掲示板お問い合わせランダムジャンプ

浅間山 (9月30日  軽井沢 矢ヶ崎公園より)
P2260751
ここでは、生き物たちや、自然、歴史など紹介していますが、、専門家ではなく、未熟な愛好家に過ぎません。一応は調べて、掲載していますが、六十の手習い・・・
もう70過ぎていますが、年寄のにわか勉強の結果に過ぎません。間違いがあるかと思います。誤りに気がつきましたら、ご指摘いただけると嬉しく、おおいに感謝です。その内容を記事に反映させたいと思います。
また、ご意見、ご感想などをコメントをいただけると嬉しく思います。


営利目的や記事に関係のないコメント、英文のコメントは、予告なく独断で削除させていただきます。

2017年10月09日
甲府と小諸を結ぶ「強行遠足」 甲府第一高校伝統行事
1
おめでとう
甲府・小諸間 105キロ走破

強行遠足の名の由来について昭和12年に甲府第一高校はこのよう書き残されています。

敢えて強行遠足と名づけたのは、自分の体力に応じて歩けるだけ歩くことに事を強調せんがためであった。由来人情の弱点は安易なものとの妥協である。歩く場合も少し疲労を感ずると乗物の事を考えるか或いはさして苦痛を感じないのに中途において止めてしまうことになり、これら一切の妥協と怠慢を排して精根限り歩くと言うことを重視したところからくる。(「本校における強行遠足の意義とその実際」より) 


2 (1) 2
昨日、我が家の前を、高校生が懐古園に向かっていきました。
我が家のすぐそばの近くの交差点には、「山梨県立甲府第一高等学校」の幟が立っていました。

「懐古園800m」・・・
104キロ以上歩いてきた若者たちあと少しだ、頑張れ・・・

大正13年(1924)11月3日の明治節に「明治節を国民体育日と定める。諸学校とも記念行事を実施せよ。」との文部省通達があり、これに応えてに応え、甲府第一高校野全身の甲府中学校の、江口俊博校長が「歩くにまさる身体の訓練はない」として「強行遠足」の第1回大会を行ったそうです。

3 (1) 3 (2)
早い生徒はもう甲府へ帰っていきます。

「もう足ががくがく」そんな感じでしょうか・・・
「もうすぐだ、頑張ろう・・・」

冒頭の写真のふたりです。
甲府から仲良く、105キロを歩いてきたのでしょうね。
一生の思い出になりますね。

私が現役のころ、小海線で通っていました。その車窓から、この高校生が歩く姿をたびたび見ています。

妻も高校は岩村田から。野沢まで自転車通学でしたがそ、その途中で甲府一高の生徒たちとすれと違ったそうです。




5 (1) 5 (2)
「強行遠足実施中」の幕・・・
左の写真は懐古園の入口・・・

「第90回強行遠足開催記念政策」とありますが、平成28年と昨年の製作です。今年平成29年で91回目です。

強行遠足は、途中終戦の年と伊勢湾台風などの影響から3回中止となっているそうですから94年目ということのようです。
コースの変遷は、時代によって違うようですが、次のようになるようです。

第1回 東京方面コース
第2・3回 松本方面コース
第4・5回 木曽福島・松本方面コース
第6〜36回 信濃大町方面コース
第37〜76回 小諸方面コース
第77〜85回 野辺山方面コース(男子は第82〜85回小海方面コース)
第86回 小海方面コース
第87回〜 小海・小諸方面コース

6
小諸城三の門・・・
この先に105キロのゴールがあります。

7 (1) 7 (2)
感想嬉しそうでした。

強行遠足は女子生徒も行いますが。43キロだそうです。

コースを見ると76回 小諸方面コース の翌年からコースが短縮されています。実は76回の時に交通事故があり、距離を短くして実施していたのですが、卒業生から強行遠足は伝統の105キロにしてほしいという声が上がり、学校もより安全な道のコースを選び、ボランティアを大幅に増やすなどの対策を行い、2013年に11年ぶりに、小諸までの105キロが復活したそうです。

10
感想すると。信州林檎がもらえます。

甲府の「めざましテレビ」という番組ではこんなことが紹介されたそうです。
出発前に、女生徒が手作りのお守りを好きな男子に渡し、105キロ走破しリンゴを貰ったら、その林檎で女生徒はアップルパイを作り、二人で食べる・・・
もちろんそうしたカップルもいるということなのでしょうか・・・

この男子生徒、彼女からお守りを貰ってきたかな・・・

[ 投稿者:オコジョ at 08:31 | その他 | コメント(2) ]

この記事へのコメント
こんばんは
それだったんですか!!
強行遠足。
我が家近くの佐久大学にも中継所があり、高校生らしい子達がフラフラになって歩いていたんです。
一体何だろう?と不思議だったんです。
何と甲府から小諸まで歩くんですか!
口あんぐりですね。
途中のサポートの方たちも大変ですよね。
オコジョさんの記事を読んで、スッキリしました。
十年も住んでいて、初めて気づいたんですよ。
驚きの行事です。
投稿者: 万見仙千代 at 2017-10-09 20:17:13
万見仙千代さんへ
事故ががある前は国道を歩いて佐久市前から岩村田、近津という旧国道141を歩いたのですが。今は佐久大学辺りなのですね。
そうしたコース変更で103キロから105キロに延びたそうです。
前日午後2時に出て24時間がタイムリミットだそうです。
大変ですが、若い時のいい思い出になりそうですね。
完走した子供たちは今日は一日寝ていたかもしれませんね。
投稿者: オコジョ at 2017-10-09 21:06:46

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/90.97/archives/0000539980.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 4 x 7 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら