掲示板お問い合わせランダムジャンプ

浅間山 (11月10日 浅間山 小諸市町より)
P1510959 
このブログでは、生き物たちや、自然、歴史など紹介していますが、、専門家ではなく、未熟な愛好家に過ぎません。
狭い地域のことで、日記的な意味合いもあり、同じ内容を何度もおなしを繰り返して、マンネリ化していて新鮮味に欠けています。
書いていることは、一応は調べて、掲載していますが、六十の手習い・・・
もう70過ぎていますが、年寄のにわか勉強の結果に過ぎません。間違いがあるかと思います。誤りに気がつきましたら、ご指摘いただけると嬉しく、おおいに感謝です。その内容を記事に反映させたいと思います。
ご意見、ご感想などをコメントをいただけると嬉しく思います。


営利目的や記事に関係のないコメント、英文のコメントは、予告なく独断で削除させていただきます。

2018年10月26日
秋の籠ノ登山を行く5 高峰高原へ
1
水ノ塔山からの浅間山・・・

少し前には白煙を上げていたのに今は一休み・・・
山は生きています。


3
尾根の末端の高峰温泉に向って下ります。

5
こんな岩の道です。

7
登って来た籠ノ登山その右に西かごのちやまがならんでいました。そして七千尺コースの稜線・・・

振り返ってみると良く歩いたなと・・・
初心者コースですが・・・
でも私は何時まで歩けるか・・・
来年も来たいなと・・・

8
今にも転がってしまいそうな大岩・・・

9
反対から見るとどっしりと尾根に根を張っています。

10
こんな坪庭もあります。

11
岩の道の尾根の向こうに高峰山・・・
高峰山の手前に高峰温泉があります。

青い屋根が見えています。

12
岩の道が終ると落葉松林に入ります。

まだ岩は終っていないよと大岩が道を塞いでいました。

確かにここからは岩の道と落葉松林の入り混じった道になります。

13
落葉松の上に浅間でなくて・・・
家というより間かも知れませんが、高峰温泉が見えていました。

15
ここで、岩の道を水ノ塔山へと登っていく方がいらっしゃいました。
これからと思いましたが、まだ三時・・・
水ノ塔山なら行って来られそうですね。
でも秋の夕暮れは釣瓶落とし・・・
気を付けて・・・

17
岳樺・・・

生命力を感じる逞しさがあります。

19
高峰温泉に着きました。

今回は西籠ノ登山を往復して、日帰り入浴の時間は過ぎていて温泉はなしです。
でもバスの時間には1時間近くあります。

ポケッと待っているのは性に合わないので、次のバス停のある車坂峠までのんびりと歩いていくことにします。
1.2キロの車の道ですが、時折、車が通るだけの高原の道です。あり替えると籠ノ登山と水ノ塔山が見送っていてくれました。

20
枯木の向こうの黒斑山も秋色・・・

22
ダケカンバの紅葉が針葉樹の中にグラデーションを描いていました。

25
でも、遠き山に陽は落ちようと急いでいるようでした。

落葉松のシルエットが素敵でした。

P1510342
小諸は年間の晴天率が60%を超える年も多く、雨天率は平均して8%程度と日本でも高い晴天率と冷涼な夏の気温が特徴です。この高原は町から車で30分ほどの場所にあり、標高2000mレベルの未舗装の道路が4km以上続く、高地トレーニングに理想的として、小諸市は高地トレーニングエリアのフィールドとして構想しています。今年は流水プール1台を設置したとニュースで報じていました。

日本トライアスロン連合のナショナルチームや大学の大学選抜強豪が利用しているそうです。

この日もこの道を走っているランナーがいらっしゃいました。高峰温泉と車坂峠を往復しているようで三度すれ違いました。

27
アサマ200のスキー場の「高峰マウンテンロッジ」が建て替え中・・・
今はスキー客や登山客中心ですが、高地トレーニングの人たちの拠点になりそうです。

30
車坂峠の登山届のボックスに貼り紙・・・

黒斑山のJバンドで8月18日に登山ツアーのガイドの方が足を滑らせて滑落無くなりました。ご冥福をお祈りします。

ガイドですから、それなりの経験があったのですが、山は常に注意して歩かないといけませんね。私も気を付けることにします。

[ 投稿者:オコジョ at 10:30 | 山 浅間山周辺 | コメント(2) ]

この記事へのコメント
こんばんは
高峰温泉
今回は無しですか。
登山ツアーのガイドさんが亡くなった。
ちっとも知りませんでした。
ニュース流れていましたっけ?
怖いですねぇ。
ご冥福をお祈りいたします。
あの高さになると、紅葉なんですね。
もう冬にまっしぐらですね。
投稿者: 万見仙千代 at 2018-10-26 20:05:06
万見仙千代さんへ
おはようございます。
高峰温泉は宿泊客のチェックインには日帰り入浴が終るようにしていますので、早く山を下りないと入れません。
黒斑山での遭難はテレビで゛も報道されましたが、ツアーガイドということは触れていなかったですね。ツアーの方は困ったでしょうね。
山の秋は早いですね。
でも、里の子にも紅葉が降りてきましたね。
投稿者: オコジョ at 2018-10-27 08:07:07

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/90.97/archives/0000560748.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 9 x 7 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら