掲示板お問い合わせランダムジャンプ

浅間山 (6月3日 浅間山外輪山黒斑山より)
P1360610 ここでは、生き物たちや、自然、歴史など紹介していますが、、専門家ではなく、未熟な愛好家に過ぎません。一応は調べて、掲載していますが、六十の手習い・・・
もう70過ぎていますが、年寄のにわか勉強の結果に過ぎません。間違いがあるかと思います。誤りに気がつきましたら、ご指摘いただけると嬉しく、おおいに感謝です。その内容を記事に反映させたいと思います。
また、ご意見、ご感想などをコメントをいただけると嬉しく思います。


営利目的や記事に関係のないコメント、英文のコメントは、予告なく独断で削除させていただきます。

2018年05月24日
名山と名湯と・榛名と伊香保3 榛名湖と榛名富士
1
榛名富士と榛名湖・・・

1,084 mの湖から見上げる1, 390mの富士山、標高差300メートルの小さな富士ですが。富士山を名乗るのにふさわしい素敵な姿の山です。

そして樹々の緑に包まれた素敵な山です。


2
榛名湖に寄っていきます。
 
   上つ毛野伊香保の沼に植ゑ小水葱かく恋ひむとや種求めけむ  作者不明


榛名山、榛名神社・・・
江戸時代には、雨乞い信仰「榛名講」の山と神でした。そうした信仰に中心にこの湖の存在が大きかったようです。

10
榛名湖と榛名山で一番高い掃部ヶ岳・・・

室町時代といわれる『神道集』によると、都から上野国へ流された公卿の「高野辺家成」(高野辺大将)には「淵名姫」「赤城姫」「伊香保姫」という3人の美しい娘がいましたが、その美しさに嫉妬した継母の手により淵名姫は利根川に沈めて殺され、あとの二人は赤城山と榛名山に逃れます。赤城山に逃れた赤城姫に赤城山の沼の主の龍神により赤城大明神となります。そして末妹の伊香保姫は伊香保(榛名山)で、上野国の国司(高光中将)と結婚します。しかし、その後、後任の国司が伊香保姫に横恋慕し、姫の夫を殺してしまいます。
伊香保姫が夫の後を追って榛名湖(伊香保沼)に入水しますが、榛名湖の神によって伊香保大明神となったと伝わっています。姫は旱魃の時に農民の願いをききとどける龍神なのだそうです。そうしたことから、中世には信仰の対象となり、榛名湖の南にある榛名神社に詣でて泉水を竹筒にいれて持ち帰り、田畑にまくと雨が降ると言われました。江戸時代以降は雨乞いに霊験あらたかな湖と神社として。春なこと榛名神社は関東一円の農民か「榛名講」を作り、大勢の参拝者が訪れました。

伊香保姫は、夫(高光中将)が生前に建立した水澤寺に弔われたとか・・・

水澤寺はこの旅の最後の場所です。

9
登って来た天目山・・・
なだらかな山ですね。
年老いたカップルにはこの程度が精一杯です。

8
この榛名富士の山麓にちょっと盛り上がった榛名湖畔の小さな山はヒトモッコ山山といいます。こうしてみると、山かどうかわからないような小さな山です。

この山にも伝説があります。

ダイダラボッチという巨人を知っておろうな・・・
榛名富士はそのダイダラボッチが作ったという話じゃ、しかしのう、途中で嫌になって、どこかへ行ってしまったそうな。
その時に最後のモッコの土を榛名富士の麓に置いて行ってしまったそうじゃ・・・
この写真は榛名富士じゃがの、手前の湖のそばに、小さな山があるじゃろ、それが「もっこ一つ分」の土じゃ、だから、この山をヒトモッコ山と呼ぶようになったそうな・・・ 


ダイダラボッチの伝説は多いですね。
琵琶湖を掘って富士山を作ったり、八ヶ岳を高くしようとしたら、八ヶ岳が重いと言ったので蹴飛ばして、ギザギザの山となったとか、山を作るのがすきだったようです。
 
11 (1) 11 (2)
ここはワカサギを養殖しているようです。

榛名湖の冬は全面結氷して、氷の上でのワカサギの穴釣りが人気のようです。でも、近年はなかなか凍らなくなってきているようです。

13
榛名富士が近づいてきました。

撮影している榛名富士の南麓は不磨の原と呼ばれています。榛名富士が誕生したのは今から、3万1000年前だそうです。その時、ここは居間より遥かに大きなカルデラ湖で。その中央に形成されたのが榛名富士でした。そのころは榛名湖丹生囲まれた中之島のような山だったそうです。

ヒトモッコ山にダイダラボッチが登場しましたが、榛名富士には榛名天狗が登場します。

伝説によると、富士山の美しさに魅了された榛名天狗は一晩のうちに富士山を越える山を作ると宣言したが、途中で夜が明けて、富士山に似ているが低い榛名富士になってしまったと・・・
一晩でなく、富士山を越えるまで頑張ればよかったのに・・・
それでは富士山が日本一の山でなくなってしまいます。富士山より高い山を日本に作ってはいけないようです。

届かない山になったといわれている。

12
山頂付近にこんな人工物が・・・
榛名山ロープウェイです・・・・

榛名富士には歩いて40分くらいで登れるそうですが、我が夫婦はその倍かかりそうです。それに天目山で体力を使い切っています。
ここは、ロープウェイの力を借りて山頂の神社に参拝します。

ゴンドラが2つありますね。平成8年4月から日本で初めて運行されている15人乗り2両連結式ゴンドのロープウェイだそうです。

15
すれ違いなんとなく面白い感じです。

たった3分で榛名富士山頂駅に到着です。

18
といっても、山頂にはまた階段を登ります。

妻は、また登るのかと・・・・
でも、5分くらいなのですがね。

でもほとんどの人は、ここで眺望を楽しんで参拝ここからにしたようです。山頂駅前には小さな石祠の遙拝所がありました。

17 (1) 17 (2)
榛名富士山神社だと思っていたのですか、鳥居を見ると冨士山神社(ふじやまじんじゃ)でした。

道は2つに別れます。どちらを行けばいいかなと、こういう時は前の人のあとをいうことで、左側のコースを取ってついていきます。

20 (1) 20 (2)
途中左に入る道があり、20メートル先に神様が祀られていると・・・

辿っていくと、左から、饒速日大神、保食大神、榛名富士大神、の板碑が建っていました。

榛名富士大神は伝説の伊香保姫でしょうか、浅間山の神でもある石長姫大神も祀られていました。

21
5分で、山頂の木花開耶姫命を祀る冨士山神社到着( 標高1,390.3 M)・・・
冨士山神社案内板の由緒によると

この頂には古き昔から冨士山神社という一宇の祠があって木花開耶姫命をまつり、縁結び御産の神様として近郷近在の信仰をあつめ五月五日の山開きにはお礼詣りの男女が長蛇の列をなして登山参拝し大賑いであったといい伝えられている。榛名富士の名が廣く世に知られているのはこの年中行事によるものである。 
この神社は明治四十二年五月二日に榛名神社に合祀せられた其の当時は間口四尺奥行五尺の木柵の中に一基の自然石が御神体として安置されていたというが昭和三十三年七月榛名山ロープウェイが開設された時にはその残骸すら見当たらなかった。そこで古き時代から地方諸衆の信仰の中心である由緒深きこの霊地をあれるがままにまかせるにしのびず榛名神社の神許を仰ぎ、古き祠が鎮座したというゆかりの位置を探し求めてこの社殿を建立寄進した次第である。昭和三十九年一月十一日入神の儀を行い末永く霊験あらたかに若き男女に縁結びと安産の幸せを授けたまえと祈りここにその由来を誌するものである。
 


22日光白根
日本百名山日光白根山(2,578m)・・・
最高地点の奥白根山は、関東地方の最高峰です。明治まで噴火の記録があり、今も火山性盛地震を起こしている活火山です。

奥白根山(日光) 浅間山 四阿山 至仏山 草津白根山 武尊山 皇海山 平ヶ岳 谷川岳 巻機山 赤城山・・・

これは群馬県にある日本百名山です。
群馬県は名山の多い山です。

23相馬
榛名山で2番目に高い相馬山・・・
ちなみに三番目は榛名富士です。

群馬県に日本百名山がたくさんあると書きましたが、人々に一番。愛され親しまれているのは上毛三山の榛名山、赤城山、妙義山です。

江戸時代の人が百名山を選んだら絶対にこの3つの山は外さなかったでしょうね。
群馬県の中心部の高崎や前橋から、よく見えるこの山山たちは。それぞれ立派で、群馬県の心の山といえそうです。

25
わが小諸佐久地方の心の山の浅間山も見えました。

26
山を下ります。もちろんロープウェイですが・・・

明治以降になると伊香保温泉に集まった文人によって文芸作品に描かれた。大正時代からは本格的な観光開発がはじまり、与謝野晶子、高浜虚子、竹久夢二なども訪れています。

[ 投稿者:オコジョ at 07:18 | 山 (地域外) | コメント(2) ]

この記事へのコメント
こんばんは
榛名富士
大昔、まだ子供が小さかったころ、榛名湖に行ったことがあります。
すぐ近くに榛名富士が聳えていました。
聳えるなんて言葉が似合わない、優雅な姿ですよね。
ロープウェイがあるんですね。
乗ってみれば良かったです。
浅間も随分姿が違いますね。
投稿者: 万見仙千代 at 2018-05-25 20:59:26
万見仙千代さんへ
こんばんは
お子さんと一矢をというのはここはのんびりしていいところですね。
ボートに乗ったのでしょうか・・・
榛名湖からの榛名富士は立派ですね。
この榛名山ロープウェイは60年の歴史があるそうですので、当時からあったはずですね。
その時の天気にもよりますね。
浅間山は索と0度違った角度なので。同じ山には見えないですね。
投稿者: オコジョ at 2018-05-25 21:45:53

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/90.97/archives/0000552493.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 2 x 8 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら