掲示板お問い合わせランダムジャンプ

浅間山 (6月3日 浅間山外輪山黒斑山より)
P1360610 ここでは、生き物たちや、自然、歴史など紹介していますが、、専門家ではなく、未熟な愛好家に過ぎません。一応は調べて、掲載していますが、六十の手習い・・・
もう70過ぎていますが、年寄のにわか勉強の結果に過ぎません。間違いがあるかと思います。誤りに気がつきましたら、ご指摘いただけると嬉しく、おおいに感謝です。その内容を記事に反映させたいと思います。
また、ご意見、ご感想などをコメントをいただけると嬉しく思います。


営利目的や記事に関係のないコメント、英文のコメントは、予告なく独断で削除させていただきます。

2018年01月08日
蕃松院(佐久市 田口) など・・・
1
烏帽子岳( 2066m)と湯ノ丸山(2101m)・・・
あぐりの湯から・・・

見えている家々は小諸ですが、山々の頂きは雪・・・
この時期ですから、2000mを超える山ですから、雪は当たり前ですね。

昨日は七草粥を食べて、正月飾りをおろしました。
松の内の終わりですね。
もっとも、松の内は小正月である15日とされていました。江戸では年神様に供えた鏡餅を食べる鏡日開きは20日だったのですが、徳川家光が4月20日に亡くなった事により、20日という日を忌み嫌い幕府が、20日よりも前の11日に鏡開きにして、早まったとか、関西は15日が多いようです。地方によっていろいろのようですが・・・


5
年末年始は、いろいろと忙しく・・・
といっても、孫の相手や酒を飲んだりですが・・・

写真の整理もすんでいないのですこし古い写真で・・・

昨年の父の故郷の佐久市田口の蕃松院・・・

8
多行松の参道

「多行松」(タギョウショウ)は赤松の一種で、根本に近いところからたくさん枝分かれして立ち上がっている樹形が珍しく、特徴があります。
多行松は、種で繁殖させても、同じようにならないため、接ぎ木で殖やすそうです。

3
明治初期の建立の仁王門です。
ここは曹洞宗の寺、それにふさわしい堂々とした豪壮さを感じる門です。

蕃松院は、古くは明法寺といい、現在より西の土地にありましたが、戦国時代の戦禍で焼けました、その後、田口城主依田信蕃の居館があった、現在の蕃松院の中門の西に移りました。天正十一年田口城主依田信蕃の子の小諸城主の松平康国が父親を供養するため依田信蕃の居館のあった場所に明法寺を移し、依田信蕃の戒名から蕃松院と名付けられました。


6
本堂

この本堂は寛政2(1790)年落雷のため焼失して、文政5年(1822)に再建されたものです。本堂は、この周辺では、規模も大きく立派で、どっしりとした落ち着きを感じさせ、この辺りではこれだけの本堂は見当たりません。

江戸時代は、田口地区は田野口藩の領下となり、蕃松院は、天明6(1786)年には歴代藩主の位牌を安置する菩提寺となっています。

本堂は江戸時代中期以降の寺社建築は彫刻が多用されているのが特徴です。ここもその特徴がよく出ています。彫刻は、作者は不明ですが、ダイナミックな造形は、躍動的で宮大工の腕の高さを今に残しています。

ただ、数年前に大修理が行われ、綺麗になり過ぎてかんはありますが。だんだん落ち着いてくると思います。

7
蕃松院の背後の山は、室町時代末期の地の土豪、田口氏によって築かれた山城、田口城でした。田口城の細かいことははっきりしません。佐久の城の多くと同様に天文年間(1532〜55)に武田信玄によって田口城も落城します。城主だった田口長能は村上義清を頼ってこの地を去ります。天文17年、 上田原の戦いで武田氏が敗退の際に、田口長能は田口城の奪還を図りますが失敗、田口氏は歴史から消えてゆきます。

2
この寺の本堂の裏の高台に依田信蕃の墓があります。ここを登っていくのですが、今回は先を急いで訪れませんてした。

武田が滅亡、田口城は、北条方の阿江木氏依田能登守の城となりますが、天正10年(1582)織田信長が本能寺でなくなると、佐久の地は多くの武将の陣取り合戦の場となります。この城は徳川の攻撃を受けて落城し、徳川家康配下の依田玄蕃がここを治めますが、その後は良くわからないのですが、時代の流れの中で廃城になっていったようです。

依田信蕃は佐久地方の豪族ですが多くの豪族がそうであったように、佐久にを個侵略した、武田信玄・勝頼に仕えます。天正3年(1575)の長篠の戦いの時は遠江二俣城の守将でしたが、徳川軍の半年にも渡る兵糧攻めに耐え、全員の助命を条件に開城、そのときには城内を清掃して整然と去ったといわれます。武田滅亡の時には、駿河田中城主でしたが、ここでも、徳川軍と対抗を続けますが、武田勝頼の自害により、田中城を開城します、このとき、家康より召抱えるとの話がありましたが、拒否しています。しかし、信長の武田家臣への処刑という対応を聞き、家康の計らいでに蟄居して切り抜けています。

五輪塔
でも依田信蕃の写真がないと寂しいので古い写真を一枚・・・
この五輪塔が依田信蕃の墓だそうです。

依田信蕃は本能寺の変のあと、家康の招聘により家臣となり、真田昌幸と共に佐久をまとめていきます。しかし、徳川に反発する大井氏を中心とする勢力がまとまって佐久市の岩尾城を攻略中、銃弾を受け、弟の信幸とともに戦死しています。
享年36という若さでした。

11

P2330209

上はマンズワインの小諸ワイナリーの「ソラリス」・・・

「ソラリス」はマンズワインが「日本のブドウを使って世界で勝負できるワインをつくりたい」と立ち上げ たプレミムワインです。シャルドネ、ソーヴィニヨン・ブラン、メルロー、 カベルネ・ソーヴィニヨンの欧州系品種で造るワインを筆頭に、自社交配品種・信濃 リースリングで造る辛口と甘口、古酒甲州など、幅広いラインナップがあり、その一本・・・

下は青森の「田酒」、秋田の「北秋田」、和歌山の「黒牛」など、今年旅した土地の酒とか、八海山の原酒、信州の地酒など。10本以上の日本酒が、オコジョ親子の胃の中に消えていきました。他に紙パックの千曲錦にビールも・・・

12(1) 12 (2)
元旦は雑煮と御節料理・・・

2日は義父や義弟夫婦も集まって、毎年恒例のすき焼きパーティ・・・
今年は10人で賑やかでした。

御節料理というと作るのが大変で苦労しているようです。

一年の初めの正月、それぞれの家に年神様がやってきて一年が始まります。
年神様は初日の出と共にやってくるそうで、鏡を模した鏡餅に宿り、家にいる間が松の内・・・
御節料理は年神様に対するお供え物です。神様にお供えした物には不思議な力がありも、家族は御節料理を食べて一年の健康や幸せを祈ります、お年玉は「お年神様の魂」なのだそうです。

我が家はそのあと焼き肉をしたり、余り御節料理を使いませんでしたが、今は家族中心で゜家族が喜ぶと、神様も喜んでくれるかなと・・・

家族が集まるとみんなが好きなものがいちばんです。
酒は飲み過ぎたかも・・・

20
歯所は変わって、懐古園での孫・・・

御神籤をひいていました。
小吉だったけどいいことも書いてあったそうです。
帰って寂しくなりましたが、元気で育って行ってくれそうです。

25
小諸駅近くの熊さん・・・

今年もよろしくといっていました。

[ 投稿者:オコジョ at 08:24 | 佐久市 | コメント(4) ]

この記事へのコメント
今年もよろしくお願いいたします
お孫さん 大きくなりましたね
子供の成長には目を見張りますね。
にぎやかにお正月を迎えられ おめでとうございます。今年は熊の被害が 出ませんように。
投稿者: 小紋 at 2018-01-08 10:07:32
小紋さんへ
こんにちは
こちらこそ、今年もよろしくお願いします。
子供はしばらく見ないうちにすぐ大きくなりますね。
小紋さんのお孫さんも大きくなられたのでしょうね。
こういう熊さんだと可愛くていいのですが。本物はいま冬眠中のようです。

投稿者: オコジョ at 2018-01-08 15:27:40
こんばんは
あれ、しめ飾りを外さなくちゃ!と慌てて玄関に走りました。
七日に外すんですね。
蕃松院、行ったことがありません。
依田信蕃は岩尾城で戦死したんですね。
岩尾城は行きましたが、車をゆっくり止める場所も無くて、ヒヤヒヤしながら歩き回りました。
お孫さん、御御籤ですか。
小吉なんて、可愛らしいじゃないですか。
投稿者: 万見仙千代 at 2018-01-08 22:04:46
万見仙千代さんへ
こんにちは
正月飾りをいつ外すかは地方によって異なりますので、小正月までに外せばいいのではないかと思いますが、一般的には7日が多いようですね。
春の七草を入れた七草粥を食べる正月7日は, 「人日(じんじつ)の節句」という五節句のひとつです。奇数の月の月と同じ日、3月3日(桃の節句) 5月5日(端午の節句)7月7日(七夕)9月日( 菊の節句)は季節の変わり目としています。伝統的な年中行事を行う季節の節目といってもいいようです。1月の1月1日は元旦で一週間ずらしているようです。ではなく
「人日」は七草粥を食べるので七草の節句とも言います。人を大切にするという節句で、中国では古くはこの日は犯罪者に対する刑罰を行わない日だったそうです。
そういう節目で、松の内も終るので切りがいいということかもしれません。
依田信蕃は豪傑だったようですね。
岩尾城は住宅と田で道も狭くで確かに車だと大変ですね。
孫は、ひらがなをやっと読めるくらいなので、母親から、いいとこだけ読んでもらって喜んでいました。悪いことよりもいいことだけを信じるというのは良いことかもしれません。
投稿者: オコジョ at 2018-01-09 12:22:13

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/90.97/archives/0000545129.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 5 x 5 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら