
岩に張り付いていますね。

床下が岩から飛びだしています。
上に立つのも、怖いですが、見上げても寒さを感じます。

19
釈尊寺・・・

本堂の上は秋でした。

20
釈尊寺境内からの観音堂・・・
清水の舞台と同じ懸崖造りなので床下には支えている柱があるのですが、高いですね。

そして見事な岩壁に朱の建物の調和が見事です。

遠くに浅間山・・・
この寺は奈良時代の創建とか・・・
この岩穂と浅間山が見えるので気に入ったのかなと・・・

21
その浅間山は頭の雲の中・・・・
上に出すには少し背が足りません。

でも、私にとっては素敵な山です。

22
言葉はいらないですね・

とにかく秋です。

23
秋に酔う・・・

25
下はこんなんですが・・・・

下は見ないほうがいいかも・・・

26
釈尊寺の秋・・・

山寺の秋という方がいいかも・・・

27
絶えまく、落ち葉が舞い落ちる秋でした。

[ 投稿者:オコジョ at 09:02 | 小諸 風景 自然 | コメント(0) ]

この記事へのコメント

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/90.97/archives/0000562031.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 1 x 5 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら