掲示板お問い合わせランダムジャンプ

浅間山 (11月17日 佐久市御牧原より)
P2310750
ここでは、生き物たちや、自然、歴史など紹介していますが、、専門家ではなく、未熟な愛好家に過ぎません。一応は調べて、掲載していますが、六十の手習い・・・
もう70過ぎていますが、年寄のにわか勉強の結果に過ぎません。間違いがあるかと思います。誤りに気がつきましたら、ご指摘いただけると嬉しく、おおいに感謝です。その内容を記事に反映させたいと思います。
また、ご意見、ご感想などをコメントをいただけると嬉しく思います。


営利目的や記事に関係のないコメント、英文のコメントは、予告なく独断で削除させていただきます。

2017年10月23日
南紀の旅 白浜と串本   串本 本州最南端 潮岬
1
本州最南端 潮岬の先端クレ崎・・・

その前に食事です。
「望楼の芝」と呼ばれる草原の向こうは潮岬観光タワー

昨日から今日は台風が日本を通過中・・・

昨日の台風情報では「潮岬の南にあり、北東にすすんでいる・・・」と潮岬が登場していました。潮岬のある南紀は台風の通り道・・・
台風が大きな被害なく通過してほしいものです。
こちらの雨はたいしたことはなく、今は止んでいますが、風が強く市内の4000世帯くらいで停電しているようです。
私も出かる用事がありますが、自転車なので。危険ですので、現在風がやむのを待っています。安全第一ですね。
皆様をお気を付けください。
3 (1) 3 (2)
潮岬観光タワーの展望台は海抜100m、360度の展望で「紀伊大島」遠く世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の那智山の山並みまで見渡せ「本州最南端訪問証明書」がいただけるそうですが、展望は「潮岬灯台」で楽しんだからいいということで、まずは食事とタワーの左のある建物の2階のレストランへ・・・

ここは、最近テレビなどで紹介され、大島で育てている近大本マグロを使った近大マグロ丼がお勧めみたいですが、昨夜もマグロの解体ショーで、美味しいマグロを頂いています。今夜もマグロの刺身を食べることになりそうなので、刺身関係はみんな敬遠、女性たちは「本日の地魚丼」・・・

本日の地魚は「串本産 沖ざよりの胡麻醤油の漬け丼」だそうです。わりとあっさりしていておいしかったようです。

オキザヨリなんて魚聴いたこともなく、調べてみたらダツの仲間で体調1.5メートルにもなり、沖合を回遊しているとか、骨が緑色で一般には出回ることはない魚で珍しいようです。
入口のメニューに頭だけの写真がありますが、くちばしが尖っていて驚いた時や強い光を浴びると水面から飛び出すことがあり、突き刺さるため漁師には嫌われ者だそうです。

5 (2) 5 (1)
左は紀州梅まだいかぶと焼き定食・・・
これが良かったかなと・・・

右は私のマグロカツカレー・・・
庶民なので、カレーが好きなのです。でもマグロカツなんてと思ったのですが、意外と美味しくて満足、麺類の好きな義父は、あっさりマグロラーメンでした。  

2
潮岬観光タワーには登りませんでしたが、レストランからも草原の向こうに海という太平洋のオーシャンビューで素敵でした。

6 (1) 6 (2)
腹ごしらえもできたので、いざ本州最南端へ

芝生広いですね。この大芝生は約10万㎡(約3万坪)あるとか・・・

でも、元気にあるいて。ここで記念撮影しました。

7
でも、海を見るならこちらです。ここが一般的に行ける本州最南端のようです。


8
海は広いな 大きいな・・・

義弟夫婦は海外旅行が好きなので。この海の向こうに思いをはせているのかも・・・
次は何処へ行こうかと・・・

我が夫婦は反対に海外に全く興味がありません。
でも、仲良く毎年旅を楽しんでいます。

50
本州最南端ですが東西に台地で、海は南側ですが、日の出日の入りが南に偏る冬至の時期辺りでは、水平線から昇った太陽が同じ水平線上に沈んでいくそうです。

岬の台地の一角に「太陽の 出て没るまで 青岬」という山口誓子の句碑がありましたが、そんな場所と言えそうです。

11義父は食後は1時間くらい昼寝をするのが日課・・・
前日も羽田空港で昼寝をしたとか、今日はここ、「潮風の休憩所」に畳のスペースがありましたので昼休み、他の三人はお喋りタイムや昼寝となりますのでとなりますので、一人でその辺の散歩に出かけました。

どうも、外に出るとじっとしていられない性分なもので・・

10
休憩所近くの黒松の一本松・・・

私が前に来た時の記憶はあまりないのです。
本州最南端のところに行ったということだけで、多分この大芝生もなく、もちろん潮岬観光タワーもあろうはずもなく、海の見える展望所だけだったのかもしれません。

戦前には、ここには海軍の望楼(物見櫓)があったそうですが・・・

信州は赤松ばかりで、黒松はありません。もっとも、南信州はあるのでしょうが・・・
この松、50年前に来た時にもあったのかなと・・・

9
大芝生の東端には展望台がありました。

こちらからは潮岬の東側の上に大島が顔を見せてくれました。

21
21 (2) 21
左は、上でも取り上げた山口誓子の「太陽の 出て没るまで 青岬」この碑の立っている岩は、日本武尊の子といわれる仲哀天皇の皇后の神功皇后がここで酒宴を催したという言い伝えから「盃岩(さかずきいわ)」という名だそうです。

そして、その近くにはこんな門・・・
この先に何があるのかなと・・・

22
門は海岸への入口のようでした。
「ここの海抜はおよそ31mです」とあります。「危険」ともありますが、道が危険ではなく海釣りが危険なようです。わりと良い道なので下ってみることにしました。

23
こんな九十九折の道でした。もっとも数回曲がるだけですが・・・

25
「右注意」・・・
それほど危険でもなかったのですか、雨の時などは注意が必要かもしれません。

26
31メートル降りるとこんな場所でした。

大芝生の下のクレ崎の海際ということですね。

潮岬の本州最南端は北緯33度25分59秒だそうです。
大芝生南端は地図で調べると約33度26分10秒、本当の最南端はもっと南です。そこは
この正面の岩の先です。でも、今の私には難所ですね。無理はしないでここで引き返します。
岬の海岸まで来られたので満足です。

27
この上が大芝生・・・

下からはただの急な斜面にしか見えません。上からも見えないということですね。

28
大芝生に戻ることにしました。

29 (1) 29 (2)
『景勝 旭之森 入口』という案内柱がありました。ここの説明によると、説明文より。

「その昔、十四代神功皇后、当地にご来訪の折、この旭の森より東方海上に昇る朝日を御来光になられ、この処の盃岩を囲んでご酒宴を催されたと伝承される。」 

盃岩は紹介済みですね。でも景勝というからには行かない手はないと、こんな林の中の遊歩道をたどります。
すぐに・・・

30
こんな見晴台に・・・

『景勝 旭之森  入口』と書いてあるかと思ったら、ここも『吉野熊野国立公園 本州最南端 潮岬』でした。

でも、皇后が朝日を遥拝したとすれば、この場所でしょうね。

31
本州最南端クレ崎を見下ろします。

32
以来、100余年もの間、海上交通の要所として沖行く船を照らし続ける、30mの断崖に建つ白亜の灯台で、本州最南端のシンボル的存在だ。太平洋の大海原が広がります。また、

そのまま遊歩道を進むと。今度は西側が開け、潮岬灯台が30mの絶壁の上に園雄姿を見せてくれました。

33
ここは潮岬灯台の全体を撮影するには素敵な場所のようでした。

本州最南端のお話はここまでです。
[ 投稿者:オコジョ at 07:27 | 旅 (地域外) | コメント(4) ]

この記事へのコメント
こんばんは
潮岬
天気予報ではお馴染みですが、行ったことはもちろんありません。
台風の時なんか、ものすごいんでしょうねぇ。
穏やかな時には、美しい所ですね。
今回の台風では、どんな状態になったんでしょう。
海際なんかにいたら、あっという間に波にさらわれるんでしょうね。
「串本産 沖ざよりの胡麻醤油の漬け丼」
私も食べてみたいです。
投稿者: 万見仙千代 at 2017-10-23 19:18:08
懐かしく
行ったのはもう何年前になるのか・・・少しずつ思い出しています。
串本あたりは、地震が来たら逃げ場がどこにもないな〜〜と感じてました。前も後ろも海ですものね。今は、対策ができているのでしょうかしらね。

台風に会わない良い時期でしたね^^
投稿者: われもこう at 2017-10-23 20:19:10
万見仙千代さんへ
おはようございます。
潮岬は行ったことは覚えているのですが。こんなところだったかなと・・・
まあ、海があるだけなので印象は薄いのかもしれません。
今回の旅の中で、下に降りて岬を見上げたのは楽しいひと時でした。
道は細いけど手すりもあってしっかりした道でした。
天気予報では台風が南岸を通ると、室戸岬、潮岬、御前崎などの岬はよく登場しますね。今回の台風でも、ニュースで。串本からの中継を見ました。こんな時でなくて良かったなと・・・
台風は怖いですね。
とてもこんなところでは釣りはできませんね。
「串本産 沖ざよりの胡麻醤油の漬け丼」 は妻のを少し貰いましたが。美味しかったです。
投稿者: オコジョ at 2017-10-24 09:07:02
われもこうさんへ
おはようございます。
南紀は海沿いまで山が迫っていて、津波が来たらどうすれば、ホテルのあたりも裏は山、簡単には高みに行けません。ホテルの上にいるのが一番安全なようでした。
あちこちで津波危険地帯という標識を見ました。
南海地震、起きないことを願っていますが、いつ来ても可笑しくないようですね。
浅間山は4キロ以内に民家がなく、規制を無視した登山者以外の人的被害は平安や天明の大噴火規模でないと危険は少ないようです。
台風は和歌山は大変だったようですね。時期がずれて良かったです。
投稿者: オコジョ at 2017-10-24 09:07:49

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/90.97/archives/0000540767.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 5 x 7 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら