掲示板お問い合わせランダムジャンプ

浅間山 (11月17日 佐久市御牧原より)
P2310750
ここでは、生き物たちや、自然、歴史など紹介していますが、、専門家ではなく、未熟な愛好家に過ぎません。一応は調べて、掲載していますが、六十の手習い・・・
もう70過ぎていますが、年寄のにわか勉強の結果に過ぎません。間違いがあるかと思います。誤りに気がつきましたら、ご指摘いただけると嬉しく、おおいに感謝です。その内容を記事に反映させたいと思います。
また、ご意見、ご感想などをコメントをいただけると嬉しく思います。


営利目的や記事に関係のないコメント、英文のコメントは、予告なく独断で削除させていただきます。

2017年10月25日
浅間山麓の秋
1
楓の紅葉・・・

  秋思        島崎藤村

秋は来(き)ぬ
  秋は来ぬ
一葉(ひとは)は花は露ありて
風の来て弾(ひ)く琴の音に
青き葡萄(ぶどう)は紫の
自然の酒とかはりけり 


浅間山麓の町小諸も秋の色付きはじめとなりました。


16
山漆の赤・・・

秋は来ぬ
  秋は来ぬ
おくれさきだつ秋草も
みな夕霜(ゆうじも)のおきどころ
笑ひの酒を悲しみの
盃(さかずき)にこそつぐべけれ    (秋思 島崎藤村)


今年の10月は、雨ばかり・・・
南紀から帰ってきて、青空の広がる日はほとんどなく梅雨のような日々が続いています。それに雨ばかり・・・
雨の予報のない日に浅間山麓の散歩です。

目的はなし・・・
もっとも散歩とは、気晴らしや健康などのために、とりとめもなく、ぶらぶらと歩くことだそうですから、目的があると厳密には散歩と言えないかもしれません。

8

秋は来ぬ
  秋は来ぬ
くさきも紅葉(もみじ)するものを
たれかは秋に酔はざらむ
智恵あり顔のさみしさに
君笛を吹けわれはうたはむ     (秋思 島崎藤村)


15
ダンコウバイの黄色・・・

5
道も秋・・・

2
りんごの里松井へ・・・
この林檎は「秋映」・・・
信州の「りんご3兄弟」という長野県のオリジナル品種があります。秋映、シナノゴールド、シナノスイートです。この秋映は、全国の生産量が約350トンですが、そのうち92%が長野県だそうです。
鯉黒味を帯びた色が特徴で、果汁をたっぷりで甘味と酸味のバランスがよくて、しっかりとした歯ごたえがある林檎らしい味わいがあります


  初恋        島崎藤村

まだあげ初(そ)めし前髪(まへがみ)の
林檎(りんご)のもとに見えしとき
前にさしたる花櫛(はなぐし)の
花ある君と思ひけり    



3 (1) 3 (2)

やさしく白き手をのべて
林檎をわれにあたへしは
薄紅(うすくれなゐ)の秋の実(み)に
人こひ初(そ)めしはじめなり    (初恋 島崎藤村)

    
左は秋映ですが、右の黄色い林檎はシナノゴールド・・・
ひとつで350gにもなる大きな林檎です。糖度が14〜15%程と甘いのですが、酸味あり、固めで加熱調理しても崩れにくいのでお菓子用としても適しているそうです。

長野県のオリジナル品種の「りんご3兄弟」の一つですが、現在一番多く栽培されているのは青森県で、全国の42%、次いで長野県が39%、岩手県12%だそうです。ヨーロッパでも栽培されているとか・・・
信州でもたくさんの「つがる」を栽培していますので、お互いさま、地名にこだわることはないですね。
これからは黄色い林檎が主流になっていく傾向があるそうです。色付きをあまり気にしなくてもいいので、作りやすいそうです。でも、個人的には林檎はやはり赤がいいかな・・・

A (0)
散歩の写真ではないのですが義弟夫婦から頂いた林檎・・・
義妹の実家は、志賀高原山麓の果実農家で、この林檎は形が悪いとか傷などのある「はぶき」という売り物にならないものですが、味は変わりません。今年はもう何度もいただいていて、他にもシャイマスカットとデラウェアの葡萄もいただきました。感謝です

「ふじ」のころには、贈答用を親類に送って喜ばれています。

右は秋映ですが、右はシナノスイートです。
秋映と較べるとシナノスイートは大きいですね。甘味が強く、香りも良い林檎です。「りんご3兄弟」はいずれも美味しい林檎です。

わがこゝろなきためいきの
その髪の毛にかゝるとき
たのしき恋の盃(さかづき)を
君が情(なさけ)に酌(く)みしかな  

林檎畑の樹(こ)の下に
おのづからなる細道(ほそみち)は
誰(た)が踏みそめしかたみぞと
問ひたまふこそこひしけれ     (初恋 島崎藤村)


6
散歩に戻ります。

セイタカアワダチソウ・・・
北アメリカ原産の帰化植物ですが、増えましたね。

良いことではないのですが、今では秋を感じさせる花となってしまいました。
別名に代萩と言われます。
萩の代用としても呼ばれ、切り花用の観賞として使われるからですが、茎を乾燥して萩の代用としてすだれなどの材料に利用されるとか・・・
この花の古幸の北アメリカではカナディアンゴールデンロッドというそうです。ゴールデンロッドは秋のキリンソウの野総称だそうです。

7 (2)
ススキは日本・朝鮮半島・中国・台湾などに分布するそうですがセイタカアワダチソウの本拠地に進出して増え続け、侵略的外来種としてセイタカアワダチソウなどのゴールデンロッド類の生息地が脅かされ問題になっているそうです。
北アメリカではゴールデンロッドは重要な蜜源植物なのだそうです。日本でセイタカアワダチソウが増えたのは蜂蜜業者が種をあちこちに蒔いたからとも言われます。
植物はふるさとを離れると悪さをするようです。

9
松井の愛宕山に登ってみます。といっても、北側の松井の集会場から登る地標高で10数メートル高く登るだけです。

でも南側はこんな素敵な小諸の町を俯瞰する展望台です。

10 (1) 10 (2)
ここが最高部の愛宕山の山頂・・・
愛宕神社の境内です。

♪汽笛一声新橋を はや我汽車は離れたり
  愛宕の山に入り残る 月を旅路の友として(鉄道唱歌 作詞 大和田建樹)


この歌に歌われた愛宕の山は東京の新橋近くにある標高25.7mの三等三角点のある山、自然の山としては23区で一番高い山になるそうです。山といっても、山頂には郵便局やNHK放送博物館、そして愛宕神社があります。
23区で一番高い山と書きましたが23区で一番高い地点ではありません。23区で一番高い地点は練馬区の武蔵関駅近くの青梅街道に58mという独立標高点がありここのようです。ただ、道の上ですが・・・

右の写真は鳥居から下を見たものです。
下を見ると怖い石段ですね。
滅多にここから登って参拝する人はほとんどいないようですね。
私は最初に、ここから登りました。登ってみたら後ろに緩やかな道がありました。

下の道は上信越道・・・
上信越道は平成7年(1955)11月に開通していますが、その工事でこの山の南斜面を削り取りました。おかげで参道はこんな石段になってしまいました。

11 (1) 11 (2)
左は鳥居の正面にありますので愛宕神社の祠・・・

愛宕神社は京都の愛宕山の愛宕神社を総本山とする火防の神の火産霊命(ほむすびのみこと)を祀る神社です。

古くは火災が起こると消すことは無理で。延焼を抑えるだけ・・・・
火災は人々にとって脅威でした。火災が起きないように現在と違って火難から守る愛宕神社や、やはり火産霊命を祀る秋葉神社とかといった神に祈りました。こうした神社は全国に数多くあります。こうした神社は集落の入口や集落を見下ろす山の上に祀られることが多いようです。

左の石仏は法界定印(ほっかいじょういん)という印相という、指の組み方をしています。この印相は大日如来の物です。

12
我が家はこの辺りかな・・・
小さな家、ほか建物の影で。特定できません。全く見えていないのですが。この中の家の影にあることは間違いないです。

晴れていれば奥秩父、八ヶ岳、美ヶ原、北アルプスの素敵な山々も望めます。

ここには愛宕山城という物見の城もありました。ただ、具体的なことはわからないようです。

13
秋の気配の道・・・

17
新米もすぐですね。

18
美しい秋も今しばらく・・・

19
野沢菜と大根・・・

漬物の季節もすぐです。


今日の黒斑山山頂の浅間山監視カメラの映像
Video1
浅間山は見えず、カメラに何か張り付いているようです。
山は雪・・・

小諸の町は冷たい雨が降っています。
[ 投稿者:オコジョ at 07:48 | 小諸 風景 自然 | コメント(2) ]

この記事へのコメント
こんにちは
藤村の詩は美しい情景が浮かびますね。
信州は秋が深まっていますね。
りんごも香りが感じられておいしそうです。
信州りんごはこちらのスーパーにも並ぶので楽しみです。
表紙の写真、酸実というのですね。
澄んだ青空に赤い実が映えてきれいです♪
投稿者: アメジスト at 2017-10-27 11:11:41
アメジストさんへ
こんばんは
藤村の詩は良く時代の情緒がありますね。
時代が違って、スピード時代でなく、風景も自然で素朴だったのでしょうね。

今回の台風で、林檎の被害がありました。また来そうなので心配しています。
でも、信州きっとおいして林檎がそちらにも並ぶことと思います。
台風,被害がないといいですね。
表紙の写真、酸実はズミと読みます。小さいけれど綺麗な赤です。
投稿者: オコジョ at 2017-10-27 18:43:37

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/90.97/archives/0000540922.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 6 x 3 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら