掲示板お問い合わせランダムジャンプ

浅間山 (1月4日 小諸市あぐりの湯市町より)
P1230039
ここでは、生き物たちや、自然、歴史など紹介していますが、、専門家ではなく、未熟な愛好家に過ぎません。一応は調べて、掲載していますが、六十の手習い・・・
もう70過ぎていますが、年寄のにわか勉強の結果に過ぎません。間違いがあるかと思います。誤りに気がつきましたら、ご指摘いただけると嬉しく、おおいに感謝です。その内容を記事に反映させたいと思います。
また、ご意見、ご感想などをコメントをいただけると嬉しく思います。


営利目的や記事に関係のないコメント、英文のコメントは、予告なく独断で削除させていただきます。

2017年12月28日
信州の鎌倉別所温泉 料亭 |松茸料理の松籟亭
0
秋になって、妻は腰の調子が良くなくて医者に通っていて、今回は温泉中心ということですが、前から気になっていた食事処に行くことにしました。

食事処あたりからの上田市街地・・・
手前の民家が別所温泉です。

食事処から別所温泉駅は100 m下です。駅より1.5キロ、北向観音より800mです。
見晴しの良いところです。


3
大湯から野倉への道・・・

車道も行けますが・・・
「野倉の里 近道」の遊歩道を行きます。

5
雪はありますが・・・
このくらいなら気を付けていけば大丈夫のようです。ゆっくり行くことにします。

6
途中のお休み処・・・

7
冬らしい道でした。

8
こんな石もありました。

大きな卵でした。

10
妻には少しきつかったかな・・・
でも、なかなかきれいな道でした。

でも、結構楽しんでいたような・・・

11.
今回の食事処・・・

山の中で近くに民家のないところです。
別所温泉最奥の食事処です。

12
内部からの展望・・・

食事所からのご案内・・・
松籟の謂(いわれ)
松籟(しょうらい)とは「松の梢に吹く風、あるいは吹き抜ける風に松葉が擦れ合い奏でる音」を意味します。
松籟亭は、松茸の産地として知られている長野県上田市別所温泉にあります。別所温泉・上田市街を見おろせる場所にある松籟亭は、アカマツ林に囲まれて、そこに吹くやさしい風を感じられるまさに“松籟”の名にふさわしいお店です。 


21
松風ランチ 

22
篭盛りランチ

23 (1) 23 (2)
米は3種類の米から選べます。ただし、注文を受けてから焚きますので、グループで一種類にまとめてほしいとか・・・
また、食事時間も余裕を持って行く必要があります。人気の店なので。予約をしておいた方が良いです。また、松茸シーズンは松茸料理のみとなります。

選べる米は、店の説明を加えて
●信州北御牧産 八重原米
潤いと粘りが強くもちもちとした触感が特徴のお米です。
●信州上田産 風さやか
噛むほどに甘く、粒がしっかりしていて適度な粘りが特徴です。
●五穀米(長野県産)
アマランサス、もちきび、もちあわ、赤米、黒米

我が家は八重原米にしました。

25 (1) 25 (2)
御飯が炊き上がるまで、時間がかかりますので、左の卵焼きと手づくりの漬物でお茶を飲んで待ちます。卵焼きと漬物はお代わりできます。

26
この日のメニュー

31
氷川きよしさん、六角精児さん、宮川花子、大林宣彦監督など、わたしも知っている有名人の写真と色紙がありました。松茸を食べにきたのでしょうね。

32
帰りは同じ道を気を付けて戻りました。

33 (1)
温泉は別所温泉駅から歩いて3分のいつもの「あいそめの湯」・・・

35 (1) 35 (2)
別所線のマスコット存続支援キャラクターがいます。
左は「八木沢まい」・・・
上田電鉄別所温泉駅の駅長さんという設定で名前は別所線の「八木沢駅」と「舞田駅」からとられています。家は地元の温泉旅館・趣味は日舞と剣道だそうです。

右は「北条まどか」の自動販売機・・・
北条は別所線が走る塩田平の文化を醸成した北条氏の 子孫という設定に、まどかは丸窓電車を円窓電車とも表記していたから「円」の訓読みに 由来するそうです。毎日、自宅から別所線で、上田の高校に通う高校2年生という設定だそうです。

最近は「鉄道むすめ」という制服を着た オリジナルのキャラクターたちが次々と登場しているようです。こうしたことで別所線に乗る人が増えるといいのですが・・・

36
上田駅前の真田幸村(信繁)増に御挨拶して家路につきました。

[ 投稿者:オコジョ at 07:58 | 千曲市・坂城 | コメント(6) ]

この記事へのコメント
よい旅
ちょっと出かけるのも旅のうち 近いところにいいところがあれば 何回行ってもうれしいものです。
温泉は 腰に効くことでしょう お大事にしてください。
今年もいろいろとありがとうございました どうぞよいお年を。
投稿者: 小紋 at 2017-12-28 12:47:16
こんばんは
松籟亭
名前を聞いたことがあるし、先日の忘年会の時バスから看板も見ました!
松茸だけかと思ったら、他の季節もやっているんですね。
考えてみると当たり前だけど。
そんなお店で食べられるなんて、羨ましいです。
奥様の腰はいかがですか。
腰痛仲間として心配です。
辛いですからね。
投稿者: 万見仙千代 at 2017-12-28 22:30:22
小紋さんへ
おはようございます。
おなじ場所でも季節など行くたびに違った感じがあります。知らない場所に行くのも、同じ場所に行くのも、それぞれに楽しみがあるのかもしれません。
温泉は温まりますので、体にはいいですね。年が明けたら、年始を兼ねてまたくるかもしれません。
今年も、素敵なブログ楽しませていただきありがとうございました。
小紋さんもよいお年を。
投稿者: オコジョ at 2017-12-29 09:14:03
万見仙千代さんへ
おはようございます。
松籟亭は前から敷居が高そうねと言っていたのですが、ランチならいけそうと・・・
初めは私も松茸料理中心かと思っていたのですが、ランチはお手頃でした。

仙千代さんの忘年会のカワセミの池から山の奥へ少し登ったところにあります。
機会があったら是非どうぞ・・・

考えてみると当たり前だけど。
そんなお店で食べられるなんて、羨ましいです。
妻は、いくらかはいいようですが、なかなか楽にはならないようです。長期戦になりそうです。
投稿者: オコジョ at 2017-12-29 09:14:52
懐かしく^^
かなり前に松茸を食べに行った事があります。
車でしたが、歩くには少し遠かったですね。

腰痛は特に冬場はこたえるでしょうね〜〜暮れですから余計仕事もあるし・・うちの近くなら鍼治療の良い先生がいらしてをお勧めしたいのですが・・・苦手な方もいらっしゃいますね。
どうぞお大事になさってください。

オコジョさん、この一年も楽しませていただきました。
来年もよろしくお願いします。
よいお年をお迎えください。
投稿者: われもこう at 2017-12-31 00:36:11
われもこうさんへ
こんにちは
松茸は美味しいのですが、こちらに住んでいると、他にも美味しい茸がたくさんありますので、値段を考えると考えてしまいます。松茸ばかりでなく。松茸がすこしとほかの美味しいものの組み合わせがあればいいのにと思うのですが・・・
ここは、松茸小屋という感じでなくて割烹という感じで良いですね。

妻の腰痛は薬で押さえて痛みがなくなったら運動ということになります。
温かくなると良くなるかなと春を待つことにします。

こともたびたびご訪問頂きありがとうございました。
われもこうさんのブログはここと違った味があり楽しませていただきました。
われもこうさんももよいお年を迎えてください。
そして、来年もよろしくお願いいたします。
投稿者: オコジョ at 2017-12-31 15:40:40

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/90.97/archives/0000544588.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 8 x 2 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら