掲示板お問い合わせランダムジャンプ

浅間山 (8月20日 浅間山 小諸市耳取地区より)
999 ここでは、生き物たちや、自然、歴史など紹介していますが、、専門家ではなく、未熟な愛好家に過ぎません。一応は調べて、掲載していますが、六十の手習い・・・
もう70過ぎていますが、年寄のにわか勉強の結果に過ぎません。間違いがあるかと思います。誤りに気がつきましたら、ご指摘いただけると嬉しく、おおいに感謝です。その内容を記事に反映させたいと思います。
また、ご意見、ご感想などをコメントをいただけると嬉しく思います。


営利目的や記事に関係のないコメント、英文のコメントは、予告なく独断で削除させていただきます。

2018年06月19日
八千穂高原 日本一の白樺林と八千穂レイク
0
三男が来て、どこかに行こうかと・・・
せっかくの親子水入らずなのに、台風接近・・・

温泉にしました。その途中で寄った白樺林です。


1
台風・・・

標高1500mにある日本一の白樺林のある八千穂高原はレンゲツツジの名所ですが、最盛期は過ぎていましたが、まだ綺麗に咲いている株もありました。

2
レンゲツツジの朱、白樺の幹の白、新緑の若緑色が見事なコントラストでした。

3
八千穂高原あたりの約200ヘクタールに50万本といわれる白樺林があり、「東洋一」と言われています。
八千穂高原自然園には、この白樺林が日本一だという日本一協会の認定証があります。ただ、ほかにも日本一の白樺並木を自称するところもあります。岩手県の久慈市平庭高原です。見方によると日本一は沢山あるのかもしれません。

5
でも、ここの白樺林は、そんなことは考えなくても見事です。

7
霧が巻いてきました。
9
近くの八千穂レイクのほとりを散歩します。

この池は、遊歩道から湖面を眺めるとハートに見える場所があるそうです。
そのために‐恋人の聖地‐で「恋人同士に見える美白の寄り添う白樺があり、そこで永遠の愛を誓えば、きっと願いは叶うはず。」だそうです。

地図で池の形を見るとハートには程遠いのですが。恋とは無縁となったオコジョにはハートに見えないようです。

10
霧は晴れたり曇ったり

気ままです。

でも山の湖らしくていいかなと・・・

12 (1) 12 (2)
八千穂レイクは昭和48年(1973)に農業用の温水溜池として造られた人工の池です。
北八ヶ岳の湧水は冷たく、そのままでは稲には冷たすぎます。その為、このような池で水温を上昇させてから灌漑水としても他に流します。

11
その後、高原の中の池として自然の景観を生かしたレジャー施設としてルアー(疑似餌)やフライ(毛針)フィッシングを楽しむように平成20年(2008)年に専用の有料の管理釣り場として整備したそうです。

もちろん今でも大切な温水溜池でもあります。

13
管理している方が、餌を与えたら、大騒ぎで池を激しく波立たせていました。
凄かったですよ。

15
ここはレインボートラウトや岩魚などの40㎝級の魚のキャッチアンドリリースを原則にした釣り場だそうです。

この魚はレインボートラウトのようです。
レインボートラウトは虹色の鱒、つまり虹鱒ですね。

16サラサドウダン (2)
サラサドウダンも花盛りでした。

16サラサドウダン (3)
更紗模様が優しげでした。

18
高原の道のドライブ・・・

時々霧の中の白い世界を通り抜けました。
運転する方は大変なのかもしれませんが・・・

19
先月も来た松原湖高原の八峰の湯・・・
息子は初めて・・・

20
残念ながら八ヶ岳はみえませんでしたが、温泉と食事を楽しみました。

翌日、息子は愛知へ帰っていきました。元気で働いていると思います。
今度は夏に会えるかな・・・

[ 投稿者:オコジョ at 07:52 | 南佐久・清里 | コメント(4) ]

この記事へのコメント
こんばんは
今日は良いお天気でしたね。
明日は梅雨空に戻るようですが。
レンゲツツジ、綺麗ですね。
ずっと以前、立原高原のツツジ祭りに行きましたが、あまり咲いていなくてガッカリしたのを思い出しました。
いつも思うのですが、キャッチアンドリリースって、魚の口に針が突き刺さって、魚が弱らないんでしょうかね。
痛いですよね。
こんなことを言ってると、釣り好きの人に怒られますね。
霧の中の散策、なかなか素敵ですね。
八峰の湯、いつかは行かなければ。
投稿者: 万見仙千代 at 2018-06-19 19:30:04
万見仙千代さんへ
おはようございます
今朝は予報どうり、雨ですね。
大阪は大変だろうと心配しています。
松原湖のヘラブナ釣りもキャッチアンドリリースですネ。
キャッチアンドリリースはスイスでは動物虐待として禁止だそうです。
確かに針で傷もつきますが、釣られる時の体力、恐怖、そして人ストレスから、残酷な行為といえるかもしれません。人の楽しみだけの講といえるかもしれません。
霧は幻想的になりますね。なかなかこういう風景には出会えません。雨でなければ素敵です。
八峰の湯は松原湖から車なら5分です。いつか行けるといいですね。

投稿者: オコジョ at 2018-06-20 08:29:43
おはようございます
ご家族と一緒のお出かけよかったですね。
こちらも景色がいいですね。
この時期のツツジに驚きます。
オレンジ色がくっきりで映えていますね。
「霧が巻いてきました」・・霧にはこういう表現があるのですね、初めて知りました。
食事と温泉、良い時間でしたね。
投稿者: アメジスト at 2018-06-20 09:42:48
アメジストさんへ
こんばんは
半年ぶりの帰省でした。ではどこかにいこうと・・・
台風接近でしたので。天気は良くなかったのですが、降らずにすんで良かったです。、
日帰り温泉ですから、たいしたものはないのですが、温泉と食事をたのしみました。
夜は手ずくりのば餃子を中心にゆっくり飲みました。
レンゲツツジはこちらでも最後を飾るツツジです。今は2000mの高原でオレンジ色が満開のようです。「霧が巻く」という使い方は、自然に使っているのですが。やはり霧が多いからかもしれませんね。「霧に包みこまれて、何も見えなくなっていく」という感じですね。
山では霧(雲)が通り過ぎて、あっという間に白い世界になります。こんな時に使います。
投稿者: オコジョ at 2018-06-20 20:15:45

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/90.97/archives/0000554402.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 6 x 1 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら