掲示板お問い合わせランダムジャンプ

浅間山 (8月20日 浅間山 小諸市耳取地区より)
999 ここでは、生き物たちや、自然、歴史など紹介していますが、、専門家ではなく、未熟な愛好家に過ぎません。一応は調べて、掲載していますが、六十の手習い・・・
もう70過ぎていますが、年寄のにわか勉強の結果に過ぎません。間違いがあるかと思います。誤りに気がつきましたら、ご指摘いただけると嬉しく、おおいに感謝です。その内容を記事に反映させたいと思います。
また、ご意見、ご感想などをコメントをいただけると嬉しく思います。


営利目的や記事に関係のないコメント、英文のコメントは、予告なく独断で削除させていただきます。

2018年02月02日
雪の朝  今日の小諸の町で・・・
1
朝起きて窓から外を見ると・・・

昨夜一回雪かきをして、そのころの雪は小降りだったので、今朝は雪かきをしなくてもいいかなという期待があったのですが・・・
見るも無残・・・


3
我が家の雪の道・・・

雪景色は好きなのですが・・・
雪かきもほどほどなら好きです。

いつかのように1メートルも積もると嫌ですが・・・
そんなことは一度会っただけですが・・・

5
今回は15㎝くらいでした。
昨夜一度かいてあるので楽でした。

6
朝晴れ間が見えたのですが、朝食をとって雪かきをしようとしたら、また曇って雪の舞う天気のなかで雪を書きました。

11
小諸城跡の三ノ門をバックにしたしなの鉄道・・・
このくらいの雪ですと、こちらでは想定範囲で。交通機関は混乱しません。ただ、南の方から来た方のトラブルが多いのですが、今日は今のところ問題ないようです。
このまま行きますように・・・

17
母の住んでいた家を見に行きました。
入口ぐらいは雪を書いておかないと・・・

母の家近くの江戸時代の北国街道小諸宿の中心だった本町・・・

18
母の家近くで雪かきをしながら・・・
なかなか止まない雪でした。

21
帰りの本町をもう一枚・・・

22
ここは江戸後期の結城屋(ゆうきや)で、戦前は金庫、馬具、たばこ、荒物、履物などを商っていました。落ち着いた格子戸が、昔の商家の趣を感じさせます。
屋根の上にある明かりとりの天窓や、長い庇(ひさし)に、機能を超えた美しさを漂わせています。今でも竹細工などの日用品などを打っている現役のお店です。

25
江戸末期小諸藩の御用商人で呉服商の高橋平四郎の屋敷だった家です。
高橋は明治初期に小諸の製糸業を発展させますが、明治十四年のデフレのあおりで、この家を嶋田家に譲りました。嶋田屋は下駄荒物の卸商で、信越線開通後、関東一円を市場として活躍しました。建物は明治初期の小諸豪商の屋敷構えを残し、主屋は低い二階に虫籠窓のある、切妻の土蔵造りの立派な建物です。奥には庭園があるそうです。

12
雀も木の上で「雪か嫌だな御飯 が見つからないよ」と・・・

13
猫は「雪は歩きにくくてね」・・・

15
猫くんのあしあと・・・
ちゃんと真っ直ぐ歩いていました・・・

16
駅近くにある繭製糸問屋だったたてもの・・・・
明治末から繭製糸問屋を営んでいたそうです。大正初期の建物で、昔は大きく戸を開いて、商売をやっていました。
前面の大きな戸や天井は本漆喰塗りで、とても立派な建物です。

19
ヒヨドリも「雪がやまないな・・・」

20
仲良く2羽で同じ方を見ていました。

というより、オコジョを無視していたのかも・・・

この後。庭で飛んで行ってしまいました。

今日の地域の新聞の「小諸新聞」から・・・
この新聞は週一度ですが、身近な話題が多くて、親しみやすいです。

IMG_20180202_0002小諸の2つの小学校が吹奏楽と、合唱で、「子供音楽コンクール」で、全国一になったニュース・・・
こういう明るいニュースが良いですね。

長男と次男はこの吹奏楽の先輩です。はるか昔の話ですが・・・

IMG_20180202_0001
ツルヤ本店のニュース・・・

市の複合商業施設について、地元の相生町は賛成という記事・・・

こんな雪がふると、郊外への買い物は大変です。
一日も早く、スタートしてほしいと思っています。

[ 投稿者:オコジョ at 15:01 | 小諸 町 祭り | コメント(2) ]

この記事へのコメント
こんばんは
雪景色。白銀の世界。雪掻きご苦労様。もう何年も雪掻きをしたことないです。雪掻き用具も無しの生活です。昔父が子供用の雪掻き作ってくれました。玄関の軒には家族分の雪掻きが立てかけてあったのを思い出します。
チョコレート無事配達されましたか。

ツルヤ再建一日も早くスタートしたらいいですね。
お年寄りのためにも。

投稿者: やぶ椿 at 2018-02-02 17:38:26
やぶ椿さんへ
こんばんは
雪掻きが終って、町の名へ雪見の散歩に行きました。
綺麗でした。もっとも、普段は散歩やウォーキングしている人に出会うのですが。そういう人には出会いませんでした。
昔の雪搔きは木製で手づくりが多かったですね。重かったけど懐かしいです。
昔は良く降りましたね。30センチを超すことが何度もあったのですが、最近は滅多になくなりました。
今日の午後、チョコレートは無事に届きました。最近は、夫婦で相談して年に一度美味しいチョコレートを食べることにしています。

ツルヤ再建は首を長くして待つことにします。
投稿者: オコジョ at 2018-02-02 18:49:34

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/90.97/archives/0000546691.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 9 x 2 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら