掲示板お問い合わせランダムジャンプ

浅間山 (12月13日 小諸市新町より)
P1530891 
このブログでは、生き物たちや、自然、歴史など紹介していますが、、専門家ではなく、未熟な愛好家に過ぎません。
狭い地域のことで、日記的な意味合いもあり、同じ内容を何度もおなしを繰り返して、マンネリ化していて新鮮味に欠けています。
書いていることは、一応は調べて、掲載していますが、六十の手習い・・・
もう70過ぎていますが、年寄のにわか勉強の結果に過ぎません。間違いがあるかと思います。誤りに気がつきましたら、ご指摘いただけると嬉しく、おおいに感謝です。その内容を記事に反映させたいと思います。
ご意見、ご感想などをコメントをいただけると嬉しく思います。


営利目的や記事に関係のないコメント、英文のコメントは、予告なく独断で削除させていただきます。

2018年10月09日
松原湖・秋の花たち3カシワバハグマ サラシナショウマ ミゾソバなど
小さな旅ですが、留守にします。コメントの返事遅れますがよろしくお願いします。

カシワバハグマ(柏葉白熊、 キク科コウヤボウキ属) 
 
1 カシワバハグマ (1)
カシワバハグマはこのブログ初登場・・・
松原湖では以前にオクモミジハグマ (奥紅葉白熊) という花を、紹介しています。

オクモミジハグマの方はヒョロヒョロした感じで、花も小さいのですが、このハタキと言おうかイソギンチャクのような感じは似ています。

秋の終わりに咲く花で注目されませんがきれいな花といっていいようです。


1 カシワバハグマ (3)
おなじキク科なのですが、コウヤボウキ属とモミジハグマ属と同じ仲間ではありません。そしてカシワバハグマは「柏葉」が柏の葉に似ているということです。柏と同じく樹木で木本(もくほん)ですが、オクモミジハグマは草の草本(もくほん)です。
もっとも、背の低い木で見下ろす花ですが・・・

「白熊」で「ハグマ」は変わった読み方ですね。
どこが白熊なのか・・・

白熊は、ヤクの尾の毛のことを言うそうです。ヤクは、花が細かく細く咲いた布の片側を結んだようですね。仏具の払子(ほっす)や槍、兜などの飾りを白熊と呼ぶことからこの名となったそうです。

幕末の官軍は縮れ毛のカツラを被った武士がいますが、長州藩のカツラは白くこれも白熊(はぐま)です。ちなみに薩摩藩は黒いので黒熊(こぐま)、土佐藩は赤く赤熊(しゃぐま)でした。戦国時代にも使われています。

1 カシワバハグマ (2)
コウヤボウキ属のコウヤボウキ(高野箒)と花はそっくりです。佐久にはないようですが、葉は卵型です。
信州にはないようですが、
高野山ではこの茎を束ねて箒の材料として玉箒(たまぼうき)と呼んだので高野箒となったそうです。花は小さくて箒にはならないようです。古くから箒の材料として使われ正倉院御物の子日目利箒(ねひめとほうき)はコウヤボウキを材料としたものだそうです。

サラシナショウマ (晒菜升麻  キンポウゲ科サラシナショウマ属) 
2サラシナショウマ (1)

  草陰に待ってたような趣の サラシナショウマ咲きいたりけり  鳥海昭子


サラシナショウマは白い大きな房の花で、草陰から目の前に急に現れると、来るのが分かっていて、ワッと脅かすように・・・

「待ってたような趣の」・・・
花はいつでもそこにあるのですが・・・
でもそこに作者の優しい人柄を感じさせます。

2サラシナショウマ (2)
初めてサラシナショウマは信州更科に多いから、更級升麻だろうかなとおもったのですが、「サラシナ」は「晒菜」だそうです。若菜を茹でて水で晒して食べるから・・・
水で晒すのが、面倒ですし、美味しくそうですので、現在では、食べることは無くなりました。しかし、昔は、飢饉などの非常食出多くの命を救ったのかもしれません。

2サラシナショウマ (3)
ひとつの大きな花、ついそう見てしまうのですが、本当は小さな小さな花の集まりです。
白い花は試験管洗いのブラシのようです。最近の試験管洗いはブラシでなくてスポンジを使うそうですが・・・

そんなブラシを思いだます。よく考えるとブラシは黒だったかなと・・・

白は清潔感があっていいですね。

ブラシのような白い花穂を糸と見て、古くは白糸草と呼んだそうですが、すてきな言い方ですが、残念ながら似た花が西日本にあり、白糸草の名前は使用済・・・
サラシナショウマのままです。

ショウマは、中国にある「升麻」という植物に似ているからだそうです。

ミゾソバ(溝蕎麦  タデ科 イヌタデ属)
3ミゾソバ (1)
「♪ いろはに金平糖 金平糖は甘い」という数え歌がありますね。
金平糖って、日本古来のお菓子のような気がしていました。 
でも、チャイコフスキーの「胡桃割り人形」には「 金平糖の精の踊り」という曲があります。日本のお菓子ではないのかなと調べてみました。
金平糖はポルトガル語のコンフェイト(confeito) の日本語化だそうです。
それにしても見事に日本語をつけたものです。ポルトガル語から連想されるように戦国時代にカステラと共に日本に伝えられた南蛮菓子だそうです。

昔の私のブログのコピペです。

植物のアップの時は良く自分のブロクを検索して、それを参考にして書くことが多いですね。面倒だと、ほぼ同じ・・・

でもときおり、違っている、間違えたと・・・・
困ったものです。今回は修正なしで載せました。

3ミゾソバ (2)
ミゾソバのきれいな花弁に見えますが、よくあるように萼で花弁はありません。

ミゾソバは小川や沼や池のような湿地に咲く花です。
松原湖にあって当然の花です。

少し上の大月湖から猪名湖に流れ混む小川の畔で良く見かけます。

小さい花ですが、上にも書いたように、沢山の金平糖のような花をつけた可愛らしい花です。

蕎麦という言葉がついていますが、そばと同様に、粉にして食べられるそうです。
昔は飢饉食だったといいますから、美味しくはないようです。

サラシナショウマと一緒ですね。

3ミゾソバ (3)
長湖に注ぐ流れにそってたくさん咲いていました。
名前は葉がソバに似て溝に咲くので、この風景から名付けられて
ところなのですが、別名は葉の形が牛の顔に似ているので「ウシノヒタイ」です。葉も見る人によって、違うものに見えますね。

アキノタムラソウ(秋の田村草 秋の多紫草 シソ科 アキギリ属)
5アキノタムラソウ (1)
実はよく似た花にナツノタムラソウがあり、アキノタムラソウより早く咲くので先を越されました。キク科にタムラソウというアザミに似た花があります。

田村というのは人の名にありますが、この三つの花がなぜタムラなのかわからないそうです。

この花は背が20cmから80cm位と言いますが、花は細いですね。
バックにピントが合ってしまい、次のヒキオコシとこの花はピンボケ・・・
でも図々しくもアップです。

5アキノタムラソウ (2)
この花も7月から咲いています。10月になっても見かける花の時期の長い花です。
でも、なぜ秋なのか・・・

やはりわからないそうです。

ヒキオコシ(引起  シソ科ヤマハッカ属)
ヒキオコシ
ヒキオコシの茎葉を乾燥させたものは、生薬の延命草と言います。花の別名にもなっています。ヒキオコシの峰の本当の由来は判らないようです。
葉を噛むと口が曲がるほど苦いそうです。でも消化不良、食欲不振、腹痛などに効果があります。

こうして見るときれいな花ですね。

背は割と高い花なのですが、小さな花で、帰って大きくしてみたらピンボケばかりでした。
ということで一枚だけです。

マムシグサ(蝮草  サトイモ科テンナンショウ属
P1490076
美しいものには毒がある・・・

マムシは毒蛇ですが、このマムシグサの赤い実も食べてはいけません。
鮮やかな綺麗な赤できれいですが、猛毒ですので、口に入れてはいけません。
もっともマムシと違って、この実は襲ってくることは無いので、見ているには何の問題がありません。

この色も秋の彩りです。

[ 投稿者:オコジョ at 06:58 | 花 植物 | コメント(2) ]

この記事へのコメント
和歌
鳥海さんの歌は よく引用されてますね
されで 作者を覚えました。サラシナショウマの花のかたちは 藤袴の花の形と 似ています。たくさんの小さな小さな花が 固まって咲く 植物の知恵は すごいです。
投稿者: 小紋 at 2018-10-12 10:37:35
小紋さんへ
鳥海さんには1年365日一日ずつ花に寄せた歌集がありますかし歌詞があります。野草ばかりで生バラとか菊とか栽培種が多いのですが、はゅうが・・・
そればかりでなく、素敵な歌がありますので・・・
たくさんの花をつける花は多いですね・菊一輪も100を超える花の集まりですね。
それでもそれがほとんど命に繋がらない、生きていくということは大変ですね。
投稿者: オコジョ at 2018-10-12 20:53:29

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/90.97/archives/0000559665.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 3 x 2 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら