掲示板お問い合わせランダムジャンプ

浅間山 (12月13日 小諸市新町より)
P1530891 
このブログでは、生き物たちや、自然、歴史など紹介していますが、、専門家ではなく、未熟な愛好家に過ぎません。
狭い地域のことで、日記的な意味合いもあり、同じ内容を何度もおなしを繰り返して、マンネリ化していて新鮮味に欠けています。
書いていることは、一応は調べて、掲載していますが、六十の手習い・・・
もう70過ぎていますが、年寄のにわか勉強の結果に過ぎません。間違いがあるかと思います。誤りに気がつきましたら、ご指摘いただけると嬉しく、おおいに感謝です。その内容を記事に反映させたいと思います。
ご意見、ご感想などをコメントをいただけると嬉しく思います。


営利目的や記事に関係のないコメント、英文のコメントは、予告なく独断で削除させていただきます。

2018年10月08日
甲府第一高校 甲府と小諸を結ぶ「強行遠足」
1
昨日の小諸懐古園入口の三ノ門の前の両脇に「山梨県立甲府第一高等学校」の赤い幟が立っていました。

毎年この時期の甲府第一高校の伝統行事「強行遠足」のゴールがここです。
2
我が家の近くの国道141号線を懐古園に向かう甲府一高生・・・
懐古園という道路標識が目に入っているでしょうか。ここからゴールまで900m、一キロを切っています。

あと900mといっても大変なのでしょうね。足は限界を越えて鉄の棒になっているでしょうし、でも最後の力を出して頑張れ・・・

昨年もアップしていて、内容は変わりばえしませんが、若者たちの健闘に感動しましたので、今年もアップします。

強行遠足の名の由来について昭和12年に甲府第一高校はこのように書き残されています。

敢えて強行遠足と名づけたのは、自分の体力に応じて歩けるだけ歩くことに事を強調せんがためであった。由来人情の弱点は安易なものとの妥協である。歩く場合も少し疲労を感ずると乗物の事を考えるか或いはさして苦痛を感じないのに中途において止めてしまうことになり、これら一切の妥協と怠慢を排して精根限り歩くと言うことを重視したところからくる。(「本校における強行遠足の意義とその実際」より)
 

大正13年(1924)11月3日の明治節に「明治節を国民体育日と定める。諸学校とも記念行事を実施せよ。」との文部省通達に応えて、甲府第一高校の前身の甲府中学校。江口俊博校長は「歩くにまさる身体の訓練はない」として「強行遠足」の第1回大会を行ったのが始まりです。一世紀近い昔です。

3
我が家の前を、二人仲良く高校生が懐古園に向かっていきました。
ずっと一緒に歩いてきたのでしょうか・・・

「第90回強行遠足開催記念政策」とありますが、平成28年と昨年の製作です。今年平成30年は92回目です。

ただコースは、時代によって違いました。

第1回 東京方面コース
第2・3回 松本方面コース
第4・5回 木曽福島・松本方面コース
第6〜36回 信濃大町方面コース
第37〜76回 小諸方面コース
第77〜85回 野辺山方面コース(男子は第82〜85回小海方面コース)
第86回 小海方面コース
第87回〜 小海・小諸方面コース

強行遠足は、途中終戦の年と伊勢湾台風などの影響から3回中止となっているそうですから94年目ということのようです。

5
奥に小諸駅が見えてきました。
歩いているのは男子生徒ばかり・・・

強行遠足は女子生徒も行いますが、43キロだそうです。43キロでも大変ですよね。
最近の私の散歩は15キロ泊まりです。大体は10キロ以下です。

コースを見ると第37〜76回の小諸方面コースが続いた後、コースが短縮されています。実は76回の時に交通事故があり、距離を短くして実施していました。しかし卒業生から強行遠足は伝統の105キロにしてほしいという声が上がり、学校もより安全な道のコースを選び、ボランティアを大幅に増やすなどの対策を行い、2013年に11年ぶりに、小諸までの105キロが復活しています。

6
懐古園入口・・・
スタッフも笑顔でお迎えです。

7
ゴール寸前・・・

完走すると、長野県の名産の信州林檎がもらえます。

甲府の「めざましテレビ」という番組では紹介されたこと・・・
出発前に、女生徒が好きな男子に手作りのお守りを渡し、105キロ走破しリンゴを貰ったら、その林檎で女生徒はアップルパイを作り、二人で食べる・・・
もちろんそうした相手が必要ですか・・・

10
ゴール・・・

甲府・小諸間 105キロ走破
おめでとうございます。

[ 投稿者:オコジョ at 08:44 | 小諸 風景 自然 | コメント(2) ]

この記事へのコメント
こんばんは
強行遠足
やっていましたね。
去年、オコジョさんに教えていただいたんですよね。
佐久大学の所にテントを張り、生徒たちを迎えていました。
あれから小諸までだもの、驚くべきことです。
投稿者: 万見仙千代 at 2018-10-09 18:57:55
万見仙千代さんへ
おはようございます。
佐久大学からだとあと1ね0キロ近く・・・
100キロ近く歩いてきて、あと1/10といっても疲れているでしょうし長く感じるでしょうね。
いい経験になって逞しくなっていきそうです、
投稿者: オコジョ at 2018-10-12 09:43:55

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/90.97/archives/0000559595.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 7 x 3 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら