掲示板お問い合わせランダムジャンプ

浅間山 (11月17日 佐久市御牧原より)
P2310750
ここでは、生き物たちや、自然、歴史など紹介していますが、、専門家ではなく、未熟な愛好家に過ぎません。一応は調べて、掲載していますが、六十の手習い・・・
もう70過ぎていますが、年寄のにわか勉強の結果に過ぎません。間違いがあるかと思います。誤りに気がつきましたら、ご指摘いただけると嬉しく、おおいに感謝です。その内容を記事に反映させたいと思います。
また、ご意見、ご感想などをコメントをいただけると嬉しく思います。


営利目的や記事に関係のないコメント、英文のコメントは、予告なく独断で削除させていただきます。

2017年11月11日
森将軍塚古墳まつり2 森将軍塚古墳
1
信州最大の古墳・森将軍塚古墳は4世紀末。今からおよそ1600年に築かれたといわれる、全長約100mの前方後円墳です。


2
凄いですね。
山の上にこんな石を積み上げてどのくらいの人と、時が必要だったのか・・・

森将軍塚古墳は4世紀末に築かれた、全長約100m前方後円墳で、東日本最大級の古墳で、国指定、史跡になっています。

歴史的に見て最初の前方後円墳は、3世紀に入ってからといわれ、この時期がヤマト王権の成立時期とする説が有力です。それから1世紀くらい、ここにもこのような墓を作る信濃の王といって良い豪族がいて、その信濃の国の王の墓がこの将軍塚です。

ここは発掘調査の結果に基づき、石を積み、埴輪を並べ、正確に復元しました。
古墳の周りの石は約8万個の石英班岩という膨大なものだそうです。

3
この古墳は11年間の発掘調査の結果に基づいて、石を積み、埴輪を並べ、正確に復原したそうです。復原は復元の間違いではないかと思われますが、当時のままという
意味で、敢えて「原」を使っているそうです。

5
前方部・・・
ここには竪穴式の石室が2ヶ所に有ったそうです。

古墳の上には石が敷き詰められていますが。これは千曲川の玉砂利だそうです。160mも低いところを流れる河原から人力で運び上げるということだけ考えても大変なことです。

6
その奥の高いところが主部の後円部です。そちらに登ってみます。

森将軍塚はなんとか森将軍の墓ではなく、昔の偉い人の墓という意味です。「将軍塚」は前方後円墳などという言葉が無かったころ大きな古墳をこう呼びました。「王塚」という地方もあります。森はこの辺りの日本一の杏の里として知られる森地区の名前からとっています。

7
後円部から前方部を見下ろすとこんな感じです。

この古墳の規模は・・・
墳丘長は約100m
前方部 長さ:約40m、幅:約30m、高さ:約4メートル
後円部 直径:約45m、高さ:約4m

これは信州で最大の古墳です。

8
こちらが前方部・・・
もっともただ平らなだけといえばそれまでかも・・・

9
森将軍塚古墳は埴科古墳群(はにしなこふんぐん)のひとつです。埴科古墳群4つの前方後円墳の総称で、森将軍塚古墳のほかに、有明将軍塚、倉科将軍塚、土口将軍塚で、4つまとめて国の史跡に指定されています。

善光寺平には5つの将軍塚古墳があります。もう一つは千曲川の対岸の長野市篠ノ井にある川柳将軍塚古墳全長91メートルの信州で2番目に大きな将軍塚古墳です。倉科将軍塚はこれに次いで信州で3番目に大きな全長83メートルの前方後円墳。森将軍塚古墳より新しく、古墳時代中期に造られたそうです。鷲尾城跡という山城跡のすぐ上にあり、城の一部だったようですが、古墳は原型をとどめています。といっても、ここのように復元されていないので、ただの山の中の塚のようですが・・・

P2290635
前方部

古墳の上に長方形に囲んで位置を示した場所がありますが、ここには長さ 7.6m、幅 2m、高さ 2.3mの日本最大級の竪穴式石室が設けられ、森将軍塚古墳の主が眠っていました。

11
その石室は麓の森将軍塚古墳館に原寸大模型があります。

ここに来る前に写真を撮影してきましたので、紹介します

ここは発掘調査の時に方取りした実物大の精密に再現された古墳内部の模型です。

12 (1) 12 (2)
左は。竪穴式石室の一部を実際の大きさに石を積んで再現したもので、石室は赤く塗られていたそうです。

右は石室内部の様子です。ここに信濃の王が眠っていました。
もっとともここは古墳館の再現模型ですが・・・

13
この展示は発掘品の展示、「人びとのくらしコーナー」もありました。
古墳にある埴輪は発掘品のレプリカです。サイズ形は発掘品と同じです。

黒い大きな壺がありますね。
これは大阪で作られたものだそうです。
古墳時代に、どうやって運んだのでしょうか、割らないように運ぶのは大変だったでしょうね。当時、大阪との交流があった証しですね。

15(1) 15 (2)
発掘品・・・

この古墳には27種・157個の円筒埴輪や朝顔型埴輪があり、そのすべてを、新たに焼成して、復元したそうです。当時と、同じ材料・工法で復原工事は昭和56年から平成4年まで、11年かかったそうです。

森将軍塚古墳の時代はヤマト王権の勢力は信濃まで及んでいなかったようです。
このことからヤマト王権と対立した、信濃国以前の科野国の初め王の墓というのが、最も有力なようです。

信州には諏訪大社は大国主の長男の建御名方命が、国譲りに反対して、敗れ諏訪まで逃れたという神話があります。諏訪大社の本来の神はミシャグチ神、蛇神、狩猟神、石木神などの諏訪の土着の神々だったようです。
ヤマト王権が諏訪を制定し、降伏した諏訪の王、大祝(おおほおり)を建御名方命の子孫として生神して権威をつけ、人々を従えさせたようです。

25
森将軍塚のある有明山の地中には、北陸新幹線の五里ヶ峰トンネルと、上信越道の有明山トンネルが山をぶち抜いています。

丁度、新幹線が五里ヶ峰トンネルから出て、善光寺平を横切り、善光寺のある長野へ向かっていました。

信濃は山ばかりと思われますが、善光寺平は千曲川と犀川と水と肥えた土地で豊かな穀倉地帯で、中央集権に対抗する科野の国の王がいたと思います。
ただ、善光寺平周辺の五つの将軍塚が同じ一族のものか、この地で対立した幾つかの豪族のものか、わかりませんが、いずれにしても、この山奥に、山を削り、土を盛って巨大な古墳を作れる人々が必要だったのか、いずれにしても絶大な権力の存在があったことは間違いないようです。

ヤマト王権の支配下になると、中央からの派遣された役人の支配となり、このような大規模な古墳を作ることは無理になっていくようです。

16
古墳の上からの善光寺平・・・

頂上からは更埴市や長野市が一望できます.
たくさんの田が広がっていますね。

この地域は善光寺平有数の穀倉地帯です。ここでの稲作は2000年前の歴史があるそうです。
大化改新後、大宝律令によって、律令国家制度が整えられます。そして国の土地を条理制によって口分田(くぶんでん)という田に分割し農民にという土地を貸し与え、税を課しました。口分田は一辺が約110mの正方形の土地で,遺構の地割りを条理制(じょうりせい)といいます。

ハッキリとその位置を示すのは私には無理ですが、ここから、9〜10世紀の条理制(じょうりせい)遺構の後が見えています。

20
北アルプスも見えます。

白馬三山・・・
左から白馬鑓ヶ岳、杓子岳。白馬岳、小蓮華岳・・・

21
左奥に、戸隠の高妻山、善光寺平の向こうは飯縄山です。

27
森将軍塚古墳まつりの会場を見下ろします。会場の右の建物が、森将軍塚古墳館です。
森将軍塚古墳は古墳の上まで麓のまつりの会場から標高差130m・・・
人が小さく見えます。

10
森将軍塚古墳は有明山652mという山から派出する尾根の上の標高490mの大穴山とよばれている山の上にあります。有明山にはここから約50m高い540mあたりに有明山将軍塚古墳があります。

この写真の山の上の送電線の鉄塔のあたりが有明山将軍塚古墳です。

30
森将軍塚古墳の上にあるこの丸い丘も古墳です。前方後円墳ではなく円墳です。
森将軍塚古墳の周囲には5世紀から7世紀の小さな円墳が13基あります。
この古墳にはどんな人たちが眠っているのでしょうか、将軍塚を含めて、文字のない時代、詳細は時代の流れに飲み込まれ、ただ古墳のみが残ったと言えるのかも・・・

妻は有明山将軍塚古墳に行ったことがないので、有明山将軍塚古墳をめざします。

[ 投稿者:オコジョ at 12:37 | 千曲市・坂城 | コメント(2) ]

この記事へのコメント
こんばんは
森将軍塚古墳
本当に大きいんですねぇ。
これを人力で作り上げた当時の人々は、本当にすごい。
良く写真で見る関西地方にある前方後円墳は、すっかり森になってしまっているけど、ここまで復原したこちらの皆さんの仕事も凄いですね。
こういう古墳はあまり無いんじゃないですか?
有明山将軍塚古墳っていうのもあるんですか。
投稿者: 万見仙千代 at 2017-11-11 21:11:25
万見仙千代さんへ
おはようございます。
関西の大きな前方後円墳古墳は、天皇や王族の墓とされているものが多く、調査が宮内庁との関係もあって難しく、このような復元は無理のようです。
高崎市には保渡田古墳群という約100メートルの前方後円墳3つ点在しています。ここと違って平野の中の古墳ですが・・・
このうち2つの古墳は復元されていて、このように上に登れますし、石室に入れます。まだ訪れたことはないのですが、一度訪れて見たいと思っています。
有明山将軍塚古墳は小さいです。それに山の中・・・
今日この後アップします。
投稿者: オコジョ at 2017-11-12 08:54:02

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/90.97/archives/0000541944.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 3 x 3 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら