掲示板お問い合わせランダムジャンプ

浅間山 (6月30日 浅間山 小諸市丸山地区より)
P1430797 ここでは、生き物たちや、自然、歴史など紹介していますが、、専門家ではなく、未熟な愛好家に過ぎません。一応は調べて、掲載していますが、六十の手習い・・・
もう70過ぎていますが、年寄のにわか勉強の結果に過ぎません。間違いがあるかと思います。誤りに気がつきましたら、ご指摘いただけると嬉しく、おおいに感謝です。その内容を記事に反映させたいと思います。
また、ご意見、ご感想などをコメントをいただけると嬉しく思います。


営利目的や記事に関係のないコメント、英文のコメントは、予告なく独断で削除させていただきます。

2018年05月28日
名山と名湯と・榛名と伊香保6 伊香保温泉の宿にて
1
泊った宿の露天風呂・・・

上毛かるたでは「伊香保温泉日本の名湯」と歌われ、昨年五月に解散したデューク・エイセスの「にほんのうた」シリーズの『いい湯だな』では

  いい湯だな いい湯だな  
  誰が唄うか  
  八木節が
  いいもんだ いいもんだ
  ここは上州 伊香保の湯 


こう書くと、「ここは上州 伊香保の湯」は「ここは上州 草津の湯」の間違いだと言われそうです。確かにザ・ドリフターズの『いい湯だな ビバノン・ロック』では草津になっていますね。でも、こちらがオリジナルです。この歌は「ご当地ソング」で、上州の名湯、草津・伊香保・万座。水上だったものを、ザ・ドリフターズは登別・草津・白浜・別府に置き換えています。

ちなみにオリジナルの草津は

  いい湯だな いい湯だな
  湯気が天井から
  ポタリと背中に
  つめてェな つめてェな
  ここは上州 草津の湯 


ザ・ドリフターズでは登別でしたね。ドリフターズのテレビ番組で有名になりすぎて、オリジナルの歌詞が忘れられているようです。「ザ・ドリフターズ」がロック調にアレンジを施し、軽快なリズムで日本中のお茶の間を賑わせましたね。

デューク・エイセス、ダークダックス、ボニージャックス、懐かしいです。


2
射的とスナック、温泉街らしいですね。
今夜の宿は射的とスナックの間を入ったところにありました。

3
四階建ての宿・・・
いいえ八階なのです。

この玄関のあるのは五階です。私たちの部屋は三階なので。フロントからエレベーターで下へ、浴室は二階でまだ下へ・・・

6
三階の部屋からの景色・・・
小野子山が見えていました。

エレベーターで下がっても家々の屋根が見える・・・
石段の町ですね。

5
野口雨情コーナーがありました。

童謡『七つの子』『赤い靴』『シャボン玉』『証城寺の狸囃子』『雨降りお月さん』など数々の童謡や『波浮の港』『船頭小唄』などの歌で知られる野口雨情は、この宿を貞淑としていたそうです。

この宿は、創業は明治元年だそうですが、雨情の宿がうたい文句で、最初の写真の露天風呂も「雨情の湯」でした。一節を

この雨情自筆の書は雨情が宿に贈った『新伊香保小唄』です。ほんの一節ですが・・・

わたしゃ 伊香保の山ホトトギス  
恋の石段 ひとまたぎ 
あなた待つ夜は 紅紐といて・・・ 


伊香保温泉にいらっしゃいというご当地ソングです。
雨情は日本全国を旅して、行く先々で、こうした歌を作っています。長野県にもいくつかあり。小諸市にも菱野温泉を詠った『菱野小唄』を残しています。

伊香保では七月から九月の夕方の五時に石段街に童謡「しゃぼん玉」のメロディーを流し「女将の夢色虹色しゃぼん玉大作戦」として、おかみさんたちがしゃぼん玉飛ばすそうです。

7
明治33年(1900)に宿が作った伊香保温泉名所双語録(すごろく)、上りが統治の宿の絵です。この日楽しんできたところもいくつかありました。

8
建物はかなり古いようですが内部はリニューアルされていて綺麗でした。
掛け軸は羽状化と思ったら百人一首でした。

  春の夜の夢ばかりなる手枕に かひなく立たむ名こそ惜しけれ  周防内侍
 

たわむれに恋はしないと・・・
昔から女性は強かったかも・・・
それとも、相手が気に入らなかったかな・・・

10
伊香保温泉には、古来からの硫酸塩泉の黄金(こがね)の湯と、平成になって開発されたメタけい酸を含む白銀の湯(しろがねのゆ)があるそうです。

ベルツ博士が推奨したのは黄金の湯です。
硫酸塩泉は湧き出した時は無色透明ですが、鉄分が含まれるため空気に触れると茶褐色に濁ります。神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進、きりきず、やけど、動脈硬化症、慢性皮膚病、虚弱体質、高血圧に効果があるとか・・・
.
これに対して白銀の湯はメタけい酸単純泉といっていますが・・・
黄金の湯の泉温43℃に対して15℃の冷泉、つまり沸かし湯です。メタケイ酸が基準よりあるので。温泉法では温泉になりますが、メタケイ酸は泉質名に入りません。温泉法の「指針」の療養泉の定義を満たしていないため療養泉には入らないということですが、病後回復期、疲労回復、健康増進に効果があるということになっています。
伊香保の自然と伊香保神社に参詣すれば自然とご利益は生まれるようです。
今回は本来の伊香保らしい温泉ということで黄金の湯の宿を選びました。

もっとも宿というのは、温泉の質だけでなく、宿の施設や食事を含めてのトータルで良しあしが決まりますが・・・

11
黄金の湯は湧出量も限りがあり、この湯が使えるのは、石段街近くにある昔から温泉使用の権利を持つ旅館等に限られています。

黄金の湯の厳選かけ流し加温なしは、冬場などぬるいこともあるようです。

この宿は大浴場と露天風呂は別な場所にあり、露天風呂にはこの小さな内湯と洗い場がありました。ここは湯舟が小さくて熱かったです。

IMG_20180526_0001
夕食メニュー・・・

22
上州牛のしゃぶしゃぶ・・・

20
地元らしさは薄いですね。
今は何処に行ってもこんな感じですが・・・

23 (1) 23 (2)
でも、美味しく頂きました。

26 (1) 26 (2)
この日は私の誕生日でした。
6回目の年男・・・
そうめでたくもないですか・・・

30
良い日になりました。

29
この酒で完敗…

辛口でキレのある酒ですね。生鮭なので飲みやすかったです。
でも、榛名山麓なので、榛名山が良かったかなと・・・

32
群馬といえば、この幅広のおっきりこみうどん・・・
この幅広いうどんは存在感と食べ応えがあり、煮込みなので味が濃厚で好きです。でも、
33
朝はこんな感じでした。

いつもの何倍あるかなと・・・

[ 投稿者:オコジョ at 07:36 | 旅 (地域外) | コメント(4) ]

この記事へのコメント
おめでとうございます
折角の誕生日 乾杯しましょう!
うどんの幅広いですね うどんもいろんな種類がありますね 細麺も ありますね。
俳句が人気ですが 和歌も情緒があって いいものですね 百人一首を みんな言えると  いいな。
投稿者: 小紋 at 2018-05-28 20:37:49
おめでとうございます!
お誕生日だったんですね。
素敵な温泉で美味しい食事。
最高ですね。
しゃぶしゃぶの方が、すき焼きより良いと思いません?
どうも、年のせいか甘ったるいすき焼きは重くなってきました。
おっきりこみうどん、生協に入っている時に初めて知りました。
美味しかったような。
麺類は、各地で様々ありますね。
投稿者: 万見仙千代 at 2018-05-28 21:29:04
小紋さんへ
ありがとうございます。
妄想祝うほどのないこともないようなきもするのですが。それを理由に旅に出たという所でしょうか。
群馬は二毛作の地域で、うどん文化圏です。
つまり、主食としてのうどんといえると思います。

現代は細いうどんが、好まれるようですが、主食としての麺類はそばも含めて、面を切る腕を競うような噛み応えのないものでなく、存在感のある太めの麺の必要があったようです。
俳句は言葉遊びの要素が、和歌より強いですね。和歌のほうか、素直に気持ちを表現してる感じがありますね。
どちらがいい問いより、そういうものですが・・・

百人一首、聞けばわかるのですが、言えといわれると無理ですね。
投稿者: オコジョ at 2018-05-28 21:57:59
万見仙千代さんへ
ありがとうございます。
3日ほど前に、誕生日だから行ってみようかと・・・
それから宿をさがして・・・
まずまずの旅ができました。
しゃぶしゃぶとすき焼きはどちらも良いですね。
それぞれの良さがありますね。永年すき焼に親しんできたので須磨焼きが個人的には落ち着くかな、というより、日本酒にはしゃぶしゃぶ寄り合うかなと、勿論しゃぶしゃぶも美味しいですが・・・
でもすき焼きも薄味になりました。
おっきりこみうどんは上州に行くと、気になります。
食べ応えがあって美味しいですね。煮込みなので、麺は太めの方がいいです。
もう少し量があった方が良かったかなと・・・
いらないので、おっきりこみだけでいいから・・・
もっとも、御飯だけで、おっきりこみ入らないという人もいるでしょうね。
食はそういう好みのものですから・・・
投稿者: オコジョ at 2018-05-28 21:58:43

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/90.97/archives/0000552743.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 1 x 3 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら