掲示板お問い合わせランダムジャンプ

浅間山 (11月17日 佐久市御牧原より)
P2310750
ここでは、生き物たちや、自然、歴史など紹介していますが、、専門家ではなく、未熟な愛好家に過ぎません。一応は調べて、掲載していますが、六十の手習い・・・
もう70過ぎていますが、年寄のにわか勉強の結果に過ぎません。間違いがあるかと思います。誤りに気がつきましたら、ご指摘いただけると嬉しく、おおいに感謝です。その内容を記事に反映させたいと思います。
また、ご意見、ご感想などをコメントをいただけると嬉しく思います。


営利目的や記事に関係のないコメント、英文のコメントは、予告なく独断で削除させていただきます。

2017年11月04日
秋の散歩道にて・・・
P2290137
欅の秋・・・

ある日の散歩・・・
天気が良いと

欅が紅葉していました。
欅の木は下から、末広がりに枝を伸ばします。縁起がいいような・・・
だから御神木が多いのかなと・・・

神社の御神木は南ではクスノキや杉が多いようですが、信州は欅が多いです。信州でもすくすく育ち大きくなるためのようです。


P2290140
白樺の秋・・・

白樺は名前の由来の白い幹に、黄金色の黄葉が青空の下で輝くようでした。

P2290144
千曲川に下る道・・・

この巨大な達観の中にも、千曲川に向かって下るというより、落ちていく発電用の水があります。

殺陣胃がんの御牧ヶ原も秋色になってきました。

P2290151
水路に沿って下る道・・・

秋の中に入っていきます。

P2290152 P2290155
130段くらいの階段・・・

余りこういう所は好きではないのですが・・・
近道なので・・・

xzrNxNge

左端の小さくとがった山は針ノ木岳(標高2,821m)、その左前に大きく針ノ木岳と重なっているのは蓮華岳(標高2,799 m) そして左へ、赤沢岳(標高2,678m) 鳴沢岳(標高2,641 m)   と北アルプスの後立山連峰の山脈・・・
その後ろにひときわ白く立山(標高3,015 m)の峰が姿を見せていました。

P2290179
あまり人が歩かない秋の道です。

P2290188
夏は暗い林ですが、秋は明るい林です。
間もなく葉が散り落ちてもっと明るくなりますが。その時は寂しい冬の林になります。

P2290194
派手さはありませんが、こういう道が好きです。

[ 投稿者:オコジョ at 10:26 | 小諸 風景 自然 | コメント(2) ]

この記事へのコメント
こんばんは
とても素晴らしい景色ですね。
山がこんな風に見えるのは、信州ならではじゃないでしょうか。
立山は、右寄りにほんの少し出ている真っ白な頂でしょうか。
小諸から立山が見えるなんて!
ご自宅から、こんな風に紅葉狩りをしながら散歩ができるなんて、羨ましいです。
投稿者: 万見仙千代 at 2017-11-05 20:11:50
万見仙千代さんへ
おはようございます。
秋が深まって、山々が白金に輝くと北アルプスも立派に見えます。幸らからも槍ヶ岳が見えると思います。
小諸からは後立山連峰の一番低い所の後ろに立山があり、見うる一にあります。
山の位置が分かりにくいので、写真に山の名前を入れました。
投稿者: オコジョ at 2017-11-06 08:58:10

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/90.97/archives/0000541563.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 1 x 6 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら