掲示板お問い合わせランダムジャンプ

浅間山 (11月26日 小諸市平原 三ツ子塚より)
P1200531
ここでは、生き物たちや、自然、歴史など紹介していますが、、専門家ではなく、未熟な愛好家に過ぎません。一応は調べて、掲載していますが、六十の手習い・・・
もう70過ぎていますが、年寄のにわか勉強の結果に過ぎません。間違いがあるかと思います。誤りに気がつきましたら、ご指摘いただけると嬉しく、おおいに感謝です。その内容を記事に反映させたいと思います。
また、ご意見、ご感想などをコメントをいただけると嬉しく思います。


営利目的や記事に関係のないコメント、英文のコメントは、予告なく独断で削除させていただきます。

2017年10月09日
第23回信州小諸ふーどまつり×第38回小諸厚生総合病院祭
ふーどまつり×病院祭
「信州小諸ふーどまつり」は、小諸の新たな文化(Food)の開発や地域性(風土)の掘り起し、そして街歩き(Foot)を目的として毎年秋に開催され大勢の人で賑わいます。

1
懐古園側から駅そばの「せせらぎの丘」に長野県PRキャラクター「アルクマ」.が笑っていました。

昨日の日曜日、天気も良いので、昼近くに信州小諸ふーどまつりにでかけてきました。


2
子供たちに人気です。孫がいれば喜びそうですが、青森です。

3
「ふーど」とひらがな表記ですね。
これは「FOOD」と「風土」「FOOT」の三つを掛け合わされた祭りなのです。

でも食欲の秋・・・
妻はここで生菓子2つお買い上げ・・・
3時のおやつに頂きました。
まず「FOOD」が優先です。

5
ハロウィンも近いですね。

6
桂の葉も秋の「風土」を飾っていました。

7
「アルクマ」のふわふわ・・・

やっぱりアルクマは可愛いいですね。おや! 知りませんか・・・
ではプロフィール・・・
 
信州に出没する、大変珍しいクマ。
クマなのに寒がりで、いつも頭にかぶりもの。
クマなのに旅好きで、いつも背中にリュックサック。
信州をクマなく歩きまくり、信州の魅力を世の中にクマなく広めるのが生きがい。


9 (1) 9 (2)
アニメ・漫画の舞台を自転車で巡るイベント「舞台めぐりCYCLE&WALKING KOMOROGAINING(コモロゲイニング)」が、「信州小諸ふーどまつり」に合わせて開催されていました、

2012年に放映されたアニメ「あの夏で待ってる」や、2016年にアニメ化された「ろんぐらいだぁす!」といった小諸を舞台としたアニメ・漫画の舞台を自転車や徒歩で巡るイベントです。

3時間の制限時間内にチェックポイントで写真を撮影して、指定店舗の利用でポイントを集めます。上位入賞者には、小諸の特産品などがプレゼントされるそうです。米俵がありました。1位の標品は・参加賞+入浴券・御牧ケ原産コシヒカリ 10kg ・ マンズワイン SOLARIS 副賞:いずれかお一つ・ろんぐらいだぁす!サイクルボトル3本 セット(黒・赤・保冷)などなど・・・
私にはよくわからないものもありますが米俵に入れて帰るのでしょうか・・・

一生懸命走っていた方もいました。

8
大手門を通って町の中心へ・・・

11
まずは「ほんまち町屋館」・・・

10
まず一休み・・・

15
和太鼓の演奏が行われていました。

13
松本平を中心に活動する和太鼓チーム「和太鼓 わをん」というグループでした。見事な演奏とパフォーマンスを見せて楽しませていただきました。

12 (1) 12 (2)
演奏を楽しみながら、食事・・・

ひとり分でなく、夫婦二人分・・・
食が細くなりました。

先週は旅行で旅過ぎた反動もありますが・・・

16
町の肉屋さんが総菜の販売・・・

ここは美味しいので、今夜のおかずを購入・・・

今年は小諸の「食、地域、街歩き」をテーマに約200店舗が参加しているそうです。

17
相生町通りは、蚤の市で賑やかでした。

18(1) 18 (2)
「こもろん味噌焼きそば」もあり長い行列ができていました。昨年は340食が4時間で完売したとか・・・
「こもろん味噌」ヲ使った焼きそばです。こもろん味噌は、小諸産の黒大豆を使った味噌をベースに作った肉みそです。コクがあり独特の風味が特徴の黒大豆味噌は、ひき肉や小諸産菜種油の甘みなどが加わることでより深い味わいの肉みそになるとか・・・

ただ、いつも行列なのです。行列は我が夫婦は苦手なのです。

現在行われている「ゆるキャラグランプリ」に参加している「小諸市地産地消推進キャラクター こもろん」です。「アルクマ」も「ゆるキャラグランプリ」に参加しています。
私は毎日、一票を入れています。「ゆるキャラグランプリ」のプロフィール・・・

   こもろん

所属:長野県小諸市
僕は小諸の農産物が大好きなんだ〜♪
浅間山の南斜面に広がる小諸で採れるりんご、桃、いちご、白土馬鈴薯、ひしの南蛮、お米を頭の噴火口に詰め込んでいるんだ☆
みんな〜小諸のおいしい農産物をたくさん食べてね〜!
応援よろしく〜!  


昨日現在、現在参加1158 件、216位中・・・
可愛いいのでもっと上でもいいと思うのですが・・・

もっとも、このグランプリは応援する人たちの熱心度によるようです。信州の一位は小さな村のハーフマラソンのマスコットのナカハマン・・・
これが「アルクマ」より上・・・

信州人はこういうことには醒めているのかもしれません。

「浅間山麓小諸鹿肉ペットフード」という旗がありますね。

全国各地で野生鳥獣被害が問題になっていますが。小諸では対策実施隊を全国に先駆けて結成して駆除に当たっています。その結果、ニホンジカの捕獲頭数はH23年度の53頭からH28年度の309頭へと6倍近く増加して、被害軽減になっています。
しかし、捕獲した鹿を償却すると一万円の費用が掛かります。また、生き物のニホンジカをゴミとするのは倫理的に問題という意見もありました。

このために野生鳥獣の中でも特に捕獲数の多いニホンジカを解体し、商品化する「野生鳥獣商品化事業」を地方創生交付金事業として行うこととして昨年、野生鳥獣商品化施設が完成し、商品化事業として小諸市で捕獲されたニホンジカ268頭が解体され、主にペットフードの原料としてペットフードの原料として販売しています。
今年からは、小諸の近隣市町村で駆除されたニホンジカの処理も行いシカ皮を使った商品の開発も計画されているようです。

「焼モロコ」とありますね。てっきり「焼モロコシ」
モロコシというのは、コーリャン(高粱)ともかつては呼ばれた穀物のことですが、信州ではトウモロコシのことをモロコシと言います。

20 (1) 20 (2)
でも「焼モロコ」でした。そういえば

とありますね。てっきり「焼モロコシ」・・・

22
でも魚のモロコのことでした。この魚は正式にはホンモロコ(本諸子)というそうですが、コイ科タモロコ属の淡水魚だそうです。
コイ科というと大きな魚のような感じを持ちますが体調10㎝前後のスマートなやさしい感じの魚です。
ホンモロコは琵琶湖の固有種で、関西ではコイ科の中で一番おいしいとも言われて高級食材として美味な魚として高級食材として出されているそうです。

21 (1) 21 (2)
子供たちが「もろこすくい」をしていました。

「こもろ」「もろこ」は、似ていると小諸の企業が。「もろこ」の養殖を始めました。「小諸の名産品」となるといいですね。

22
こちらは小諸厚生総合病院祭になります。
こちらでは、林檎を求めて家に戻りました。

[ 投稿者:オコジョ at 08:33 | 小諸 町 祭り | コメント(0) ]

この記事へのコメント

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/90.97/archives/0000539981.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 9 x 8 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら