掲示板お問い合わせランダムジャンプ

浅間山 (8月20日 浅間山 小諸市耳取地区より)
999 ここでは、生き物たちや、自然、歴史など紹介していますが、、専門家ではなく、未熟な愛好家に過ぎません。一応は調べて、掲載していますが、六十の手習い・・・
もう70過ぎていますが、年寄のにわか勉強の結果に過ぎません。間違いがあるかと思います。誤りに気がつきましたら、ご指摘いただけると嬉しく、おおいに感謝です。その内容を記事に反映させたいと思います。
また、ご意見、ご感想などをコメントをいただけると嬉しく思います。


営利目的や記事に関係のないコメント、英文のコメントは、予告なく独断で削除させていただきます。

2018年05月08日
今年のカバンの藤
1
藤色・・・

藤色と言いますが、こうしてみると紫、黄、白の組み合わせで繊細ですね。

『日本書紀』に推古天皇11年(604)日本で初めて冠位十二階という朝廷における官吏の位を制定したとあります。その位は冠の色を変えて位を表したとか、この時の色については具体的な記述がありませんが、藤色の紫は、その後の七色十三階冠など引き継がれている官位を見ると官位の色を高貴な色として最高位に朝廷で使われました。


20
連休最終日上田でコンサートを聴きに行ったときに、しなの鉄道の信濃国分寺駅で下車して、上田市信濃国分寺跡史跡公園のカバンの藤を楽しんできました。

駅から公園に入り藤に近づくと甘い藤の花の香りがただ寄ってきました。

3
藤の花の数は見事に咲いた翌年は穂が短かかったり、花数が少ないとか、年によって咲き方に波があるそうです。この藤は老木であり、年によって花の数や穂の長さの差が大きいそうです。一生懸命働いたら、翌年は休むようです。いつまでも長生きしてほしいものです。

昨年は上田市信濃国分寺跡史跡公園のカバンの藤は花つきが悪く、列車の窓から見た出せ家でしたが。前日、別所に行ったときに車窓から見ると、わりと良いかなと・・・

ちょうど花の見ごろでした。この藤は花穂が長い年には長さは1メートルを超えますが、そこまではありませんが、今年はそれなりに見ごたえのある花景色を作っていました。

6
カバンの藤は樹齢120年の藤の古木です。三本の木から広がる、棚の広さは約500平方メートルにも及び、この地方では最も有名な藤です。


「カバンの藤」という名前はユニークです。このブログでは何度も紹介していますので、ご存知の方も多そうですが、現地にある記念碑の「藤の由来」載せておきます。

『この藤は明治十三年当時の第十九銀行(現在の八十二銀行の前身)の役員黒澤鷹次郎氏が 郷里南佐久郡の農家から苗を貰い受けその本店に移し植えたものである 非常に生育がよくことにこの苗を手鞄に入れて運んだことから「カバンの藤」の愛称をもって広く市民に親しまれて来た  今日 八十二銀行はこの名木を本公園に寄贈された まことに有難く ここにその由来をしるし 花の命の長いことを祈る  昭和五十一年春』

記念碑に有るように当初は第十九国立銀行にあったのですが、次々と吸収、合併を繰り返し、最後に六十三銀行と合併して八十二銀行となります。そうした遍歴の中でも守られてきました、私の陶芸仲間の女性のご主人は八十二銀行に勤めていて、この藤の大切に世話をしていたと聞きました。そうした人たちの思いはこめて、今でも見事な花を咲かせています。多

カバンの藤の親は黒澤鷹次郎の家近くの崎田地区の某農家の庭先に咲いていましたが、後に藤は集落はずれの薬師堂に移植され、藤棚に子供登ったりした遊び場となっていたそうです。その結果枯れてしまったそうです。

私もその薬師堂を訪ねたことが有ります。もっともその時は、もう藤はなく、カバンの藤の祖先の有ったところだったとは知らなかったのてすが・・・

10
 藤波の咲き行く見れば霍公鳥 鳴くべき時に近づきにけり  田辺福麻呂

万葉集の歌・・
万葉集にはたくさんの藤の歌があります。むかしからよく知られていた花でした。

霍公鳥とは・・・
霍公鳥はホトトギス、まともには読めないですね。

もう二つほど万葉集から・・・

 藤波の散らまく惜しみ霍公鳥 今城の岡を鳴きて越ゆなり

 霍公鳥来(き)鳴き響(とよ)もす岡辺なる 藤波見には君は来じとや


今回の三つの歌には霍公鳥と藤波が登場していますね。
藤波はたくさんの藤の花房が風で揺れる様子です。昔はこのように2つの言葉を合わせて歌を移ることが流行ったようです。

ホトトギスは夏を告げる鳥と言われます。
この前の日は5月5日、今年の立夏でした。
その5月5日、妻と歩いた別所温泉近くの山の林の中で「テッペンカケタカ(天辺翔たか)」というホトトギスの声を初めて聴きました。鶯も沢山鳴いていました。
鶯はもっと早いですね。

30
レンゲツヅジも咲いていました。

信州も初夏に入ったようです。

[ 投稿者:オコジョ at 07:22 | 花 植物 | コメント(6) ]

この記事へのコメント
カバンの藤
カバンの藤
忘れていました。
妻と孫で連休中に訪れたと聞いて
休み明けに見に行こうと思っていましたが、、、
まだ訪問してません
今年はよさそうですね。
昨年は花のつきが悪かったですが。

今日は小雨の上田。
明日いくことにします

投稿者: 和田 at 2018-05-08 12:44:05
和田さんへ
こんばんは
今年は花が早いですね。
カバンの藤は例年だと、5月半ば過ぎなのですが・・・
かなり先まで花が開いていましたが。まだ大丈夫だと思います。
素敵な香りに包まれてきてください。
投稿者: オコジョ at 2018-05-08 21:16:39
見てきました
昨日の夕方、雨が上がり藤を見に行きました
線路側、日当たり良い方の花は終わり始めていました。
とはいえ見事な藤棚でした。
素敵な香りに包まれてきました。
しかし、今日は寒い。
昨日行って正解でした
投稿者: 和田 at 2018-05-09 09:54:11
和田さんへ
こんばんは
今日、SBCのずくだせテレビで、報道していました。
少し短めですが、やはり見事ですね。
素敵な時に行けてよかったです。
今日は雨で寒かったですね。
明日は晴れて、少し気持ちのいい日になりそうですね。
投稿者: オコジョ at 2018-05-09 21:42:13
こんにちは
毎日寒いですねぇ。
明日からは暖かくなるそうです。
カバンの藤
そんな謂れがあるんですか。
見事な藤ですね。
円満寺の藤も見事だというから、行ってみなくてはと思っているのですが。
投稿者: 万見仙千代 at 2018-05-10 12:01:15
万見仙千代さんへ
こんばんは
今日の浅間山は真っ白でしたね。
ストーブは使わなくなりましたが。こたつはなかなか片づけられません。
花は早いのですが・・・
カバンの藤 は今年はやや短めでした。
円満寺の藤はここに負けていない見事なものです。
そろそろ見頃になってくると思いますので、是非観藤に行ってみるといいと思います。
投稿者: オコジョ at 2018-05-10 21:08:10

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/90.97/archives/0000551747.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 8 x 8 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら