掲示板お問い合わせランダムジャンプ

浅間山 (6月3日 浅間山外輪山黒斑山より)
P1360610 ここでは、生き物たちや、自然、歴史など紹介していますが、、専門家ではなく、未熟な愛好家に過ぎません。一応は調べて、掲載していますが、六十の手習い・・・
もう70過ぎていますが、年寄のにわか勉強の結果に過ぎません。間違いがあるかと思います。誤りに気がつきましたら、ご指摘いただけると嬉しく、おおいに感謝です。その内容を記事に反映させたいと思います。
また、ご意見、ご感想などをコメントをいただけると嬉しく思います。


営利目的や記事に関係のないコメント、英文のコメントは、予告なく独断で削除させていただきます。

2017年12月31日
信州国際音楽村にて(上田市丸子)
音楽村 (2)
信州国際音楽村公園の寄り添う仲よし柿の木と蓼科山・・・

昨日アップしたコンサート会場の信州国際音楽村は、こんな丘の上にあります。

ここは時期には、水仙祭りやラベンダー祭りが行なわれる花の里です。
もっとも師走・・・
花がなく柿の木も寂しげでした。


音楽村 (3)
上田市のホームページから信州国際音楽村の紹介・・・

信州国際音楽村は、音楽と芸術をひとつのきっかけに、豊かな心を育む交流の場所・社会教育施設として整備をすすめてきました。
昭和61年から平成4年にかけて、屋内ホール(ホール・こだま)、屋外ホール(パノラマステージ・ひびき)、研修棟等を整備し、音楽や花づくりを通じて地域交流と文化振興を図ってきました。施設の運営と管理は建設当初から「一般財団法人 信州国際音楽村」に委託をし、イベント企画、地元自治会共同事業による花壇管理等を行なっています。
 これらの教育施設の更なる活用を検討する中で、音楽村周辺を文化振興や地域交流の拠点として、既存施設も含めた総合公園として整備していくため、平成15年に、都市計画決定をしました(平成16年度着手・平成23年10月完成)。既存施設のほかに、主な公園施設として、眺望のよい芝生広場(4,323平方メートル)、植栽工(サクラ・モミジ)、遊歩道(1,162メートル)、駐車場(小型58台)、トイレ(2棟)、四阿(あずまや)、休憩所などがあります。


音楽村 (4)
信州国際音楽村から丸子の町を俯瞰・・・

役の遠い山なみの一番低いあたりは和田峠・・・
先月訪れた諏訪大社はこの峠の向こうです。
丸子からはこの中山道の和田峠や大門門街道が諏訪に越えていて、古くから上田と諏訪地区を結ぶ交通の要所でした。武田の軍道でもありました。

音楽村 (5)
「誰か、ここにすわってくれないかな・・・」

こんな人待ち顔のこんなお方もいらっしゃいました。

音楽村 (6)
信州国際音楽村の木造野外ステージ「パノラマステージひびき」です。
信州の名物、落葉松による湾曲構造で日本一大きな純木造りの野外ホールです。
開放感にあふれて、木の優しさを感じさせます。

背後には浅間連山・・・
でも今は寒そうですね。

音楽村 (7)
蓼科山と北八ヶ岳・・・

諏訪では諏訪富士ですが・・・
佐久ではお供え山です。
ここではお供えに見えにくいのですが、佐久では左の平らな前掛山に山頂が載って、御供えになります。

我が家も、そろそろお供えを飾ります。

音楽村 (8)
欅の木も葉を落として冬木立・・・

音楽村 (9)
菅平の根子岳と四阿山・・・

その下の上信越道の上田ローマン橋・・・
間もなく正月で故郷に帰る人で混雑しそうです。

音楽村 (10)
四阿山をアップで・・・

音楽村 (12)
コンサートの行われた信州国際音楽村「ホールこだま」・・・・

野外ステージ「パノラマステージひびき」と同様、落葉松を大きくカットした湾曲集成材を採用したホールです。
純木造の音楽ホールとしては、日本最大で、林野庁のモデル木造施設建築補助事業で建てられ昭和62年3月に開設しています。

客席数は長椅子で300席といっていますが、200人くらいが適当で、どこが国際なのかという感じで可愛らしいですが、でも素適なホールです。

音楽村 (11)
黄昏・・・
冬の日は短く・・・

音楽村 (14)
浅間山に夕日が当たって一日が終ろうとしています。

音楽村 (15)
お日さまは林の中に消えていきました。

音楽村 (13)
今日は大晦日・・・…

とりとめもない、似たようなアップを続けて、又一年過ぎてしまいました。

訪れていた皆様には感謝です。

来年も変わりばえしない内容で続きますが、どうぞよろしくお願いいたします。

皆様には来る年が良い年でありますように・・・
そして来年もよろしくお願い申し上げます。

[ 投稿者:オコジョ at 13:51 | その他 | コメント(6) ]

この記事へのコメント
こんにちは
色々な事にお詳しい記事を、いつも楽しませていただきました。
綺麗な写真がとっても素敵で、こんな風に撮れたらなぁと思っています。
オコジョさんの記事を拝見して、行きたい所もいっぱいあるのですが、すっかりお尻が重くなりダメですね。
来年はとりあえず東馬流に行きたいのですが。
どうなりますことやら。
これからも宜しくお願いいたします。
良いお年をお迎えください。
投稿者: 万見仙千代 at 2017-12-31 16:19:30
万見仙千代さんへ
万見仙千代さんへ
こんばんは
ことしも、たくさんご訪問ありがとうございました。
そしてたくさんのコメントも・・・
おほめ頂きありがとうございます。それほど中味は濃くないのですし、写真もいい加減にシャッターを押しているだけなのですが、中学生からカメラを扱って慣れだけです。

東馬流は秩父事件の痕跡・・・
秩父からは谷をたどり山や峠を超えて信州へ・・・
秩父困民党の蜂起は武力的に見れば明治政府の東京鎮台と戦うという無謀ともいえるものですが、窮状に耐えかねて立ち上がらなくてはならなかった秩父の農民の痕跡を思い返すのは良い場所です。
松原湖の途中にちょっと寄れますので是非訪れて見てください。

来たる年が良い年となりますように・・・
そして、来年も宜しくお願いいたします。
投稿者: オコジョ at 2017-12-31 18:54:46
こんばんわ
オコジョさんお久しぶりです。訪問しないまま一年がたってしまいました。二人だった孫も三人なりました。忙しいおばあさんになりました。
信州の年取りの晩は塩鮭の粕汁でした。
懐かしみながらの年の晩です。
くる年もよろしくお願いします。
投稿者: やぶ椿 at 2017-12-31 19:22:29
やぶ椿さんへ
こんばんわ・・・
孫と遊んでいて、 遊ばれていてかな???
ようやくパソコンに戻りました。
お孫さん3人とは素敵です。
おめでとうございます。
こちらは一人ですが。5歳になり、昨日から仲良く遊んでいます。
そちらの年取りは何なのかなと・・・
ブリなのかなと・・・
例年は塩鮭を焼いたのですが、今年は塩鮭の粕汁にしました。15年前に亡くなった父親が好きだったなと・・・・
昔は年に一度のご馳走だったようです。
今年は望月城亜二人に2度ほど行きました。

元気で、何時でもいいですから、立ち寄地って来る日をお待ちしています。

あと1時間足らずで2018年・・・
椿さんにとって、来年も良き年でありますように・・・
投稿者: オコジョ at 2017-12-31 23:18:43
今年もありがとうございました☆””
故郷の香りをいつも楽しませていただき、心ふっくらの一年でした。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

お孫さんご一家も交えいいお年取をなさったことでしょう。来る年も皆様にとって良い年でありますよう。
投稿者: ルピナス at 2017-12-31 23:53:07
ルピナスさんへ
明けましておめでとうございます。
ささやかなブログですが、すこしでも楽しんで頂けたならうれしいことです。
今は孫と遊んでいます。

今年もよろしくお願いしますとともに、ルビナスさんにとって。、新しい年が良き年でありますように・・・
投稿者: オコジョ at 2018-01-01 08:09:10

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/90.97/archives/0000544756.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 6 x 6 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら